-Ads-
チェーン系洋菓子屋取り寄せ可能店

【ルタオ】のクリスマスショートケーキ「ペールノエル」実食レポ|マスカルポーネムースが主体のしっとり系ショートケーキについて

ルタオの「ペール・ノエル」チェーン系洋菓子屋

ルタオがクリスマスシーズン限定で販売している「ペールノエル」を紹介します。

-Ads-

ルタオは数種類のクリスマスケーキを販売している

ルタオは小樽発祥の洋菓子屋です。乳製品を使った洋菓子を中心に販売しています。看板商品はレアとベイクドの2層が楽しめるドゥーブルフロマージュです。ドゥーブルフロマージュのイメージが強いルタオですが、他にも色々なケーキを販売しています。

そしてクリスマスシーズンになると、クリスマスにちなんだケーキを数種類販売します。

2022年はけっこうな種類のクリスマスケーキを販売しています。以下はその一例です。

  • 苺とマスカルポーネを使ったルタオのショートケーキ「ペールノエル」
  • ロールケーキにマロンペーストを添えた「ブッシュドノエルモンブラン」
  • ドゥーブルフロマージュにクリスマスの装飾をした「ドゥーブルフロマージュノエル」
  • イタリア栗のペーストを使った「マロンドゥーブルフロマージュ」
  • ピスタチオのシャンティとムースのケーキである「ノエルピスターシュ」

具体的な写真はルタオの公式サイトに掲載されています(クリスマスシーズンのみ)。

できればすべてのケーキを食べてみたいところですが、今回はチーズを使っており、またクリスマス感のあるケーキという「ペールノエル」を購入しました。

-Ads-

ルタオのクリスマスショートケーキ「ペールノエル」の特徴

ルタオの「ペール・ノエル」 (1)

その特徴は次のとおりです。

  • ルタオのショートケーキ
  • マスカルポーネムースが主体でスポンジは少なめ
  • ネットで注文でき、冷凍保存が可能
  • 苺は冷凍(生の苺とはやや質感が異なるが概ね苺感は楽しめる
  • ショートケーキのクリーム感とマスカルポーネの風味を楽しめる

内部の要素は次のとおりです。

ルタオの「ペール・ノエル」 (12)

表面にナパージュ(ゼラチンと砂糖、水を混ぜた艶がでるもの)をほどこした苺とふわふわの生クリームを添えています。

その下に薄いスポンジ生地があり、本体は苺が入ったマスカルポーネムースです。まだ土台にもスポンジを敷いています。

ちなみにペールノエル(pere noel)はサンタクロースを意味します。

それでは具体的に紹介していきます。

-Ads-

ネットで注文でき、冷凍保存できる便利なクリスマスケーキ

今回はルタオの公式サイトより購入しました。

ケーキは冷凍で届きます。クリスマスケーキといえば、事前に予約して所定の日に現物を店に受け取りにいくのが定番です。一方でルタオはネットで注文でき、自宅に届きます。また冷凍なので冷凍庫でクリスマスの日まで保存できます。食べる前に半日程度解凍する必要がありますが、予約や店に取りにいく手間がないのは便利です。

ただし、解凍加減が難しく、表記では冷蔵庫で8時間となっていますが、これだと苺が完全に解凍できません。シャーベット感の苺が好きならそれでも問題ありません。しっかり解凍された苺を楽しむなら、長めに解凍する必要があります。

さて実際のケーキですが、サイズは12cmです。装飾は別途同封されているので、箱の高さはそれほどなく、冷凍庫にも難なく入ります。

ルタオの「ペール・ノエル」 (1)
ルタオの「ペール・ノエル」 (1)
ロウソクと飾りが付属している。
ルタオの「ペール・ノエル」 (5)
ルタオの「ペール・ノエル」 (5)
ルタオの「ペール・ノエル」 (5)
ルタオの「ペール・ノエル」 (5)

上記が付属の装飾を添えた状態です。公式サイトの写真と同じ状態です。

ルタオの「ペール・ノエル」 (5)
-Ads-

マスカルポーネムースが主体のショートケーキ

断面は次のとおりです。

ルタオの「ペール・ノエル」 (10)
ルタオの「ペール・ノエル」 (13)
ルタオの「ペール・ノエル」 (12)

一般的なショートケーキはスポンジの割合が多く、クリームの割合はもう少し少なめです。一方でルタオのショートケーキは全体がムースとクリームです。スポンジはかなり薄め・少なめです。

またマスカルポーネを使っているのも大きなポイントです。全体的な印象は一般的なショートケーキとは少し異なります。

ルタオの「ペール・ノエル」

口のなかで感じるのはムースのしっとり感と生クリームふわふわ感、そして苺の食感です。生クリームだけではだせない、マスカルポーネ特有のやさしい口当たりもしっかり感じられます。

苺は冷凍のものなので、やはり生の苺よりは風味や食感は劣るように思います。苺の魅力はやや弱くなるものの、その酸味はいいアクセントになっています。

スポンジは薄めなので、その存在感は小さめです。ですがそのふわふわ感と甘み風味は乳製品の美味しさを引き立ててくれています。

「スポンジ多めのケーキよりも、クリーム感のあるケーキが食べたい」そんな方におすすめです。

-Ads-

値段やカロリー、購入方法など

  • 値段:2,808円(別途送料)
  • カロリー:100gあたり287kcal
  • 消費期限:冷凍で5ヶ月程度のものが届きました。解凍後は24時間以内
  • 購入方法:公式サイト、楽天、Yahoo!ショッピング、Amazonで購入可能。ページリンクは以下に記載。

購入できるのはクリスマスシーズンのみです。

簡単な動画もあります。

その他、関連記事

ルタオのおすすめは以下のドゥーブルフロマージュです。

また以下のページでは小樽の本店で食べたケーキを紹介しています。

小樽のルタオパトスという店舗で食べられる、映えるスフレチーズケーキも紹介しています。

その他、過去に紹介したルタオのチーズケーキは以下のページでまとめています。

ルタオ
「ルタオ」の記事一覧です。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました