-Ads-
セブンイレブン

【セブンイレブン】徳永シェフ監修ティラミス|前回のイタリアンティラミスとの類似点、相違点なども交えて

セブンイレブンの「徳永シェフ監修のティラミス」セブンイレブン

2022年12月下旬のセブンイレブンで購入した「徳永シェフ監修ティラミス」です。

値段は税込み345円。300円超えるやや高めの価格設定ですが、セブンイレブンでは珍しいものではなくなりました。

-Ads-

徳永シェフ監修のティラミスは2022年5月にも販売されている

商品名からもわかるとおり徳永シェフという方が監修しています。徳永シェフは『情熱大陸』の出演や、テレビドラマの『グランメゾン東京』の監修などの経験もある方です。現在は不動前にあるエキリーブル (équilibre)のオーナーを務めています。

徳永シェフ監修のティラミスは2022年5月にも販売されていました。当ブログでも紹介しています。

セブンイレブンのイタリアティラミス (9)
2022年5月頃に発売されていたセブンイレブンのイタリアティラミス。

前回のイタリアンティラミスの感想記事は以下に。

-Ads-

商品名は「イタリアンティラミス」から「徳永シェフ監修ティラミス」に

前回のティラミスの商品名は「イタリアンティラミス」でした。一方で「徳永シェフ監修ティラミス」となっています。徳永シェフの名前を冠した商品名に変更されています。

以前の「イタリアンティラミス」という名称は、個人的には違和感がありました。ティラミスはイタリア生まれの食べ物なので、イタリアンとつける必要はないように思います。”イタリアンティラミス”というのは、”ジャパニーズ大福”といっているような感じで、違和感がありました。

今回はシンプルに「徳永シェフ監修ティラミス」です。違和感がなく、また有名シェフが監修している雰囲気があり(実際有名シェフですが)、手にとってみたくなります。一方で、シンプルすぎてひねりがないような気もしますが。

-Ads-

容器が小さくなり量が減ったか

前回とくらべてカップの形状、商品の表面の装飾も変わりました。

まずカップの形状ですが、ややスリムになっています。

スタイリッシュに見える一方で、単純に量が減っている可能性があります。カロリーは271kcalから248kcalに減っていました。また値段は同じで、物価は上昇しているので、量が減っていると考えて間違いではないでしょう。これは別に悪いことではありません。仕方がないことです。

また表面は丸いお餅のような形から、波を打つ形になりました。

-Ads-

コーヒーゼリーの意外性と万人受けする食べやすさ

中身については前回とほぼ同じで、以下のようになっています。

  • 表面:ココアパウダーをまぶしたクリーム
    ホイップクリームを泡立てたものか、あるいはマスカルポーネクリームか量が少ないのでわからなかった。パウダーはココアで苦味はほぼない
  • 2層目:クリームの色のクリーム
    公式サイトではティラミスムースというざっくりした説明。マスカルポーネにカスタードクリームを混ぜているのか、クリーム系のチーズだけでは出せないぼてっとした質感とコクがある。
  • 2層目中:ココアスポンジ
    前述のティラミスムースの中に入っている。一般的なティラミスはコーヒーを染み込ませるが、こちらはココアである。ゆえに甘く、苦味はない。
  • 最下層:コーヒゼリー
    本商品一番のポイントか。ティラミスにコーヒーゼリーという意外性のある仕掛けは今回も健在。一方で甘みが強くコーヒーの苦味は弱い。

ティラミスにありがちなコーヒーの苦味や、コーヒーに浸された濡れたスポンジはありません。全体的にやや甘く、柔らかく、食べやすい印象です。

一方でティラミスの魅力の1つである、コーヒーの苦味はあまり感じられませんでした。

コーヒーゼリーを使うという革新性はありつつ、万人受けを狙った味という意味では保守的でもあります。今後はどっちに傾くのでしょうか。セブンイレブンの次なるアップデートが楽しみです。

-Ads-

詳細情報

  • 値段:340円(税込み)
  • カロリー:248kcal
  • 製造者:デリカシェフ
  • 販売店:セブンイレブン
  • 購入日:2022年12月下旬

関連記事

ティラミスに関する記事一覧
当ブログで過去に紹介したティラミスに関する記事の一覧です。
セブンイレブンのチーズケーキ一覧
これまで当ブログで紹介したセブンイレブンのチーズケーキ・チーズ系のスイーツを一覧で紹介しています。オーソドックスなチーズケーキから、チーズスフレ、クリームチーズを包んだクレープなど、これまで様々なスイーツを販売してきました。ただし、現在は販…

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました