-Ads-
チェーン系洋菓子屋取り寄せ可能店

【ルタオ(LeTAO)】レアとベイクドの2層のチーズケーキを世に広めた存在「ドゥーブルフロマージュ」について

ルタオ(Letao)ドゥーブルフロマージュの写真 (8)チェーン系洋菓子屋
ルタオ

チーズケーキやチョコレート菓子、パンなどを製造している北海道の洋菓子屋「ルタオ(LeTAO)」の看板商品であるドゥーブルフロマージュを紹介します。

-Ads-

ドゥーブルフロマージュについて(1728円)

さてここからルタオのチーズケーキを食べた感想について紹介します。まずは一番人気のドゥーブルフロマージュから。通販でも、催事でも購入できる人気商品です。

ケーキを撮影した動画もあるので、よろしければご覧ください。ドゥーブルフロマージュは冒頭に、後半にショコラドゥーブルが登場します。

「ドゥーブルフロマージュ」とはどんな意味なのか?

ルタオ ドゥーブルフロマージュ

「ドゥーブルフロマージュ」の「ドゥーブル(Double)」とは「ダブル」のこと。

「フロマージュ(Flomage)」とは「チーズ」のこと。「ドゥーブルフロマージュ」は、直訳すると「ダブルチーズ」という意味になります。ゆえに2層のチーズケーキというわけです。

ルタオのドゥーブルフロマージュは表面も断面も美しい

ルタオ ドゥーブルフロマージュ (6)
ルタオ ドゥーブルフロマージュ (7)

催事でも、ネットでも購入しても冷凍された状態です。冷蔵庫で5時間~8時間解凍してから食べるのがおすすめとされていますが、半解凍でも美味しく食べられます。

表面はクリーム色のジェノワーズ(スポンジ)で包まれており、触りたくなるようなふわふわした質感です。

断面はさらに美しい。

上がマスカルポーネを使ったレアチーズの層であり、しっとりやわらかい質感。

下がベイクドチーズケーキの層で、こちらはねっとりした感じがあります。

ルタオ(Letao)ドゥーブルフロマージュの写真 (9)

使用している生クリームは北海道産ですが、クリームチーズはオーストラリア産を、マスカルポーネはイタリア産を使っているといいます。

小樽に拠点があるのに北海道産の材料を使わないのは疑問です。公式サイトによれば、北海道だから北海道産ではなく、北海道産の材料の魅力を最大限に活かせる材料が、オーストラリアのクリームチーズであり、イタリアのマスカルポーネだそうです。

ただせっかくなのだからどうにか北海道産の材料を使ってほしいという思いもなくはありません。

ルタオのドゥーブルフロマージュは異次元のおいしさだった

味に関してはまったく文句がありません。お世辞抜きに、日本に生まれて良かったと思うほど美味しいチーズケーキです。

上の白い層は、クリームのようにしっとりなめらかで素晴らしい口当たりです。そしてマスカルポーネの魅力が非常に引き出されています。

下のクリーム色のねっとり濃厚で、クリームチーズの深みと奥行きを感じられます。

ねっとり濃厚で、微妙に塩っけもあって本当に美味しい。

他店の2層のチーズケーキとの比較

他店でも似たような2層のチーズケーキを販売している例があります。たとえば無印良品も販売しています。こちらはクッキー生地を添えた3層のチーズケーキになっています。

【無印良品】2層仕立てのチーズケーキ の写真
無印良品の2層仕立てのチーズケーキ

大阪土産「月化粧」で有名な青木松風庵もネット限定でダブルフロマージュというチーズケーキを販売しています。こちらは上の層のレアチーズの質感が違います。こちらも美味しかった。

青木松風庵のダブルフロマージュの写真
【青木松風庵】のダブルフロマージュ

また全国に店舗をもつ神戸発の有名店「アンリ・シャルパンティエ」は、Wチーズケーキという黄金の2層のチーズケーキを販売しています。表面にクランブルをまぶしており、ザクザクした食感も楽しめます。

アンリ・シャルパンティエのWチーズケーキの写真
アンリ・シャルパンティエのWチーズケーキ

筆者としてはやはりルタオのドゥーブルフロマージュが一番好きですが、好みなどは所詮主観的なものです。ぜひいろいろなチーズケーキを食べてくれて、自分にあったものを探してほしいです。

ルタオ ドゥーブルフロマージュ (5)

他の洋菓子屋も、同様の2層のチーズケーキを販売しているのですが、筆者としてはルタオが一番だと思います。ぜひ食べ比べてみてほしいです。

2層のチーズケーキ(ドゥーブルフロマージュなど)の記事一覧
レアとベイクド、スフレとレアなど、異なる2つのタイプのチーズケーキを重ねたチーズケーキを「2層のチーズケーキ」とし、ここでまとめています。2層のチーズケーキでもっともおすすめで代表的なのは「ルタオ」のドゥーブルフロマージュです。

-Ads-

値段や日持ち、購入方法など

ルタオ
値段ドゥーブルフロマージュ:1728円(取り寄せの場合のプラス送料)
ドゥーブルフロマージュとショコラドゥーブルの食べ比べセット:3,990円(取り寄せの場合はプラス送料)
日持ち・賞味期限冷凍の状態だと賞味期限は半年先くらい
解凍後は48時間以内
食べ方冷凍で届くので、食べる前に冷蔵庫で5時間~8時間ほど解凍する。
半解凍でも美味しくいただけるとのこと。

