チーズケーキ通信|チーズケーキ、チーズスイーツの専門ブログ

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介中!

高田馬場の台湾人オーナーが手掛けるカフェ【LIWEI】で黒いカフェラテと王道的美味しさのバスクチーズケーキを食べてみた

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

高田馬場駅(戸山口)から徒歩6分ほどの「LIWEI COFFEE STAND(リウェイコーヒースタンド)」で、カフェラテとチーズケーキを食べてみました。

お店の特徴と、バスクチーズケーキとカフェラテを食べた感想を詳しく紹介していきます。

まずお店は早稲田通りから細い道に入った場所にあります。高田馬場駅前から少し離れているだけあり、静かな住宅地といった雰囲気です。

 

 

 

独特なおしゃれな雰囲気のカフェ

公式サイトによれば2020年12月にオープンしたそうなのですが、けっこう独特な雰囲気です。ここ数年のカフェといえば、私の印象では無機質系(Instagramで#無機質カフェを検索)、インダストリアル系(スターバックス リザーブのような)、ナチュラル系(ブルーボトルコーヒーのような)のいずれかである場合がほとんどです。Instagramで話題になるカフェもたいていこのどれかです。

一方で「LIWEI COFFEE STAND」はそのどれにも当てはまりません。どちらかといえば2000代のカフェブームの時にオープンした店のような、アーティスティックな雰囲気があります。具体的に説明するなら、台湾の熱帯的な雰囲気があるのです。とにかく「おしゃれ」であることには間違いありません。実際の店内の様子は以下のWEBメディアで詳しく紹介されています。

harumari.tokyo

rurubu.jp

 

 

また店内には台湾にちなんだポスターやグッズが飾られています。調べたところによると、オーナーのLIWEIさんは、台湾出身の方とのこと。ゆえに日本で流行りのデザインではなく、独特の世界観を打ち出した雰囲気になっているのでしょう。

オーナーが台湾の方だからなのか、あるいは高田馬場という土地柄だからなのか、あるいはお店の雰囲気が理由なのかわかりませんが、お客さんは外国人の方(東アジア系の方)が多い様子でした。

ちなみにオーナーのLIWEIさんはラテアートの大会でチャンピオンになった経歴があるそうです。ゆえに店内でいただけるラテのラテアートもかなり芸術的(後述)。またお店でもラテアートレッスンを開いているようです。

さて今回はそんなLIWEI COFFEE STANDでバスクチーズケーキとカフェラテを注文しました。

BLACK LATTEとバスクチーズケーキ

 

 

 

 

写真ではわかりにくいですが、どちらもけっこうサイズがあります。カフェラテはチェーンカフェのミディアムサイズくらいでしょうか。バスクチーズケーキもチェーンカフェのケーキの1.5倍くらいのサイズなので、胃袋も満足させてくれます。

またお皿、カップともにこだわりが見られます。

 

 

 

 

 

竹墨パウダーを使ったブラックラテ

カフェラテはBLACK LATTEというメニューで、ご覧のとおり、黒いカフェラテです。

 



こちらは竹墨パウダーを混ぜているそうです。

ラテアート大会でチャンピオンの経験があるだけあり、ラテアートはなんとも芸術的です。

竹炭を使ったカフェラテは、見た目に反してスッキリ飲みやすいです。どちらかといえば、ミルク感が強めでしょうか。それでもしっかりコーヒーの味わいもあります。

 

とろとろ食感と濃厚さを楽しめる王道的なバスクチーズケーキ

そしてこちらがバスクチーズケーキです。

 

 

 

 

 

 

 

 

表面はいい具合に焦がしており、断面からはとろとろした質感がはっきり見えます。
台湾で食べたバスクチーズケーキを再現とのことです。

食感はとろとろ、しっとりしており、どこかねっとり、むっちりした質感もみられます。外側と中央部分とで、異なる食感を楽しめます。

 

 

味も大満足です。濃厚な生クリームのまろやかな味と、濃厚なクリームチーズの旨味を思い切り楽しむことができます。深みがある美味しさなので、シンプルでボリューミーなチーズケーキでありながら、最後のひとくちまで飽きることがありません。

とろとろの食感、濃厚な味など、バスクチーズケーキの魅力を余すことなく楽しむことができます。ど真ん中のハイクオリティバスクチーズケーキといえるのではないでしょうか。

LIWEI COFFEE STANDには他にもプリンやキャロットケーキがあり、特にプリンはInstagramでもよく紹介されている人気のメニューのようです。

お店の詳細情報など

プライバシーポリシーお問い合わせ