取り寄せ

【工房しゅしゅ】湖のくに焼きチーズケーキ|滋賀県地酒の酒粕を使ったベイクドチーズケーキ

湖のくに焼きチーズケーキ取り寄せ

今回紹介するのは滋賀県にある「工房しゅしゅ」というお店の「湖のくに焼きチーズケーキ」である。

このチーズケーキの最大の特徴は、酒粕を使用していることだ。

スポンサーリンク

6種類の酒粕が楽しめるベイクドチーズケーキ

湖のくに焼きチーズケーキ (8)

前述のとおり酒粕を使用しているチーズケーキであるが、なんと6種類の酒粕のチーズケーキがセットになっている。

その内訳は以下のとおり。

  1. 喜楽長(きらくちょう)
  2. 松の司(まつのつかさ)
  3. 美冨久(みふく)
  4. 七本鎗(しちほんやり)
  5. 萩乃露(はぎのつゆ)
  6. 浪乃音(なみのおと)

箱を開くと、スタイリッシュにデザインされたチーズケーキがズラッとならんでいる。ちょっと包装が過剰な気もするが。

湖のくに焼きチーズケーキ (8)

筆者は日本酒にも酒粕にも詳しくないのでわからなかったが、これらの日本酒はどれも滋賀県の日本酒ランキングに上位にはいっている有名なものである(参考:滋賀の日本酒ランキング2021)。その有名な日本酒の酒粕をまぜた贅沢なチーズケーキなわけだ。

そんなことは知らずに食べてしまった。

値段は6個セットで1871円+送料。サイズは手にひらに乗るくらいの大きさで、スティックタイプ。二口くらいで食べられる程よいサイズだ。手軽食べられる形態をしているので、手土産にはちょうどよさそうだ。

湖のくに焼きチーズケーキ 松の月 (2)

チーズケーキの外見はどれもほぼ同じである。袋から出してしまうと違いがわからない。

スポンサーリンク

ほどよく酒粕の風味を感じられる

タイプとしてベイクドチーズケーキで、質感はどちらかといえばふわふわ系で、やや菓子パンに近い。最近流行りのトロトロした口溶けを強調させたタイプのチーズケーキはとは違う。

食べてみると、しっかりと酒粕の風味があることがわかる。クリームチーズの乳味を邪魔していないほどよい強さだ。

筆者は普段日本酒をまったく飲まないし、酒粕もまったく食べないし、もちろん日本酒の飲み比べ、酒粕の食べ比べもしたことがない。ゆえに6種類あっても、その違いがわからないのだが、たしかに酒粕の味がする。おそらく日本酒や酒粕に詳しい人なら1つ1つの風味の違いを楽しめるのだろう。

しっかり酒粕の風味があるので、酒粕の風味が苦手な人にはまったくおすすめできないが、日本酒や酒粕が好きな人であれば、美味しくいただけるはずである。

購入方法、値段、日持ちなど

湖のくに焼きチーズケーキ (7)
値段1871円
日持ち製造日より14日(冷蔵で保存)
カロリー345kcal/100g(1個45g)
購入方法工房しゅしゅの商品の取り扱い店(取り扱い店一覧)、もしくは以下のオンラインショップで購入できる。
購入できるサイトは以下のとおり。
無印良品のオンラインショップ
いいもの探訪(JR東海)
G-Call(楽天)

工房しゅしゅについて

今回紹介した酒粕チーズケーキを製造している「工房しゅしゅ」は滋賀県にある。滋賀県の特産品を使った菓子を主に製造しているお店だ。

「しゅしゅ」の名前は、フランス語で「お気に入りのもの」という意味のchouchouに由来しているという。

運営しているのは社会福祉法人あゆみ福祉会で、この会社は障がい者に働く場を提供している事業を行っており、商品の1つである湖のくに生チーズケーキは、福祉作業所で働く人の工賃アップを目指す中で誕生した商品であるという。

そんな工房しゅしゅでは、今回紹介した酒粕のベイクドチーズケーキのほか、酒粕を使ったレアチーズケーキの「湖のくに生チーズケーキ」や、酒粕を使ったバターサンド、酒粕ティラミスなどを販売している。

今回はネットで購入したが、滋賀県には店舗がある。滋賀県の一部のスーパーやホテル、百貨店などでも取り扱いがあるようだ。(取り扱い店一覧

商品のラインナップはお店の公式サイトやInstagramで確認できる。

公式サイトやSNSなど

▼ネットでの購入は以下のいずれかで可能

その他当ブログの関連記事

こちらのページでは取り寄せにおすすめのチーズケーキを紹介している。

タイトルとURLをコピーしました