-Ads-
個人店のカフェ・レストラン

青森・弘前【ひまわり】本格的な洋菓子もいただける名曲喫茶のりんごを使ったチーズケーキとアップルパイなど

青森・弘前「ひまわり」 のチーズケーキ (1)個人店のカフェ・レストラン

青森県弘前市の商店街から近い場所に、レトロな雰囲気が漂う名曲喫茶があります。「ひまわり」です。

-Ads-

昭和感のある街の喫茶店

青森・弘前「ひまわり」 (10)

お店は中土手町商店街からすぐの場所にあります。

1959年創業だそうで、外観からは昔からある街の喫茶店といった雰囲気が出ています。建物や家具にもやや年季を感じます。またいたるところに絵画が飾ってあり「老舗」「昭和」「レトロ」といった言葉で表現したくなるような雰囲気があります。

ちなみにひまわりがある中土手町商店街には、中三というデパートや、数件のビジネスホテル、洋館を利用したカフェやフレンチレストランなど、何かと賑わいがあります。私が訪問した時はオフシーズンだったので人はまばらでしたが、それでもぜひ散策してみてほしいです。とこどころから弘前の特殊性のようなものを感じられるはずです。

中土手町商店街

今回ひまわりを訪問したのは夕食時だったので、まずは晩ごはんをいただきました。ナポリタンとドリアです。

ナポリタンはドシンとくるしっかりした味付けです。やや濃いめではありますが、1日弘前を観光した後だったので、この濃さが身体に染み渡りました。他にもピザやパスタがありました。

その後、デザートに頂いたのがチーズケーキです。

-Ads-

りんご、レーズンを使ったチーズケーキ

こちらが喫茶店ひまわりのチーズケーキです。

表面の焼き色、ジュレ。中にはレーズンとりんご。そしてトロトロの生地。一目見ただけで手がかかったチーズケーキであることがわかります。

老舗の喫茶店だったので、シンプルでどうってことないチーズケーキが出てくるのかと思っていましたが、まったくそうではなく、非常にこだわりを感じる、他にはない唯一無二のチーズケーキが登場しました。本当に驚きました。

弘前では他の店でもチーズケーキを食べたのですが、やはりりんごの街がというだけあり、りんごを使ったチーズケーキは多かったです。ただし、シンプルにチーズケーキにりんごをあわせただけでした。

青森・弘前「サロンドカフェアンジュ」 (9)
青森・弘前「サロンドカフェアンジュ」 のりんごのチーズケーキ
CAFE & RESTAURANT BRICK(弘前赤レンガ倉庫) りんごのバスクチーズケーキ (2)
CAFE & RESTAURANT BRICK(弘前赤レンガ倉庫) りんごのバスクチーズケーキ

一方でひまわりのチーズケーキは、りんごだけではなくレーズンも使っています。さらに表面の加工も独特です。繰り返しになりますが、街の老舗の喫茶店でこのようなチーズケーキが出てくるのには本当に驚かされました。

青森・弘前「ひまわり」 のチーズケーキ (6)

食べた感想ですが、もちろん美味しいです。レアを思わせるしっとりした舌ざわりに、サクサクのクッキー生地、シャキシャキのりんご、ぷりっとしたレーズン、それぞれの食感が口のなかを盛り上げてくれます。りんごとチーズケーキの味もしっかり調和しており、レーズンのエグミもなく、全体的にとてもよくできています。喫茶店でありながら、非常にこだわりと丁寧さを感じるチーズケーキでした。

-Ads-

アップルパイとミートパイ

今回はテイクアウトでアップルパイとミートパイも買いました。

パイ生地で具材を包んだ、コロッケのような作りです。こちらのアップルパイはチーズケーキと同じく、こだわりを感じます。すっきりした味のりんごを使っており、食べやすいです。個人的にはかなり好きでした。

ちなみに弘前の観光センターなどには、弘前アップルパイガイドマップという冊子があります。これは弘前でアップルパイを買える場所をまとめたもので、アップルパイの食べ歩きに役立つものなのですが、こちらにひまわりは掲載されていません。

理由はよくわからないのですが、このガイドマップに掲載しきれないほど、弘前にはアップルパイを販売する店があるという事実にひとまず驚きました。もちろんそれは、観光客を呼び込むために、市が店にお願いしている可能性もありますが、それにしてもアップルパイが本当に多い街です。

-Ads-

補足情報(公式サイトなど)

また以下の記事では弘前にフランス料理屋や洋菓子屋が多い理由について考察しています。ぜひご覧いただければと思います。

なぜ弘前にはフランス料理屋と洋菓子屋が多いのか?|【弘前】訪問記|かなざわ|note
先日、青森県の弘前(ひろさき)を訪れたのだが、食に関して、他の街にはない不思議な魅力があった。フランス料理屋と洋菓子屋が驚くほど多いのである。 弘前(ひろさき)とは? 弘前市は、青森県では青森市、八戸市に次いで三番目に人口が多い都市である。青森県では唯一の国立大学「弘前大学」があり、また洋館が多い街としても知られる…

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました