ローソン

【ローソン】CUPKE・チーズ!チーズ!チーズケーキを実食考察|カプケの最大の魅力は中身が見えない容器にあった

ローソン

「カップに入った本格ケーキ」のキャッチコピーで、これまでティラミスやモンブラン、ショートケーキ、といった定番のケーキを発売してきた「CUPKE(カプケ)」シリーズ。

カップタイプでありながら本格的なケーキが食べられるということで、人気を獲得してきたのだが、そのラインナップに、ついにチーズケーキが加わった。

スポンサーリンク

【実食考察】CUPKE・チーズ!チーズ!チーズケーキ

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

中身が見えないカップスイーツ

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

カップのチーズスイーツはコンビニでは定番のものだが、CUPKEのように中身がみえない容器なのはめずらしい。(CUPKEシリーズは以前からこの容器だった)

これまでのカップのチーズスイーツはどれも透明な容器である場合が多く、層がみえるようになっていた。

もちろん透明ではないカップを使っている場合もあるが、それはあくまで層がないスイーツの場合だ。

後に解説するように、「CUPKE(カプケ)」は層構造になっている。それにもかかわらず中身を隠しているのだ。

これはとても大胆なことをしているといえる。

透明なカップのほうが中身がわかるので、味が想像しやすいし、見た目のインパクトもあるだろう。カップスイーツの多くが透明なカップなのは、おそらくそのためだ。

しかし、「CUPKE(カプケ)」は中身を隠している。

CUPKEが中身を隠している2つの理由とは?

これはあくまでぼくの予想にすぎないが、「CUPKE(カプケ)」が中身を隠している理由は2つあると考えている。

1つは、食べたときのサプライズを大きくするため。やはり中身が隠されているほうが、食べたときの驚きは大きいだろう。もちろん驚くほどのものが隠されている場合に限るが、実際食べてみて、かなり驚いた。これまでのカップタイプのチーズケーキとは全然違っていたし、層の多さにも驚いた。詳細は後述する。

中身を隠している2つ目の理由は、見た目のインパクトを抑えるためだと考えている。

やはりカップが透明で、層がみえる方がインパクトはある。しかし「CUPKE(カプケ)」はあえて層を隠した。インパクトを抑えるために。

以下はCUPKEのプロモーション動画なのだが、この動画ではオフィスや野外のベンチで、女性がカプケを食べる様子が映っている。

【ローソン】CUPKE(カプケ)シリーズに新しく春のカプケが登場です♪

ここから読み取れるのは、CUPKEは「オフィスや野外など、ひと目がある場所でも、女性が気軽に食べられるスイーツ」を目指していることだ。

この想定はCUPKEの商品説明からうかがえる。

ケーキを食べる時って、嬉しくってテンション上がっちゃいますね。

ただ、ちょっとかしこまるというか、食べる場所を選んじゃったり、持ち運びに気を使ったり。

もっと気軽に、「今が食べたい気分♪」で食べられたら、嬉しいかも…。

ローソン公式サイト

上記の「食べる場所を選んじゃったり」という言葉からもわかるように、場所を選ばずに食べられるスイーツを想定しているのだ。

たしかに透明なカップで、中身が丸みえで、インパクト抜群のスイーツだったら、オフィスのデスクの上に置くのはちょっと勇気がいる。野外のベンチで食べるにしても、人が多い場所なら、気になる場合もある。とくに女性ならそうだろう。

一方で、CUPKEのように中がみえない質素な容器だったら、それほどインパクトもない。軽めのヨーグルトにもみえるし、オフィスのデスクにだって馴染む。

中身がみえなくなるだけで、購入の心理的ハードルがぐっと下がる人もいるだろう。

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

またCUPKEシリーズは、運びやすいようにということでカップになっている。たしかに自立したケーキは運ぶのにも神経をつかう。

このCUPKEには、細かい心づかいが細部に施されているのだ。ローソンの商品開発部には尊敬しかない。

それにしても中身を隠すというのは、大きな賭けでもあったはず。中身がみえる場合と比べて、あきらかに地味な見た目になるのだから。

今回のチーズケーキは特にそうだが、表面からはホイップクリームしか見えない。正直、華やかさはない。

見た目も地味だし、中身もわからない。他のコンビニでは前例がない。下手をすれば全然売れない可能性があっただろう。

しかし、ローソンは中身を隠した。これを断行したローソンは素晴らしいとしか言いようがない。

自立するケーキをそのままカップに入れたようなスイーツ

さてここから実際に食べた感想を紹介する。

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

上から、ムース、チーズクリーム、クランブルという構造。

コンビニのカップタイプのチーズケーキはだいたいこういう構造になる。

しかしながら食べてみるとかなり驚きがあった。これまでのカップタイプのチーズケーキとは全然違っていたのだ。

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)
ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

驚いたのは、3層目にあるチーズクリームがねっとりしていたからだ。

これまで多くのカップタイプのチーズケーキを食べてきたが、カップタイプでここまでねっとりしているのは初めてだ。

何層にもなっているサプライズ

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

さらに驚いたのは、層の多さだ。

上から、

  1. 生クリーム
  2. レアチーズムース
  3. 硬めのチーズクリーム
  4. クランブルをまぜたスポンジ生地

という4層になっている。外からではまったくわからなかったが、実際食べてみると、その層の多さに驚かされる。

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)

味が好きかどうかは別にして(ぼくは大好きだが)、この驚きを体験できるだけでも食べる価値はある。

自立したチーズケーキをそのままカップに押し込んだようなスイーツであり、「CUPKE」という名前になっているのも納得できる。

そして意外とボリュームもある。

ちなみにスイーツの口コミサイト「もぐナビ」では、「重たい」「くどい」「半分で飽きた」という辛口の意見もあった。裏を返せばけっこうボリュームがあるということだ。

驚きの連続で脳みそも満足できたし、胃袋も十分に満足できたので、個人的な評価は高い。ローソンは他のコンビニの一歩先をいっているのではないか、と感じたほどだ。

スポンサーリンク

値段、カロリー、商品説明など

ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)
ローソン CUPKE チーズ!チーズ!チーズケーキ (2)
値段273円
カロリー399kcal
製造者・販売者コスモフーズ

3層のチーズクリームを楽しめる真っ白なチーズケーキ。濃厚なチーズクリームと爽やかなチーズムース、軽い食感のメレンゲチーズクリームの3層に仕立てサクサク食感のクランチをアクセントにしました。

ローソン公式サイト商品説明

「CUPKE・チーズ!チーズ!チーズケーキ」に関する各種リンク(公式サイトなど)

その他おすすめページ

▼ローソンのチーズケーキ一覧

ローソンのチーズケーキ一覧
ローソンで食べたチーズケーキを一覧で紹介しています。

▼コンビニのチーズケーキ一覧

コンビニ/スーパーのチーズケーキ一覧
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソンストア100、成城石井、ミニストップ、その他、近所のスーパーで見つけたチーズケーキを…
タイトルとURLをコピーしました