スポンサーリンク
チェーン洋菓子屋

【FLO(フロプレステージュ)】のベイクドチーズケーキとミルクレープについて|フランス・パリから上陸した洋菓子と惣菜のお店「FLO」のチーズケーキとは?

FLO(フロプレステージュ)のベイクドチーズケーキ (8)チェーン洋菓子屋

FLO(フロプレステージュ)は関東、中部、東北を中心に117店(2021年9月現在)を主点する洋菓子と惣菜のお店です。

生菓子や焼き菓子だけでなく、キッシュやサラダ、パテ、ラザニア、グラタン、ハンバーグなどの惣菜も扱う総合食品店です。フランスにおけるパティスリーという感じでしょうか。

今回はこちらで購入した、ベイクドチーズケーキとミルクレープを紹介します。

FLO(フロプレステージュ)
スポンサーリンク

FLO(フロプレステージュ)の特徴や商品ラインナップ、歴史など

まずはFLO(フロプレステージュ)がどんなお店なのかについて簡単に説明します。

FLO(フロプレステージュ)

1886年にフランス・パリで創業

FLO(フロプレステージュ)は1886年にフランス・パリでブラッセリー(お酒と食事が楽しめるお店)としてオープンしました。

日本にオープンしたのは1987年です。この年の7月、表参道に、本格フレンチレストラン「Brasserie FLO表参道店」としてオープンしました。

今ではショッピングモールや駅ビルにある洋菓子屋のイメージですが、オープン当初は本格フレンチが食べられるお店だったようです。ちなみに、同じくフランスで生まれた老舗パティスリーとしてはダロワイヨがありますが、こちらが日本に上陸したのは1982年でした。

フレンチレストランとして営業していた「FLO」ですが、2000年には現在と同じ「FLO Prestige(フロプレステージュ)」が日本橋三越店をオープンしました。現在のような、対面で洋菓子と惣菜を販売するようなスタイルは、このときに始まったと考えられます。

そして2007年には100店舗を達成し、現在は117店舗になりました。

駅ビル、ショッピングセンターなどの商業施設の店舗が集中

FLO(フロプレステージュ)

店舗の所在地をみてみると、その多くがショッピングモールや駅ビル、駅ナカなどの商業施設内に手中しています。

先に、2000年に日本橋三越にオープンしたと紹介しましたが、現在はデパ地下の店舗は少なく、イオンなどのショッピングセンターや、パルコやエミオなどの駅ビル、そして駅ナカなど、庶民的な商業施設に出店している例が多いようです。また独立した店舗は現在ではほぼ存在していないようです。

日本人に馴染み深い洋菓子、惣菜がほとんど

今回はミルクレープとチーズケーキの2品だけ購入しましたが、前述のとおりFLOには様々な洋菓子と惣菜があります。

FLO(フロプレステージュ)

商品のラインナップは公式サイトや公式Instagramでみることができます。

フランスからやってきた洋菓子屋ですが、ケーキのラインナップはショートケーキやモンブラン、チーズケーキ、チーズタルト、ミルクレープなど、日本人に馴染み深いものばかりです。「パティスリー〇〇」といった個人経営の洋菓子屋でみかける難しそうなケーキはほとんどありません。

惣菜についてもラザニアやパテがある一方で、グラタン、ハンバーグ、ミートソースなど、洋食屋の定番メニューもあります。

日本人に馴染みがある洋菓子と洋食を販売するお店という印象で、フランスから上陸したお店ではあるのですが、だいぶジャパナイズされています。「フランスの食文化をもっと身近にもっと楽しく」がコンセプトのFLO(フロプレステージュ)ですが、ややコンセプトから外れているような気がしなくもありません。

おそらく、フランスから来たからといって、本場フランスにある料理やスイーツを出すのではなく、日本人の味覚や嗜好に寄り添ったものを、庶民的な価格で提供することを戦略としたのでしょう。だからこそ100店を超える大手に成長できたのかもしれません。

この店は、同じくフランスから上陸した、マカロンやオペラといったいかにもフランスらしいケーキを販売するダロワイヨとは、明らかな違いがあります。もちろんどちらが好きは人それぞれでしょうが。

ダロワイヨの解説はこちら

ダロワイヨ(DALLOYAU) 自由が丘店 (2)_R
※ダロワイヨ自由が丘店
スポンサーリンク

ベイクドチーズケーキについて(399円)

こちらが、FLO(フロプレステージュ)のベイクドチーズケーキです。

FLO(フロプレステージュ)のベイクドチーズケーキ (8)

値段は399円(税込み)で、不二家のチーズケーキ(380円)と同程度の価格です。フランスから上陸したということだったので、デパ地下のケーキの価格なのかと思っていましたが、意外にも大衆系の洋菓子屋と同程度の価格です。

他にチーズタルトもあるようですが、筆者が訪問したときは残念ながら売り切れでした。

さて、FLOのチーズケーキですが、オーソドックスなベイクドチーズケーキという感じです。

土台にスポンジ生地があり、ケーキの表面はスフレに近い質感です。

ケーキの本場フランスから上陸したFLOではありますが、チーズケーキは日本でよく見られる普通のチーズケーキという印象です。

クリームチーズの味をはっきり感じられる

FLO(フロプレステージュ)のベイクドチーズケーキ (8)

味は意外にも特徴的でした。

口に入れると、クリームチーズの味がグッと舞い込んできます。

チーズケーキは、チーズのケーキといってもチーズの味を感じられないものが多くあります。もちろんそれが悪いというわけではありません。

いかにも普通のチーズケーキだったので、しっかりクリームチーズの味がするので少し驚きました。

スフレに近いふわふわの食感と、クリームチーズのようなしっとりした食感の両方を感じられます。前述のとおり、クリームチーズの味がはっきりしており、チーズ好きにはたまらないチーズケーキだと思います。

FLO(フロプレステージュ)のベイクドチーズケーキ (8)

他の大衆系洋菓子屋のチーズケーキは以下のページで紹介しています。

チェーン系のケーキ屋、洋菓子屋
モロゾフ、ユーハイム、不二家、コージーコーナー、シャトレーゼなど複数の店舗を出店しているチェーンのケーキ屋のチーズケーキをまとめています…

ミルクレープ(450円)

今回はミルクレープも購入しました。

13枚のクレープ生地を使っているそうです。また間のクリームは、クレームディプロマットというカスタードクリームと生クリームを合わせたような、クリームを使用しているとのこと。

このクレームディプロマットがあるからなのか、若干キャラメルのような風味があります。かすかに感じる程度なので、気のせいかもしれませんが。

クレープ生地はモチモチで、卵の豊かな風味を感じられます。クリームとクレープ生地というシンプルな組み合わせでありながら、どこか深みのある味を感じられます。そんな完成度高い一品です。

ちなみに他のお店のミルクレープについても紹介しています。

公式サイトやお店のSNS

その他、当ブログの関連記事

チェーン系のケーキ屋、洋菓子屋
モロゾフ、ユーハイム、不二家、コージーコーナー、シャトレーゼなど複数の店舗を出店しているチェーンのケーキ屋のチーズケーキをまとめています…
タイトルとURLをコピーしました