【ホノルルコーヒー】いちごのクラシックチーズケーキ|いちごとチーズが絶妙なバランスでコラボしたチーズケーキ

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (6)カフェチェーン

今回紹介するのは、「ホノルルコーヒー」のチーズケーキです。

「ホノルルコーヒー」はハワイのホノルル発祥のカフェで、

同じアメリカでも、スターバックスやブルーボトルのような本土発祥のカフェとは雰囲気が異なります。

ハワイ発祥というだけあり、スイーツはパンケーキ推しではあるのですが、実はチーズケーキもあります。

名前は「いちごのクラシックチーズケーキ」。

いちごとチーズケーキのコラボ。

いったいどんなチーズケーキなのか、紹介します。

※店舗によってメニューが異なる場合があります

ホノルルコーヒーの「いちごのクラシックチーズケーキ」について

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (6)
ベイクドベイクドチーズケーキのようですが、さすが「いちごのクラシックチーズケーキ」です。

いちごのあかみがかった色があります。

それ様子はとても美しい。

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (4)

ベイクドベイクドチーズといえば、きつね色、クリーム色、白など、決して花があるとはいえない色合いをしたものが一般的。

一方で、「いちごのクラシックチーズケーキ」は、殺風景なベイクドチーズケーキにピンクが映えるおしゃれな色合いです。

砂漠に咲く一輪の花。

男子だけの野球部に突如として入ってきた女子マネージャー。

美しく、おっとりするような色合いをしています。

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (1)

チーズケーキといちごの完璧なコラボ!

味は非常に大満足。

口に入れるとクリームチーズの風味とともに、いちごの上品な風味がすっと差し込みます。

または、いちごの上品な風味のなかに、クリームチーズの柔らかい風味が差し込むといった感じでしょうか。

いちご、チーズケーキ。

どちらが強いとも弱いともいうことはなく絶妙なバランスで、チーズケーキといちごがコラボしています。

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (5)

またいちごは、芳醇で上品の甘み、適度な酸味を味わえます。

単なるフレーバーかと思いきや、しっかりいちごを使っているようです。

その証拠に、砕いて潰したいちごが、わずかにではありますがケーキのなかに含まれています。

その食感も十分に楽しめます。

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (3)

風味豊かないちごと合わさるクリームチーズの甘み。

チーズケーキ特有の食感を存分に楽しみながら、さらにいちごの上品な味・風味まで楽しめる。

ホノルルコーヒーのこだわりのコーヒーと相性は抜群。

とても完成度が高いチーズケーキです。

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (2)

ホノルルコーヒーといえばパンケーキが有名かもしれませんが、パンケーキを食べている場合ではありません。

まずはチーズケーキから食べることをおすすめします。

「いちごのクラシックチーズケーキ」のカロリーや値段について

ホノルルコーヒー イチゴのクラシックチーズケーキ (7)

商品名いちごのクラシックチーズケーキ
タイプベイクドチーズケーキ
値段500円(税別)
カロリー記載なし

店舗や季節によってメニューが変わるらしく、今回紹介した「いちごのクラシックチーズケーキ」が置いていない可能性もあります。

どんなチーズケーキが置いてあるのかについては、公式サイトにも情報がありません。

訪問の際はチーズケーキがない可能性もあるということを覚悟しておいてください。

ホノルルコーヒーについて

ホノルルコーヒー

「ホノルルコーヒー」は、1991年にハワイのホノルルで開業したカフェです。

日本には、青山、麻布十番、池袋、赤坂、武蔵小杉をはじめ、19の店舗があります。(2019年4月)

「ホノルルコーヒー」の特徴はなんといっても、コナコーヒーが飲めること。

コナコーヒーとは、ハワイ州コナ地区でしか収穫できないコーヒー豆を使用したコーヒーです。

100%のコナコーヒーは、一杯800円。セルフサービスのカフェでありながら、かなり高価なコーヒーを置いています。

ちなみにコナブレンドの場合は、380円~となっています。

ホノルルコーヒー メニュー表

チーズケーキ以外にもパンケーキやシフォンケーキなどのスイーツメニューがあります。

ホノルルコーヒー

以前パンケーキを食べましたが、とても食べごたえあり、悪魔的な美味しさでした。

タイトルとURLをコピーしました