MENU
カテゴリー

バスクチーズケーキとは何か? 歴史、名前の由来、ブームになった理由などを解説

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
バスクチーズケーキ ブーム

少し前までバスクチーズケーキは、一部のお店しか販売していないめずらしいスイーツで、知る人ぞ知るめずらしいチーズケーキでした。

しかし現在では、コンビニでも買えるくらい一般的なものになりました。バスクチーズケーキだけを特集したレシピ本が発売され、またチョコパイのバスクチーズケーキフレーバーが販売されるようになりました。バスクチーズケーキは、誰が見ても明らかなブームになったのです。

ではいったいなぜ、バスクチーズケーキはブームになったのですか? ブームいつ頃からはじまったのでしょうか? そもそもバスクチーズケーキとは何か?

この記事ではそんな疑問を解決していければと思います。

【要点まとめ】

バスクチーズケーキとは何か?

スペイン・フランスにまたがるバスク地方の「ラ・ヴィーニャ」というバルで提供されていたチーズケーキを模倣したものとされている。バスク地方にちなんで「バスクチーズケーキ」と呼ばれるように。ベイクドチーズケーキの一種ではあるが、従来品よりも濃厚でしっとりしているのが特徴。

バスクチーズケーキブームはいつから?

2018年の7月頃。

なぜバスクチーズケーキはブームになった?

バスクチーズケーキは従来のチーズケーキとは異なるビジュアル、味、食感、濃厚さであり、常識破りなチーズケーキだった。「GAZTA」が販売することでブームになった可能性がある。

目次

【特徴と名前の由来】バスクチーズケーキとは何か?

成城石井 バスクチーズケーキ (1)
成城石井のバスクチーズケーキ

バスクチーズケーキのブームをひもとく前に「そもそもバスクチーズケーキとは何か?」について紹介していきます。

まず特徴をまとめると以下の通りになります。

  • ベイクドチーズケーキの一種
  • スペインのラビーニャというバルで売られているチーズケーキを模倣したもの
  • 一般的なベイクドチーズケーキよりも、高温、短時間で焼くので表面が焦げ、なかが半熟ぎみになる

バスクチーズケーキはバスク地方のチーズケーキを模倣したもの

スペインのバスク地方にある「ラビーニャ」というバルで出されている人気の名物的チーズケーキがあるのですが、それを模倣して作ったチーズケーキが現在日本で「バスクチーズケーキ」として普及しています。バスクチーズケーキという名前はバスク地方からきているのです。

そして以下はバスクチーズケーキの発祥の店である可能性が高いラビーニャのストリートビューです。

目次