-Ads-
カフェ/レストラン

【ESPRESSO D WORKS池袋】独創性的な「EDWティラミス」とバスク感満載のお手本のような「バスクチーズケーキ」を実食

カフェ/レストラン

ESPRESSO D WORKS池袋は、キュープラザ池袋(グランドシネマサンシャインが入居するビル)にあるレストランです。

「ESPRESSO D WORKS池袋」は株式会社DREAM ONが手掛けています。同社はほかにも「MEATBANK×EDW」や「横浜DRAセブン」などを手掛けています。ESPRESSO D WORKSは渋谷にもあり、こちらでは池袋とほぼ同じメニューを提供しているようです(渋谷店食べログ)。

ESPRESSO D WORKS池袋

「ESPRESSO D WORKS池袋」は、ビルの入口にあるエスカレーターを登ってすぐの場所にあるシックな外装の店です。

今回はレストランにお邪魔しています。レストランはイタリアンを中心としたメニューがあります。今回はケーキの前にサラダとパスタをいただきました。

パスタはどこにでもあるようなシンプルなものではなく、出汁の旨みをきかせた和風パスタや、カボスの苦味をアクセントに使ったパスタなど、他では食べられない個性的なものです。池袋の商業ビルに入った店だったので、食べ慣れた、ありきたりなイタリアを提供する店なのかと思っていましたが、意外にもベースがしっかりしていながら目新しさもある料理を提供しているようでした。

また同店には「100Bakery(ワンハンドレッドベーカリー)」が併設されています。こちらでは特殊な製法によって通常の食パンよりも多くの水分を保持させることで、これまでにないやわらかさを実現した「ワンハンドレッド」という食パンを名物商品として販売するベーカリーです。

ESPRESSO D WORKS池袋
ESPRESSO D WORKS池袋

ESPRESSO D WORKS池袋ではこの名物食パンを使ったメニューもあります。

他にもパンケーキや看板商品の食パンを使ったクロックマダム、その他、今回いただいたティラミスやチーズケーキなどメニューが充実しています。ドリンクメニューも充実しているので、カフェにもディナーにも利用できます。

※その他の公式Instagram食べログで紹介されています

-Ads-

EDWティラミス

こちらはEDWティラミスです。店の名を入れた商品なので、看板商品として売り出したいものだと思われます。

ESPRESSO D WORKS池袋のEDWティラミス
ESPRESSO D WORKS池袋のEDWティラミス (1)
ESPRESSO D WORKS池袋のEDWティラミス

概ねティラミスは、上にマスカルポーネクリーム、下に土台としてスポンジなど生地をしくような形になります。一方こちらのティラミスは、ティラミスを横に倒したように形になっています。おそらくバットかなにかで作ったものをスプーンで皿によそったものでしょう。これまで見たことがないタイプの斬新なティラミスで、こだわりを感じます。店の名を冠して商品だけあり、力が入っています。

味についてですが、端的にいって美味しいです。

マスカルポーネのクリームは口どけがよく、コクと爽やかさを両方そなえたバランスのいい味わいです。コーヒーの風味が染み込んだスポンジ生地を一緒に食べると、コーヒーのビターな風味がアクセントとして入ります。一口食べると、その魅力をもっと味わいたいという感情が湧き上がり、どんどん口に運んでしまいます。そんな魅惑のティラミスです。ティラミスが苦手でなければぜひ食べてほしい一品です。

-Ads-

バスクチーズケーキ(食べた感想)

続いてはバスクチーズケーキです。メープルシロップと粗めの塩が添えられています。メープル、岩塩のトッピングは、バスクチーズケーキのトッピングとしてはそれなりに見かけるものです。

ESPRESSO D WORKS池袋のバスクチーズケーキ (4)

バスクチーズケーキは、フランスとスペインにまたがるバスク地方という地域のレストランでみられるチーズケーキであったことからそう呼ばれるようになりました。2018年の夏頃から日本でみられるようになり、その後ブームになり定着しました。
※バスクチーズケーキの詳しい解説はこちら:バスクチーズケーキとは何か? 歴史、名前の由来、ブームになった理由などを解説

ESPRESSO D WORKS池袋のバスクチーズケーキは、ブームの初期にみられた本場のバスクチーズケーキに近い仕上がりになっています。表面をガッツリ焦がし、中身は、しっかり焼けている部分と半熟でトロトロになっている部分の2つの質感が共存しています。本場のバスクチーズケーキを味わったシェフの多くがこのような特徴のバスクチーズケーキを作っています。ESPRESSO D WORKS池袋のバスクチーズケーキも、本場に近いものであるといえます。

トロトロ、ねっとり、むっちりなど、1つのバスクチーズケーキにいくつかの食感があります。咀嚼すると風味、味が爆発的に口のなかに広がります。ぐぐっと濃厚な味で「これぞバスクチーズケーキ!」といった印象。

ESPRESSO D WORKS池袋のバスクチーズケーキ
ESPRESSO D WORKS池袋のバスクチーズケーキ

一緒にテーブルに持ってきてくれるメープルシロップをかけることで、クリームチーズの塩味、旨みがグッと際立ちます。どっしり、はっきりした印象の味わいは、やや背徳的でありながら、クセになる美味しさがあります。バスクチーズケーキの魅力を心ゆくまで楽しめる一品だといえます。

-Ads-

公式サイトや詳細情報

-Ads-

その他、当ブログの関連記事

バスクチーズケーキの記事一覧
これまで当ブログで紹介したバスクチーズケーキの記事を一覧で紹介しています。
カフェ/喫茶店/レストランのチーズケーキ一覧
カフェ、レストラン、喫茶店で食べられるチーズケーキを一覧で紹介しています。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました