-Ads-
取り寄せ可能店洋菓子屋

【RUNNY CHEESE】羽二重バターチーズサンド|羽二重餅と餡こをサンドしたチーズバターサンド

RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (7)取り寄せ可能店

福井にあるチーズスイーツの専門店「RUNNY CHEESE(ラニーチーズ)」が販売している3種のバターチーズサンドを紹介します。

RUNNY CHEESEは福井県にあるチーズを使った料理を提供するレストランです。チーズスイーツの開発・販売にも積極的であり、福井県の銘菓である羽二重餅を使ったチーズケーキや、チーズクリーム大福などユニークなチーズスイーツを、店舗やネットで販売しています。このブログでも以前、羽二重餅とあんこを使ったチーズケーキを紹介しました。

RUNNY CHEESE 羽二重光絹ベイクドチーズケーキ (19)

ネットでも話題になることが多く、現在注目度が高い店の1つだといえます。

-Ads-

福井県の銘菓羽二重餅を使ったバターチーズサンド

そんなRUNNY CHEESEから今回購入したのは、チーズバターサンドです。RUNNY CHEESEはバターチーズサンドを2種類販売しています。ビスケットにバターとチーズのクリームをサンドしたオーソドックスなタイプ。

そしてもう1つは、福井県の銘菓である、羽二重餅をサンドしたバターチーズサンドで、今回購入したのがこちらです。「羽二重バターチーズサンド」あるいは「特別な3種のバターチーズサンド」の商品名で販売されています。

RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (16)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (16)
手提げのついた包装でギフトにちょうど良い。
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (16)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (16)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (16)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (4)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (4)

「羽二重餡バタークリームチーズサンド」
「羽二重イチゴバタークリームチーズサンド」
「羽二重ピスタチオバタークリームチーズサンド」

の3種がセットになったものを購入しています。

ちなみに単一で5個セットもあります。また「羽二重モンブランバターチーズサンド」「羽二重チョコバターチーズサンド」もあり、これら5つがセットになったものも販売されています。

今回の3種セットは1680円です。チーズバターサンドが3個でこの値段なので、一見高く感じますが、けっこうボリュームがあります。1つのケーキを食べるくらいの満足感があり、何より美味しいので、損な思いはしません。

素材にもこだわっています。羽二重餅は福井県にある創業110年の老舗「村中甘泉堂」のものを使用し、小豆は大納言を使用しています。

バターサンド、チーズバターサンドなどの商品はビスケットにバターチーズクリームをサンドしたシンプルがものが一般的です。こちらのように餡こと餅をサンドした豪華なバターチーズサンドはなかなか見られるものではありません。

RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (7)
RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (8)

「羽二重イチゴバタークリームチーズサンド」は、苺の餡に苺のセミドライフルーツ、苺のバターサンドを使用しています。

バターチーズクリームの濃厚さと、いちごのすっきりした甘酸っぱさが印象的です。

RUNNY CHEESE 羽二餡バターチーズサンド (8)

『羽二重ピスタチオバタークリームチーズサンド』は、ピスタチオの餡とクリームを使用しています。

上下のビスケットのサクサクした食感と、ねっとり濃厚感のあるチーズバタークリーム、さらにモチモチの羽二重餅の食感など、様々な食感と味があり、一口一口がとても楽しいです。

-Ads-

名産果物とチーズケーキは多いが、銘菓とチーズケーキはどれほどあるのか

今回は福井県の洋菓子屋による、福井県の銘菓を利用したチーズスイーツでした。

地域にゆかりのある食べ物を利用したチーズケーキはあらゆる場所でみられます。特に多いのはその地域の名産果物を使用したチーズケーキです。北海道であればハスカップを使ったチーズケーキやメロンを使ったチーズケーキ、青森であればりんごを使ったチーズケーキなど。チーズケーキはあらゆる果物と柔軟に合わせることができるので、地域の名産果物とチーズケーキを合わせた商品が販売されることが多いのでしょう。

一方で、今回のような銘菓とチーズケーキのコラボはどうなのでしょうか。まだまだ未開拓の部分なので、はっきりしたことはいえませんが、あまり多くはないように思います。今後意識的に探していければと思います。

それにしても現在人気である洋菓子のチーズケーキと、地方の銘菓のコラボは評価できます。チーズケーキという洋菓子を楽しみながら、日本の銘菓を知り、そして堪能できるのですから。こういったチーズケーキがたくさんあれば、チーズケーキと一緒に日本の地方についても知るきっかけにもなります。さらに想像をふくらませるなら日本の食の多様性を実感するきっかけとして、あるいは地方の人々に思いを馳せるきっかけにもなったりはしないでしょうか。

ちなみに金沢では加賀棒茶を使ったティラミスを見かけたことがあります。

株式会社あいの風・加賀 棒ほうじ茶と黒みつの和ティラミス (19)
加賀 棒ほうじ茶と黒みつの和ティラミス

このように色々な素材と組み合わせられるのがチーズケーキ・チーズスイーツの魅力です。これから珍しい素材と組み合わせたチーズケーキを開拓していければと思います。

-Ads-

詳細情報

紹介した商品の詳細情報

  • 値段:1680円(3種アソート)
  • カロリー:369kcal(100g)
  • 備考:冷凍で届くので食べる前に4時間ほど冷蔵庫で解凍。常温の場合は1時間程度解凍できる

購入方法

公式オンラインストアの他、楽天やCake.jpなどのストアでも購入できます。

福井にある店舗でも食べられるようです。

公式サイトや公式SNSなど

-Ads-

関連記事

チーズケーキサンド、チーズサンド、チーズバターサンドに関する記事の一覧
チーズケーキサンド、チーズバターサンド、バターチーズサンドといった、ビスケットやスポンジの生地でチーズケーキやチーズバタークリームなどをサンドしたスイーツに関する記事をまとめています。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました