スポンサーリンク
カフェ/喫茶店/レストラン

有楽町・日比谷【6th by ORIENTAL HOTEL】のバスクチーズケーキ|カスタードクリームのようにとろとろのバスクチーズケーキ

4.5
有楽町 6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (7)カフェ/喫茶店/レストラン

「6th by ORIENTAL HOTEL」は有楽町駅から徒歩1分の場所にあるダイニングカフェです。

こちらのお店にはブームになる前からバスクチーズケーキがあるのですが、非常に印象的な味、食感のバスクチーズケーキです。好き嫌いが分かれそうですが、チーズケーキが好きなら一度は食べるべき逸品です。

お店の場所や営業時間をみる

スポンサーリンク

【実食解説】6th by ORIENTAL HOTELのバスクチーズケーキを食べて

有楽町 6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (1)

バスクチーズケーキは横になった状態でテーブルに届けられます。「なぜ横たわっているのか?」その疑問は食べるとすぐにわかります。

自立しないほどトロトロなバスクチーズケーキ

6th by oriental バスクチーズケーキ (4)
6th by oriental バスクチーズケーキ (4)

このバスクチーズケーキ。なんと自立しないほど、とろっとろなのです。

フォークを通す瞬間は衝撃です。それはもうこれまでのチーズケーキでは、体験したことがないほどのとろっとろ具合なのです。どれくらいトロトロなのかは以下の動画からわかると思います。

【カフェ】6th by ORIENTAL HOTELのバスクチーズケーキと店内の様子 |Japanese Basque cheesecake in "6th by ORIENTAL HOTEL"
有楽町 6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (4)

もはやカスタードクリーム。

バスクチーズケーキといえば、そもそも中身が半生具合なのが特徴。

しかしこちらは半熟というよりは、「さっと火を通したくらいなのではないか」というほど、トロトロの状態なのです。もちろん悪い意味はありません。

柔らかい甘みに包まれるチーズのコク、深み

6th by oriental バスクチーズケーキ (4)
6th by oriental バスクチーズケーキ (4)
6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (6)

そんなクリーム状のケーキ、一口食べると衝撃が走ります。コクがすごいのです。

バスクチーズケーキは割と甘めに作ってしまうことが多いのですが、こちらは甘さ控えめ。一方で濃厚さは圧倒的。口に入れた瞬間、ものすごい圧力で味が一気に広がるのです。

口に入れた瞬間、「こんなチーズケーキは初めて……」と思いながら、数秒放心状態になってしまうほど。

6th by oriental バスクチーズケーキ (4)

上の焦げの部分はもう少ししっかり食感があり、更に焦げの若干の苦みを楽しめます。ガツンとくるチーズの風味に、焦げの食感と苦みは非常にいいアクセントになっています。

有楽町 6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (5)

さらに備え付けの生クリームは、チーズのコクが強いケーキと相性も抜群です。この濃厚なバスクチーズケーキに生クリームなので、ちょっと重たく感じてしまうかもしれませんが、相性が良いのは確かです。

最高のバスクチーズケーキであることは間違いありません。

「バスクチーズケーキ」の値段について

メニュー名バスクチーズケーキ
タイプバスクチーズケーキ
値段900円

6th by ORIENTAL HOTELについて(店舗情報)

6th by ORIENTAL HOTEL 店舗外観画像 (1)

「6th by ORIENTAL HOTEL」はJR有楽町駅、日比谷口の改札を出て、信号を渡ってすぐの場所にあります。

※お店の場所は以下の動画でも解説しています。

【カフェ】6th by ORIENTAL HOTELのバスクチーズケーキと店内の様子 |Japanese Basque cheesecake in "6th by ORIENTAL HOTEL"

外にはテラス席がどんと並んでいるので、すぐにわかると思います。駅のホームからも見えます。

6th by ORIENTAL HOTEL 店舗外観画像 (2)

平日の15時頃に訪問したのですが店内は結構混んでいました。

全部で300席あるので、空席はあるのですが、人が多が多いので騒がしい感じがします。また店員さんはとても活気があるのですが、声が大きすぎてびっくりするときがあります。

場所によっては、席と席の間が非常に狭そうで、出入りに苦労しそうです。「静かなお店でゆっくりしたい」というときには向いていないでしょう。

ちなみにコーヒーの値段は、500円~。若干高めではありますが、べらぼうに高いわけでもありませんね。バスクチーズケーキは800円ですが。

またバスクチーズケーキ以外だと、パンケーキが有名のようです。

お店の場所や営業時間

店名6th by ORIENTAL HOTEL
店舗タイプカフェ・レストラン
住所・アクセス・最寄り駅有楽町駅(徒歩30秒)
営業時間・定休日11時~25時
カフェ、ランチ、ダイナー、バータイムあり
飲食スペース・席数300席 テラス席あり
テイクアウト店頭の「KNOT COFFEE ROASTERS.」でコーヒーのテイクアウトが可能
喫煙か禁煙か禁煙
ノンカフェイン・ソフトドリンクの有無ソフトドリンクあり
アルコールメニューの有無あり

その他、当ブログでは色々なお店のバスクチーズケーキを紹介しています。

日比谷だとキハチカフェにもバスクチーズケーキがあります。

この記事をシェアする
SNSフォローボタン
著者・管理人
著者プロフィール
かなざわ(チーズケーキブログ)

コンビニやカフェ、洋菓子屋のチーズケーキを食べ歩くチーズケーキ評論家。現在職業はライター的なことをしています。食べたチーズケーキを紹介するとともに、チーズケーキの歴史や種類を調べています。

※サポート(この記事がお役に立ちましたらぜひサポートをお願いします)
Paypal
note

SNSフォローボタン
取り寄せにおすすめのチーズケーキをまとめました
スポンサーリンク
チーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました