スポンサーリンク
コラム

【チーズケーキの種類】日本で見られる7種のチーズケーキの特徴を解説

チーズケーキの種類コラム

ベイクドチーズケーキやニューヨークチーズケーキ、スフレチーズケーキなど、日本には様々なタイプのチーズケーキが存在する。

どれくらいの種類があるのかを確かめるべく、チーズケーキの種類を調査しまとめた。わかったのは、日本で一般的に見られるチーズケーキは7種類あるということ。

本記事では、1つ1つのチーズケーキについて、画像つきで詳しく解説していく。

最初に補足しておくと、すべてのチーズケーキは

  • 焼いて固めるチーズケーキ
  • 冷やして固めるチーズケーキ

この2つに大別できる。この前提を知っておくと、チーズケーキの種類の把握が楽になるはずだ。また、日本ではめったに見かけない海外のチーズケーキについては、数が多すぎて全部列挙するとキリがないので触れていない。

スポンサーリンク

レアチーズケーキ

赤坂 しろたえ レアチーズケーキ
しろたえ
レアチーズケーキの特徴まとめ
  • 冷やして固めるチーズケーキで、卵、薄力粉を使用しない
  • 海外ではNo-Bake Cheesecake」と呼ばれる
  • しっとりした舌触りと爽やかな酸味が特徴

冷やして固めるタイプのチーズケーキの代表格、レアチーズケーキ。

ベイクドチーズケーキは焼くことによって生地を固めるが、レアチーズケーキは冷やすことで生地を固める。

日本では生地にゼラチンを混ぜて冷やすことで固めるので、ゼラチンの割合が多いとプルプルした食感に、少ないとクリームのような食感なる。

ゼラチンの変わりに寒天や片栗粉を使用して固める場合も。

ベイクドチーズケーキと違って、卵を使用しないので見た目は真っ白に。また、つなぎとなる材料(薄力粉など)を使用していないので、口溶けのよい、しっとりしていて滑らかな舌触りのものが多い。

ゼラチンを使ったレアチーズケーキは日本独特

焼かないチーズケーキを「レアチーズケーキ」と呼んでいるのは、実は日本だけで、海外では「No-Bake Cheesecake」と呼ぶ。しかも海外の焼かないチーズケーキ(No-Bake Cheesecake)はゼラチンを使わないレシピがほとんど。

日本のレアチーズケーキのレシピは、

  • クリームチーズ
  • 生クリーム
  • ヨーグルト
  • 砂糖
  • レモン汁
  • ゼラチン

これらを使うのが一般的。

一方、海外の焼かないチーズケーキは、ヨーグルトを使わず、サワークリームやコンデンスミルクを使うレシピがほとんど。

まとめると、冷やして固めるチーズケーキをレアチーズケーキと呼んでいるのは日本だけであり、またゼラチンを使って作るのは日本だけということ。日本にあるレアチーズケーキは日本独自のものなのだ。

レアチーズケーキの日本初はトップスであるという説も

ちなみに日本のレアチーズケーキは1965年、洋食屋のトップスが初ではないか、という説がある。トップはチョコレートケーキでも有名なお店で、今では全国のデパートに出店している超有名店だ。

当のトップスは、「初かどうかはわからない」と回答しているそうだが、トップス以前に焼かないチーズケーキを出した店があったという話は、まだ見ていない。

※参考:「バスク」で人気再燃 チーズケーキと五輪に深い縁?

トップス レアチーズケーキ
トップスのレアチーズケーキ

冷やして固めるタイプのチーズケーキは海外にもある

冷やして固めるタイプのチーズケーキが日本発祥のように語られることがあるが、それは正しくない。というのも焼かないチーズケーキは、日本でレアチーズケーキが食べられるよりもはるか昔から存在しているから。

焼かないチーズケーキとして昔から存在しているのもが「パスハ(Paskha)」だ。

「パスハ」はロシア正教徒のイースターを指す言葉なのだが、この時に食べられるチーズケーキも「パスハ(Paskha)」と呼ばれている。復活祭の時に「パスハ」を食べるのは、ロシア正教徒の風習で、紀元前からこういったチーズ系のケーキは存在したのではないかという説がある。

日本のレアチーズケーキはこの「パスハ」を参考にしているのではないか、という説もあり、いずれにしても焼かないチーズケーキの発祥は日本ではない。

ただし「レアチーズケーキ」という言葉を生み出したのは日本だ。また固めるのにゼラチンを使ったのも日本である可能性が高い。そういった意味でいうなら「レアチーズケーキの発祥は日本である」という言説も正しい。

様々なレアチーズケーキ

焼かないチーズケーキはレアチーズケーキである、というとてもシンプルな分類であるために、色々なレアチーズケーキが存在する。以下の画像は全部レアチーズケーキだ。

表面にクリームを乗せたものや、表面を炙ったもの、豆腐と混ぜたものまで様々なレアチーズケーキが存在する。

同じレアチーズケーキでも、味や食感、口当たりはまったく異なるため、とても楽しみがいがあるスイーツだ。

レアチーズケーキ一覧

スポンサーリンク

ベイクドチーズケーキ

ドトール ベイクドチーズケーキ
ドトールコーヒーのベイクドチーズケーキ
ベイクドチーズケーキの特徴まとめ
  • 焼いて固めるチーズケーキ
  • クリームチーズに生クリーム、サワークリーム、卵、砂糖、薄力粉を混ぜて焼くのが一般的
  • 焼いて固めるチーズケーキは全部ベイクドチーズケーキともいえる

最初に断っておくと、ベイクドチーズケーキという分類の仕方は非常に大雑把なものだ。

なぜならベイクドチーズケーキとは「焼いたチーズケーキ」という意味であり、焼いてしまえばどれもベイクドチーズケーキになってしまうからだ。

たとえば後で紹介するニューヨークチーズケーキもスフレチーズケーキもチーズタルトも、全部焼くタイプのチーズケーキだ。実際、店によっては明らかにスフレチーズケーキなのにベイクドチーズケーキとして販売している例もみかける。

そもそも昔の売られていたチーズケーキは、どれもスフレタイプだったがチーズケーキという名で売られている例が多く、昔ながらの喫茶店でチーズケーキを注文すると、たいていスフレに近いものが出てくる。

様々なベイクドチーズケーキ

以下のチーズケーキはどれもベイクドチーズケーキという名前で販売されていたのもの。

シャノアール ベイクドチーズケーキ (8)
シャノアール

と、いうわけでベイクドチーズケーキという分類は非常に大雑把なものなのだが、一般的な分類の仕方なので、紹介させていただいた。

ベイクドチーズケーキといってそのレシピ、材料は様々だが、一般的には材料は以下の通り。

ベイクドチーズケーキの材料
  • クリームチーズ
  • 生クリーム
  • サワークリーム(ヨーグルトで代用するレシピも)
  • 砂糖
  • レモン汁
  • 薄力粉(コーンスターチで代用することも)
  • バニラオイル(あったりなかったり)

土台を作る場合はビスケットやバターが追加される

こちらがオーソドックスなベイクドチーズケーキの材料。配分はレシピによって異なる。またビスケットを砕いたものを敷いて、土台となるクッキー生地を作る場合も。

作り方は簡単で、混ぜて型に流して焼くだけ。材料を混ぜる順番や温度、焼き時間によって、仕上がりは変わるが、とりあえず全部まぜて焼けば普通においしいチーズケーキできる。

ベイクドチーズケーキのレシピはネットにも本にも無数に存在し、検索すれば簡単に見つけることが可能だ。

ちなみに僕が好きなチーズケーキはこちら。

サワークリームを使わないレシピなので、簡単。それでもおいしいチーズケーキになる。

ベイクドチーズケーキ一覧

現在のベイクドチーズケーキの原型はポーランドに

現在みられるベイクドチーズケーキの原型は中世のポーランド、ポドハレ地方でつくられていた「セルニック」というお菓子だといわれている。セルニックとはチーズケーキという意味で、今でもポーランドでは「セルニック」という名前で売られているそう。
※参考: https://witam-pl.com/2015/11/29/blog47/#a2

セルニックはカスタードクリームとカッテージチーズを混ぜて焼いたもので、アメリカに移民したユダヤ人によってそのレシピが世界に広まった、という説がある。

※参考:スイーツ手帖~おいしさをひもとく142の秘密~

【ニューヨークチーズケーキ】はベイクドチーズケーキの一種

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (2)
スターバックスのニューヨークチーズケーキ

ニューヨークチーズケーキはベイクドチーズケーキと明確な違いがなく、定義も非常に曖昧なので、ベイクドチーズケーキと同じ項目に紹介することにした。

ぶっちゃけてしまうと、ニューヨークチーズケーキはベイクドチーズケーキとほとんど同じ。材料も作り方も。上記の画像のタイプのチーズケーキをベイクドチーズケーキと呼ぶか、ニューヨークチーズケーキと呼ぶかは、作り手次第である、そんな状態である気がする。

それでは何の回答にもならないので、ニューヨークチーズケーキの一般的な特徴を一応紹介しておく。

以下の3つだ。

よく言われるニューヨークチーズケーキの特徴
  • グラハムクラッカーを砕いたもので土台を作っている
  • 湯煎焼きにする
  • 一般的なベイクドチーズケーキに比べてしっとりしていて口溶けがよい

※ニューヨークチーズケーキには定義が色々存在するので、一概にはいえない

湯煎焼きとは、オーブンの天板(下の鉄板)にお湯を張って焼くこと。これにより蒸し焼きに近い状態になり、しっとりした口溶けのよいチーズケーキに仕上がる。

しかしながら、上記の例から外れるニューヨークチーズケーキもたくさん存在する。たとえば土台がないニューヨークチーズケーキや、湯煎焼きにしないニューヨークチーズケーキなど。

以下の画像は全部ニューヨークチーズケーキだ。

全部ニューヨークチーズケーキ。

まとめるとニューヨークチーズケーキに明確な定義は存在せず、作り手がニューヨークチーズケーキといったらそれは、ニューヨークチーズケーキになるのだ。

ベイクドチーズケーキとニューヨークチーズケーキの区別がほとんどない状態。定義云々を気にすることがナンセンスなのかもしれない。

以下のページでは、ニューヨークチーズケーキという名前で販売されたチーズケーキをまとめた。
ニューヨークチーズケーキ一覧

※ニューヨークチーズケーキのレシピ

「私のベスト・オブ・NYチーズケーキ」hashimo | お菓子・パンのレシピや作り方【cotta*コッタ】
hashimoさんの「私のベスト・オブ・NYチーズケーキ」レシピ。製菓・製パン材料・調理器具の通販サイト【cotta*コッタ】では、人気・おすすめのお菓子、パンレシピも公開中!あなたのお菓子作り&パン作りを応援しています。
しっとりなめらか♪ NYチーズケーキのレシピ動画・作り方 | DELISH KITCHEN
低温でじっくり焼き上げることで、 しっとりなめらかな口当たりに♡ ベイクドとレアの中間の濃厚ニューヨークチーズケーキ♪

スフレチーズケーキ

高円寺 トリアノン スフレチーズケーキ (5)_R
トリアノンのスフレチーズケーキ

しっとりとフワフワの中間くらいの食感を楽しめるスフレチーズケーキ。

こちらも焼いて固めるという意味ではベイクドチーズケーキの一種なのだが、分けて紹介されることが多いので、当ブログでも分けることにした。

スフレチーズケーキの特徴
  • クリームチーズケーキに牛乳とメレンゲを混ぜて、湯煎焼きにする
  • 日本発祥との説があり、海外では「ジャパニーズスタイル」とも呼ばれる
  • フワフワした、やわらかい食感を楽しめる

一般的なベイクドチーズケーキは、クリームチーズケーキに全卵、生クリーム、サワークリームを混ぜて焼くが、スフレチーズケーキは、クリームチーズケーキに牛乳、そしてメレンゲを混ぜて焼く。

ベイクドとスフレの大まかな違い

一般的なベイクドチーズケーキ
クリームチーズに生クリーム、サワークリーム、全卵を混ぜる

スフレチーズケーキ
クリームチーズに牛乳、メレンゲ、卵黄を混ぜる

メレンゲとは卵白を泡立てもので、これをクリームチーズに混ぜることで、フワフワしたチーズケーキに仕上がる。

ちなみに土台(底)にはスポンジ生地を敷くのが一般的。スフレにクッキー生地を敷いたチーズケーキは一度も観たことがない。

成城石井 スフレチーズケーキ (11)
成城石井のスフレチーズケーキ

日本発祥という説が有力

ちなみにスフレチーズケーキは、日本発祥という説が有力。その証拠にスフレチーズケーキは、海外では「ジャパニーズスタイル」と呼ばれることも。

日本で初めてこのタイプのチーズケーキを最初に発売したのは1969年の当時大阪にあったホテルプラザ。

洋菓子屋、ケーキのレシピ本を多数出版している安井寿一が、 ドイツ語でケーゼクーヘンと書かれたレシピを参考に作り上げたとされている。
参考

ちなみにスフレで有名な大阪のりくろーおじさんがチーズケーキを販売したのは、1985年。

スフレチーズケーキの記事一覧

※スフレチーズケーキのわかりやすくて美味しいレシピ

失敗なしのスフレチーズケーキ by きゃらきゃら / 【Nadia | ナディア】レシピサイト - おいしいあの人のレシピ
ふるふるスフレチーズケーキが失敗なして簡単にできる!
Japanese Souffle Cheesecake スフレチーズケーキの作り方|HidaMari Cooking

バスクチーズケーキ

カオリーヌ菓子 バスクのチーズケーキ (12)
カオリーヌ菓子 バスクチーズケーキ

こちらも完全のベイクドチーズケーキの一種だが、際立つ特徴があるので種類の1つとして分類した。

バスクチーズケーキの特徴
  • クリームチーズの使用量が多い
  • 高温、短時間で焼き、表面を焦がしつつ、中身は半熟ぎみ
  • ずっしりした濃厚さと、クリーミーな口溶けを楽しめる

2019年頃から日本で流行しているチーズケーキの1つ。

一般的なベイクドチーズケーキに比べ、クリームチーズを1.5倍~2倍の量を使用する。さらに高温、短時間で焼き上げる。

これにより表面はこんがり焦げているが、中身は半熟という独特なチーズケーキに。

恵比寿 BELTZ(ベルツ) バスクチーズケーキ (13)
BELTZのバスクチーズケーキ

表面のほろ苦みと、外側(火が当たりやすい場所)のベイクド感、内側のレア感、これらを同時に楽しめる不思議なチーズケーキだ。

バスクチーズケーキはスペインバスク地方のチーズケーキを模倣したもの

バスクチーズケーキは、美食の街として有名なスペインのサンセバスチャンという街のバルで売られていたチーズケーキを模倣したもの。サンセバスチャンのバルでは、普通にチーズケーキ(tarta de queso)という名前で売られている。

そのチーズケーキを食べた日本人が感激。感激した職人がバルのチーズケーキを日本で再現・販売したチーズケーキが、「バスクのチーズケーキ」「バスク風チーズケーキ」といった名称で販売されるようになる。

ちなみに日本で最初にバスクチーズケーキを販売したと考えられるのはカオリーヌ菓子店。当時は「バスクのチーズケーキ」という名前で販売していた。

日本におけるバスクチーズケーキの歴史の考察は以下の記事に。
※参考:バスクチーズケーキとは?バスクチーズケーキなぜ、いつブームになったのか?【バスチーブームを徹底解剖】

2018年の7月、白金高輪にオープンしたバスクチーズケーキ専門店「GAZTA」が大ヒット。さらに2019年にはローソンがバスクチーズケーキを模倣したスイーツ「バスチー」を販売。

これが大ヒットし、バスクチーズケーキが一般的なブームになった。

白金高輪 GAZTAのバスクチーズケーキ (2)
白金高輪 GAZTAのバスクチーズケーキ

バスクチーズケーキの記事一覧はこちら

※バスクチーズケーキの美味しそうなレシピ

【バスチー】濃厚バスク風ベイクドチーズケーキ シェフパティシエが失敗しない作り方教えます Basque Burnt Cheese cake

※バスクチーズケーキの簡単なレシピ

材料5つ こんがりバスク風チーズケーキ 作り方・レシピ | クラシル
「材料5つ こんがりバスク風チーズケーキ」の作り方を簡単で分かりやすい料理レシピ動画で紹介しています。高温で焼いて表面に焦げ目をつける、スペインの美食の地バスク風のチーズケーキです。表面がほんのり苦味のある、ワインにも合うようなチーズケーキはやみつきになるおいしさです。クッキングシートはクシュッとラフに入れるのが本場流…

チーズタルト

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (10)あまおう苺 チーズタルト
https://cheese-cake.net/bake-cheese-tart/
チーズタルトの特徴
  • タルト生地の上に、チーズケーキを乗せたもの
  • チーズケーキとチーズタルトの明確な違いはない
  • タルトのサクサク感やザクザク感とチーズケーキの食感を同時に楽しめる

タルト生地の上にチーズケーキを乗せたお菓子。タルトの一種でもあるが、チーズケーキの一種でもある。

チーズタルトのレシピをみると、タルト生地の上にチーズケーキを乗せただけものほとんど。そのためチーズケーキの一種としてここで紹介した。

チーズタルトといえば、タルト生地の上にベイクドチーズケーキを乗せるが一般的。しかしベイクドと決まっているわけではなく、レアチーズケーキをタルトに乗せる場合も

その他、タルト生地の上にベイクドとレアを乗せることも。

プレシア ベイクドレア2層仕立てのチーズタルト パブロ監修 (8)
ベイクドレア2層仕立てのチーズタルト

日本では、BakeやPabloといったチーズタルト専門店が存在するほど、チーズタルトの人気は根強い。

パブロ(pablo) チーズタルト (2)
PABLOのチーズタルト

チーズタルトの生地一覧

2層のチーズケーキ(ドゥーブルフロマージュとも呼ばれる)

ルタオ ドゥーブルフロマージュ
ルタオのドゥーブルフロマージュ
2層のチーズケーキの特徴
  • レアとベイクド、2つを重ねたタイプがほとんど
  • 2つの異なるチーズケーキを同時に楽しめる
  • ルタオのドゥーブルフロマージュが有名

2層のチーズケーキとは、異なる2つのタイプのチーズケーキを重ねたチーズケーキのことだ。

チーズケーキの分類として語られることはないが、ジャンルの1つとしてカウントできるほど多く見かけるものであり、ここでは筆者が勝手に1つのジャンルとして解説をいれた。

もっともポピュラーなのは、ベイクドチーズケーキの上にレアチーズケーキを乗せたタイプで、ルタオのドゥーブルフロマージュが有名。他には無印良品で販売している2層のチーズケーキもそのタイプ。

ルタオ ドゥーブルフロマージュ
ルタオのドゥーブルフロマージュ
【無印良品】2層仕立てのチーズケーキ (8)
無印良品の2層のチーズケーキ

ねっとりしたベイクドチーズケーキと、しっとりと口どけるレアチーズケーキの両方を楽しめる贅沢なチーズケーキ。個人的にかなり好きなチーズケーキのジャンル。

ルタオが発売したことで一気に有名に

ドゥーブルフロマージュと呼ばれる、下にベイクド、上にレアの、この2層のチーズケーキを考案したのは、フラノデリスの藤田美知男さんという説が有力だ。

藤田さんは世田谷ロイズレストランで東京でドゥーブルフロマージュの原型を発売。その後、世田谷のラテール洋菓子店に藤田さんが勤務し、ここでもドゥーブルフロマージュが発売されていた。

その後、小樽の洋菓子店ルタオをそのチーズケーキを販売。大ヒットしドゥーブルフロマージュが有名になる。

つまり、ドゥーブルフロマージュを開発したのは「フラノデリス」の藤田美知男さん。ドゥーブルフロマージュを有名にしたのは「ルタオ」ということ。


※参考: https://www.facebook.com/furanodelice/posts/1447947138553619/

ルタオや無印良品の他、時々コンビニにも登場するチーズケーキなので、見つけたらぜひ、食べてみてほしい。

2層のチーズケーキの記事一覧

焼き菓子・菓子パン系チーズケーキ(通称)

スイーツファーム 濃厚チーズケーキ (11)
スイーツファーム 濃厚チーズケーキ
焼き菓子系チーズケーキの特徴
  • 菓子パンや焼き菓子コーナーに置いてある
  • 常温保存可能である場合が多い
  • チーズよりも小麦粉やバターなどの分量が多い

明確にこういった分類があるわけではなく、勝手に分類を設けた。

しかしチーズケーキの種類を語る上で、この焼き菓子・菓子パン系は絶対に見逃せない存在でもある。というのも、スーパーやコンビニなどの大衆的な場から、有名洋菓子店、観光地のお土産屋など、至るところにこのタイプのチーズケーキは販売されているからだ。

焼き菓子・菓子パンと一緒に販売されている

焼き菓子・菓子パン系チーズケーキとは、常温で販売されているタイプのチーズケーキ。たとえば、無印良品の不揃いチーズケーキやセブンイレブンの「2種チーズを使用したチーズケーキ」など。

一般的なチーズケーキは要冷蔵の生菓子。一方で、焼き菓子菓子パン系のチーズケーキは常温で販売されている。

また一般的なチーズケーキはクリームチーズの分量が一番多くなるが、焼き菓子系のチーズケーキは小麦粉、もしくはバター、マーガリンが一番多くなっている。

同じ焼き菓子系チーズケーキでも、ものによって味や食感、風味は違い、要冷蔵のチーズケーキに比べて、パンや焼き菓子に近い食感、風味になる。

たとえば無印良品の不揃いチーズケーキはパウンドケーキに近く、チーズの風味は弱め。

一方で、セブンイレブンのはねっとり感が強く、普通のベイクドチーズケーキに近い食感。

その他、大手洋菓子店の「資生堂パーラー」や「アンリ・シャルパンティエ」「グラマシーニューヨーク」でも、焼き菓子タイプのチーズケーキが販売されている。これらは贈答用に人気だ。

焼き菓子系チーズケーキ一覧

その他、日本で見かけるチーズケーキ

他にも色々なタイプのチーズケーキがある。ベイクドかレアかで分けてしまうにはもったいなというか、奥が深いチーズケーキだ。

フレーバー系チーズケーキ

チーズケーキにフレーバーを混ぜたチーズケーキだ。色々なフレーバーのチーズケーキを、一緒にしてしまうのは少々大雑把ではあるが、こういったチーズケーキもあるということで、とりあえずまとめた。

ポピュラーなのには抹茶、チョコレートあたり。その他、ほうじ茶やきなこ、カプチーノなど色々なフレイバー系のチーズケーキが存在する。

筆者はいつもベイクドやレアなど、スタンダードなものを選んでしまうのだが、いつかフレーバー系も深堀りする必要があると、勝手に使命を感じている。

フレーバー系チーズケーキ一覧

トゥルトフロマージュ

尾山台「オーボンヴュータン」のル・トゥルト・フロマージュ (1)

19世紀フランスで生まれた焼き菓子の1つ。チーズケーキに分類されることも。日本ではほとんどみかけないタイプのチーズケーキだが、フランスではスーパーで売っているほどポピュラーなもだそう。

その味、食感を一言がで表現するなら、スフレとタルトとバスクチーズケーキを足して3で割ったような感じ

尾山台のオーボンヴュータンというフランス菓子のお店と、Amazonでも販売している。機会ががあればぜひ。

オーボンヴュータンの詳細

またレシピも。

トゥルトー・フロマージュ のレシピ | フィラデルフィアクリームチーズ
フィラデルフィアクリームチーズを使ったトゥルトー・フロマージュのレシピ。フランス、ポワトゥー地方のチーズケーキ。フロマージュブランの代わりに、フィラデルフィアクリームチーズでもおいしく作れます。その場合は、80gを用意し、室温において柔らかくしてから使います。

チーズテリーヌ

東京風美庵 東京フロマージュテリーヌ (8)
東京風美庵 東京フロマージュテリーヌ

時々ネットで見かける謎のチーズケーキ。その実態は単にテリーヌ型(もしくはパウンドケーキ型)を使い、粉(薄力粉など)の使用量を最低限に抑えたベイクドチーズケーキなのだが、これをチーズテリーヌと呼ぶことがある。

一般的な特徴としては、四角い型を使っており、そしてつなぎ(薄力粉、コーンスターチなど)を使用していない、もしくはわずかに使用しているのみという点だ。

ただしこういったチーズケーキは以前からあったものなのだ。

ちなみにフランス料理におけるテリーヌの定義は、テリーヌ型を使用して作った料理ということになっている。テリーヌ型を使っているならチーズテリーヌとも呼べるかもしれない。

しかし実際はテリーヌ型を使っていなくても、テリーヌっぽいものもチーズテリーヌと呼んでいるようだ。

まだまだ販売しているお店が少なく、特筆すべき特徴や他のチーズケーキとの大きな違いがわからない。

東京風美庵 東京フロマージュテリーヌについて

惣菜系チーズケーキ

JTRRD cafe & season0 「生ハムチーズとかぼちゃと枝豆のチーズケーキ」 (10)

惣菜系チーズケーキとは、惣菜代わりに食べられるようなチーズケーキ。

たとえばキッシュのように、パイ生地と卵を使う甘い系も惣菜する。このチーズケーキもちょうど同じような立ち位置。

惣菜系チーズケーキを販売しているのは、今のところ1軒しかみたことがない。

その1軒とは、関西にある「JTRRD cafe & season0」というお店。写真は「生ハムチーズとかぼちゃと枝豆のチーズケーキ」 。

JTRRD cafe & season0 「生ハムチーズとかぼちゃと枝豆のチーズケーキ」 (16)

カットに失敗してしまい見た目が最悪だが、中には生ハム、枝豆などが入っている。デザートとしてはもちろんのこと、つまみ、前菜にもぴったりの一品だ。

いつかブームが来ると考えているのだが、なかなかその兆しがない。

惣菜系チーズケーキを販売している「JTRRD cafe & season0」の詳細

ヴィーガンチーズケーキ

HealthyTOKYO Cafe & Shop ヴィーガンチーズケーキ
HealthyTOKYO Cafe & Shop ヴィーガンチーズケーキ

ヴィーガンチーズケーキとは、簡単にいえば、チーズを使わないチーズケーキのこと

チーズを使わないチーズケーキとは矛盾を孕んだ言葉で、それをチーズケーキと呼べるのか?というツッコミもあるが、チーズケーキという名をつけている以上、無視できな存在だ。

ではヴィーガンチーズケーキとはいったいどんなチーズケーキなのか?

多いのはチーズケーキの変わりに豆腐を使い例だ。その他、ナッツ類をペースト状にしてチーズケーキ感を出す場合も。

筆者が食べた、「 HealthyTOKYO Cafe & Shop」のヴィーガンチーズケーキは、ナッツ類を使うタイプだった。かなりねっとりして弾力感があり舌触りは完全にチーズケーキであり、普通に美味しかった。

一方で、コクや風味、舌触りの良さは普通のチーズケーキには劣っていたように思う。

レシピは、「ヴィーガンチーズケーキ」で検索するとたくさん探せる。

【終わりに】チーズケーキは奥深い

以上チーズケーキの種類をまとめてきた。

レアとベイクド以外は身勝手な分類になったが、各チーズケーキに明確な定義がないので、それは仕方がないということで、ご了承いただければと思う。

今回は僕がこれまで食べたきたチーズケーキのなかで分類した。一方で、世界にはまだまだ色々なチーズケーキがある。

調べたところによる、アメリカにはニューヨークチーズケーキの他にもシカゴチーズケーキなるものが存在する。

またロシアやポーランド、ドイツやアフリカなどにも独自のチーズケーキがあるそうで、チーズケーキの奥深さに驚かされる毎日だ。

※参考

タイトルとURLをコピーしました