スポンサーリンク
個人店のカフェ・レストラン個人店の洋菓子屋

東京江戸川区のチーズケーキ専門店【チーズケーキカフェ プルメリア】のベイクドチーズケーキとオレオのバニラニューヨークチーズケーキを食べて

チーズケーキカフェ プルメリア (12)個人店のカフェ・レストラン

東京都江戸川区の駅から離れた場所にチーズケーキ専門のカフェがあります。「チーズケーキカフェプルメリア」というお店です。

プルメリアは2021年10月に江戸川区の松本という場所にオープンしました。

最寄り駅は総武本線の小岩駅か新小岩になるのですが、いずれも徒歩30分です。

一応、店の前には鹿本橋というバス亭があります。こちらを利用すれば店は目の前です。

チーズケーキカフェ プルメリア (7)
最寄りのバス停

観光がてら散歩するか、またはレンタル自転車(シェアサイクルのような)を使うのもいいと思います。私は自転車を借りました。

チーズケーキカフェ プルメリア。店舗外観。2022年8月訪問時
店舗外観。2022年8月訪問時

決してアクセスがいいとはいえないのですが、チーズケーキが美味しく、駅前の喧騒からはなれた落ち着いたカフェです。

スポンサーリンク

カフェスペースを備えたチーズケーキ専門店

店内にはテーブル席とカウンター席があります。平日の閉店間際に訪問したので、私が最後の客でした。

チーズケーキカフェ プルメリア、店内写真、2022年8月訪問時
店内の様子。テーブル席とカウンター席がある。2022年8月訪問時

開放感ある店内、そんなふうに表現したくなる雰囲気です。

また訪問した時は、店内でテレビが流れていました。小洒落たジャジーBGMではなく、テレビから流れるその時の番組がBGMとなっているのです。今風のカフェのような雰囲気もありながら、一方で街の定食屋のようなアットホームな雰囲気もあるのです。個人的にめちゃくちゃ好きです。

スポンサーリンク

数種類のチーズケーキが

チーズケーキ専門店ということで、色々な種類のチーズケーキがあります。私が訪問したときは以下の5種類のチーズケーキがありました。

  • ベイクドチーズケーキ
  • バスクチーズケーキ
  • オレオのバニラニューヨークチーズケーキ
  • ラムレーズンのフルーツチーズケーキ
  • ビターチョコとオレンジピールのチーズケーキ
チーズケーキカフェ プルメリア、メニュー、2022年8月訪問時
チーズケーキのメニュー。2022年8月訪問時

他にも、日替わりスープやサラダがあるようです。

今回はベイクドチーズケーキとオレオのバニラニューヨークチーズケーキの2つを注文しました。

チーズケーキカフェ プルメリア (11)

スポンサーリンク

ベイクドチーズケーキ

ねっとりしています。味も非常に心地よいです。バニラやサワークリームの風味、クリームチーズの美味しさを存分に感じられます。

シンプルなベイクドチーズケーキではありますが、バスクチーズケーキやテリーヌ系にも引けを取らない風味の力強さ、豊かさを感じます。

一方で、サワークリームやバニラ、卵の風味を調整することで、ベイクドチーズケーキらしさを強調しているように思います。

「美味しいチーズケーキを届けたい」という思いをしっかり感じることができる、妥協なしのこだわりがつまったチーズケーキです。

ちなみにプルメリアのチーズケーキはとてもシンプルです。流行りのカフェや、おしゃれなレストランなどでは、ベリーソースやミント、ホイップクリーム、チョコソースなどをトッピングした華美なチーズケーキが多く見られます。

一方でチーズケーキ専門店であるプルメリアのチーズケーキはシンプルです。これまで色々なチーズケーキ専門店を訪問してきましたが、専門店にはこういったシンプルなチーズケーキが多いように思います。もちろん華美なチーズケーキを販売する専門店もありますが。

チーズケーキ専門店のチーズケーキがシンプルなのは、トッピングが不要なくらい、チーズケーキの質が高いからなのではないかと考えています。チーズケーキだけでも十分に美味しいからトッピングは不要なのです。

そう考えると華美な装飾を施したチーズケーキは、何かを誤魔化そうとしている一面もあるのではないでしょうか。もちろん、映えるチーズケーキにしたいという商業的な理由もあると思います。

スポンサーリンク

オレオのバニラニューヨークチーズケーキ

続いてはオレオのバニラニューヨークチーズケーキです。

「オレオのバニラニューヨークチーズケーキ」というあまり聞き慣れない名前です。

「オレオのチーズケーキ」ならば何度かみたことがありますが、オレオ、バニラ、ニューヨークチーズケーキの語が組み合わさったものは初めてです。

おそらくニューヨークチーズケーキをベースに、バニラ、オレオを使ったチーズケーキということなのでしょう。

またシンプルに「オレオのチーズケーキ」とするのではなく、「オレオのバニラニューヨークチーズケーキ」と詳細な説明を入れた商品名にしている様子から、シェフはチーズケーキに対して造詣が深いと考えられます。

というのも一般的なベイクドチーズケーキとニューヨークチーズケーキをはっきり違うものとして意識していることがうかがえるからです。このような意識は、色々な種類のチーズケーキをつくり、食べてきた人でないとわかりません。プルメリアのシェフの経験の豊かさが伺えます。

さて食べた感想ですが、先に紹介したベイクドチーズケーキと同じく、濃厚で風味豊かです。クリームチーズの塩味を際立たせつつ、オレオのビター感、そして甘みがいい具合に際立っています。

以前別の店でオレオのチーズケーキを食べたときは、甘さが際立ち、クリームチーズの塩味はほとんど感じられませんでした。オレオのチーズケーキというよりは、オレオのクリームケーキといった様子でした。

一方でプルメリアのオレオのバニラニューヨークチーズケーキは、クリームチーズの輪郭がはっきりしています。単に甘いだけではなく、締りがあり、統一感のある味わいなのです。とてもレベルが高いチーズケーキを頂いた、そんな感想を持ちました。

店について

チーズケーキカフェ プルメリア (9)

その他、当ブログの関連記事

当ブログで過去に紹介したチーズケーキ専門店は以下のページでまとめています。

チーズケーキ専門店
これまで紹介したチーズケーキ専門店の訪問レポートを一覧で確認できます。
タイトルとURLをコピーしました