日比谷【キハチカフェ】バスクチーズケーキ|クリーミーだけど軽やか口当たりのバスクチーズケーキ

キハチカフェ 日比谷 バスクチーズケーキ カフェ/喫茶店/レストランのチーズケーキ

有楽町駅からもほど近い日比谷。

デカデカとそびえたつ日比谷ミッドタウンの隣にある、日比谷シャンテ。

そんなシャンテのなかにある「キハチカフェ」では今流行りのバスクチーズケーキを食べられます。

公式サイト・食べログ・マップ

今回訪問したのは日比谷店です。

「キハチカフェ」は日比谷の他にも浦和や横浜に店舗がありますが、バスクチーズケーキがあるかどうかはわかりません。

食べログをみる限り、浦和にバスクチーズケーキがあるようです。
キハチカフェ浦和店(食べログ)

スポンサーリンク

「キハチカフェ」のバスクチーズケーキを食べて

日比谷 キハチカフェ (19)バスクチーズケーキ

ランチタイムに訪問しました。

とりあえずバスクチーズケーキとコーヒーを注文。

5分ぐらいしてテーブルに届きます。

お皿に盛られているのは、生クリームと砕いたチョコチップでしょうか。

日比谷 キハチカフェ (22)バスクチーズケーキ

見た感じ、それなりに弾力があるようです。

バスクチーズケーキといえば中身がクリーム状になっていて、もはや自立しないバスクチーズケーキも見かけます。

たとえば、「6th by ORIENTAL HOTEL」のバスクチーズケーキは、もはやカスタードクリームのようでした。

※「6th by ORIENTAL HOTEL」のバスクチーズケーキ6th by ORIENTAL HOTEL バスクチーズケーキ (2)
有楽町【6th by ORIENTAL HOTEL】バスクチーズケーキ|クリームのようにとろっとろのバスクチーズケーキ
JR有楽町駅をでると、目の前にテラス席を構える異国風のカフェがあります。 オリエンタルホテルの名を冠す「6th by ORIENTAL HOTEL」です。 「飾らない」…

一方で、「キハチカフェ」のバスクチーズケーキは、しっかり自立しています。

日比谷 キハチカフェ (26)バスクチーズケーキ

断面はニューヨークチーズケーキのようです。

ほっこりクリーミーなバスクチーズケーキ

日比谷 キハチカフェ (25)バスクチーズケーキ

さて一口。

しっとり。

クリーミー。

日比谷 キハチカフェ (18)バスクチーズケーキ

とろけるような濃厚な口当たりとともに、濃厚なチーズの甘みが口いっぱいに広がります。

1回、2回口を動かすと、その柔らかい甘みがどんどん口のなかに浸透。

ぶわーっと脳みそまで浸透していき、ほっこりした気分に包まれます。

日比谷 キハチカフェ (20)バスクチーズケーキ

よくよく噛み締めていると、単に甘いだけでなく、チーズのコクもあるのがわかります。

奥深い味わいがあって食べていて飽きません。

日比谷 キハチカフェ (23)バスクチーズケーキ

「キハチカフェ」のバスクチーズケーキは、どちらかといえばさっぱり寄りでしょうか。

クリームのようでガツン、ドカンと濃厚なタイプもあります。(先程紹介した6th by oriental がそんな感じ)

しかし「キハチカフェ」のバスクチーズケーキはしっかり弾力もあります。

バスクチーズケーキ特有のクリーミーな口当たりもありつつ、軽くて食べやすいのです。

もちろん普通のチーズケーキに比べれば、ガッツリした感じはありますが、バスクチーズケーキのなかでは食べやすいほうです。

コクのある生クリームとの相性も抜群

日比谷 キハチカフェ (24)バスクチーズケーキ

備え付けの生クリームもしっかり賞味。

こちらもコクのあるタイプで、

軽やかな口当たりのバスクチーズケーキにとてもマッチしています。

日比谷 キハチカフェ (21)バスクチーズケーキ

また後ろの焦げの部分は、さらに弾力があります。

ベイクドチーズケーキくらい、しっかりした弾力がり、こちらは食べごたえがあります。

中央部分のクリーミーな食感と、端の部分のしっかりした食感。

1つのチーズケーキで異なる2つの食感を楽しめるのは、バスクチーズケーキならでは。

日比谷 キハチカフェ (16)バスクチーズケーキ

バスクチーズケーキと生クリームの組み合わせは、わりと定番です。

しかし「キハチカフェ」のように、弾力があって、ライトな口当たりがバスクチーズケーキはまだまだ珍しいほうです。

「キハチカフェ 日比谷」バスクチーズケーキの値段や特徴など

日比谷 キハチカフェ メニュー

メニュー名バスクチーズケーキ
タイプバスクチーズケーキ
値段850円

「キハチカフェ」の店舗情報

キハチカフェ 日比谷店 店舗外観画像

今回は日比谷シャンテのなかにある「キハチカフェ」を訪問しました。

日比谷シャンテの外観画像

「キハチカフェ」は日比谷以外にも、浦和や横浜にも店舗があります。

ただし店舗によってメニューが異なるようで、他の店舗にバスクチーズケーキがあるかどうかはわかりません。

日比谷 キハチカフェ (3)メニュー

店内は1人で来ている人は少ないのですが、1人でも十分に訪問できました。

女性客が多いが大人な雰囲気のあるお店のです。

男性でも全然行ける感じです。

詳細

店名キハチカフェ
店舗タイプカフェ
住所・アクセス・最寄り駅日比谷駅から徒歩3分。JR有楽町駅から徒歩5分。
営業時間・定休日11:00~20:00 定休日は日比谷シャンテに準ずる
飲食スペース・席数40席
喫煙か禁煙か全席禁煙
ノンカフェイン・ソフトドリンクの有無デカフェ、ハーブティー、スムージーなどがある

公式サイト・食べログ・マップ

その他、バスクチーズケーキが食べられるお店

その他、日比谷・有楽町にはもう一軒バスクチーズケーキが食べられるお店があります。

先にも何度か紹介している「6th by ORIENTAL HOTEL」です。

6th by ORIENTAL HOTEL 店舗外観画像 (1)

6th by ORIENTAL HOTEL 店舗外観

有楽町【6th by ORIENTAL HOTEL】バスクチーズケーキ|クリームのようにとろっとろのバスクチーズケーキ
JR有楽町駅をでると、目の前にテラス席を構える異国風のカフェがあります。 オリエンタルホテルの名を冠す「6th by ORIENTAL HOTEL」です。 「飾らない」…

こちらはけっこう有名なお店で、インスタではこのバスクチーズケーキの画像がたくさん投稿されています。

「キハチカフェ」とはまた違うタイプのバスクチーズケーキを楽しめるお店です。

ぜひ、バスクチーズケーキのはしごをしていただければと思います。

その他、東京都内のバスクチーズケーキのお店は、以下のページでまとめて紹介しています。

【全18店まとめ】東京でバスクチーズケーキが食べられる・購入できるお店を一覧で紹介
東京都内でバスクチーズケーキが食べられるお店を一覧でまとめました。今は流行りのバスクチーズケーキ。いったいどこで食べられるの? そんな疑問がある方は、こちらのページで近所にある、バスクチーズケーキをが食べられるお店を見つけてください。
タイトルとURLをコピーしました