購入方法

以下の3つの方法で購入可能です。

  • ネットで取り寄せ(公式オンラインショップ、楽天、Yahoo!などで購入可能)
  • 店舗で購入(北海道のみである店舗があります。小樽、千歳、札幌などに店舗あり ※ルタオの店舗一覧
  • 催事で購入する(全国で適宜催事を行っている。情報は公式サイトから確認できる ※ルタオの催事情報
-Ads-

口コミや評判

楽天・Amazonでの口コミ・評価

楽天みんなのレビュー ドゥーブルフロマージュ
楽天みんなのレビュー(ドゥーブルフロマージュ)

楽天のレビューでは、★4.6という高評価。Amazonでも同じく4.6。

言わずもがな、ポジティブな評価ばかりなので、あえてネガティブな評価を引用してみます。

チーズケーキ大好きなので数年前からずっと気になっていたけど高くて手が出せずにいました。
今回内祝いで贈る事にしたので味見にとついでに我が家の分も購入。正直何故こんなに人気なのか不思議です。。
どこにでもある至って普通のチーズケーキでした。
冷蔵庫で7時間、我慢できずに半解凍で食べたのでまだ多少固く奇跡の口どけは味わえず。
チーズ感も濃厚さもあまりなくあっさりめ。
完全に解凍してたらもっと美味しかったのかな??
一回食べたらもう満足したのでリピはないかなと思いました。

引用: 楽天

もっとチーズ感強いのかと思って買いましたが、ソフトな感じで、チーズ好きの私としては物足りなかったです。

引用: 楽天

あまり感動しなかった。この味ならわざわざルタオで購入する必要はないかなと思った。だいぶ甘さが抑えてあるけどもう少し追い込んで甘さをもう少し抑えてもいいと思う。食感もそれほど。youtubeで松紳観てそんなにうまいのか!?と思って購入したが、期待値が大きかった分残念です。

引用:楽天

取り立てて、引き合いに出すほどの代物ではない。美味い事は美味い。

引用:Amazon

薄味とか甘さ控えめとか、そういう味を好む日本人の感覚からすると私の意見はおそらく少数派だと思います
子供舌の甘党で、舌がバカなのか、分かりやすい味、濃厚な外国のお菓子が大好きなのですが、これはそうではなかった。

引用:Amazon

上記のように、「いうほどおいしいか?」「チーズ感なくない?」といったネガティブな評価もありました。

たしかに熟成させたチーズを使っていないので、チーズ感が弱いと思うのも無理かもしれない。原材料に使っているマスカルポーネやクリームチーズは、食事で使う用のしょっぱいチーズとは味がちょっと違う。独特に乳味を楽しむものだ。

チーズの味を楽しみたいのであれば、ブルーチーズやカマンベールチーズを使ったチーズケーキを食べたほうが満足できるかもしれない。

口コミは「楽天みんなのレビュー」と「Amazon」から確認できるので、購入を迷っている方は、参考にしてみてください。
楽天での評価・口コミ
Amazonでの評価・口コミ

SNSでの口コミ

SNSは参考になる口コミが非常に少ないので紹介は割愛するが気になる方は以下からご覧いただければと思う。

-Ads-

ルタオ(LeTAO)とは?(お店の特徴や歴史など)

ルタオ

最初に「ルタオ(LeTAO)」とはどんなお店なのか、その特徴や歴史について紹介します。

ルタオ(LeTAO)は1998年に北海道小樽市でオープンした洋菓子屋です。運営会社は1996年に北海道千歳で創業したケイシイシイ(コトブキチョコレートカンパニー)です。

ルタオという名前は、もちろん小樽にかかっているのですが、それだけでなく「親愛なる小樽の塔」という意味のフランス語「La Tour Amitié Otaru」の頭文字からとったものだそうです。

看板商品であり筆者が溺愛する「ドゥーブルフロマージュ」は、ルタオが創業当時から販売しているチーズケーキです。

ルタオのドゥーブルフロマージュの写真
※ルタオのドゥーブルフロマージュ

ちなみにドゥーブルフロマージュは、現在フラノデリスという洋菓子屋でオーナーをつとめる藤田美知男さんが開発しました。ルタオのドゥーブルフロマージュは、前述の藤田さんの指導によって考案されました。

チョコや苺のドゥーブルフロマージュ、バスクチーズケーキも

ドゥーブルフロマージュといえば、ベイクドチーズケーキの上にマスカルポーネクリームを乗せたものが有名ですが、他にもチョコレートを使用したものやストロベリー風味のドゥーブルフロマージュもあります。

チョコレートを使用したショコラドゥーブルの詳細については後述するが、季節によってはピスタチオをつかったチーズケーキも販売しているそうです。

最近ではピスタチオを使ったバスクチーズケーキが過去にはありました。

随分前からであるが食パンも販売しています。

ほとんどの商品がネットで取り寄せられるのも非常にありがたいです。

ルタオの公式オンラインショップ

ルタオの公式サイトやSNSなど

-Ads-

その他、当ブログの関連記事

以下の記事ではルタオの本店に訪問した時に食べたチーズケーキについて紹介しています。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました