-Ads-
ファミリーマート

【ファミリーマート】のチーズテリーヌ バニラソース仕立てを実食|ファミマのカップタイプのチーズテリーヌ

ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (23)ファミリーマート

大手コンビニエンスストアのファミリーマートから2021年の2月5日から発売された「チーズテリーヌ」。

ファミリーマートが「チーズテリーヌ」という商品名のスイーツを発売するのは、おそらくこれが初めてである。

ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (12)
-Ads-

チーズテリーヌとは?

チーズテリーヌとは、ベイクドチーズケーキの1種である。明確な定義や製法上の決まりなどはない。

一方、一般的にチーズテリーヌと呼ばれるものの特徴としてあげられるのは、

  • パウンドケーキ型で作った長方形のチーズケーキであること
  • トロトロした半熟系の質感であるもの

これら2つである。

以下の写真はチーズテリーヌという名前で販売されていたチーズケーキだ。どちらも長方形であり、半熟に近い質感である。

また、InstagramやGoogleでチーズテリーヌを検索するとわかるが、だいたいが長方形である。

以下はGoogleで「チーズテリーヌ」を画像検索した結果画面のキャプチャだ。ほとんどが、というかすべてが長方形である。

グーグルで画像検索する
インスタグラムで検索する

一方で、例外的なチーズテリーヌもたくさんある。たとえば今回ファミリーマートが販売したチーズテリーヌも例外的なものだ。ゆえにチーズテリーヌに明確な定義はない。いうなれば、思い思いのチーズテリーヌを作って売っているという状態なのだ。

ちなみにチーズテリーヌという名前のチーズケーキは、2019年頃からレシピ本のなかで使われたり、一部のケーキ屋がチーズケーキの名称として使っていた(参考:チーズケーキの種類について)。

またスイーツ専門のタレントである、あまいけいき氏がテレビや雑誌などのメディアで、自身がプロデュースしたチーズテリーヌを度々紹介しており、これも手伝ってチーズテリーヌは徐々に認知を獲得していたように思われる。

-Ads-

ローソンが一足先にチーズテリーヌを発売している

一気に認知度があがったのは、2020年10月にローソンが「麗溶チーズテリーヌ」を販売したときだろう。

ローソン 麗溶チーズテリーヌ (5)
ローソンの麗溶チーズテリーヌ

チーズケーキはプチブームを迎えているといえる。そしてファミリーマートはそのブームにのったスイーツを販売したわけだ。

バスクチーズケーキのときは、他のコンビニよりも大幅に出遅れていたファミリーマートであったが、チーズテリーヌに関しては、いち早く商品化した。

-Ads-

例外的であるファミリーマートのチーズテリーヌ

前述のとおり、ファミリーマートのチーズテリーヌは、例外的である。

先に写真でも紹介したとおり、チーズテリーヌといえば、長方形のものが一般的だ。

しかしファミリーマートは、長方形ではないし、カップタイプである。これまでのチーズテリーヌとはだいぶ違う、例外的なものなのだ。

ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (12)
ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (16)

初期の形態とはだいぶ違うチーズテリーヌが誕生している現象は、いうなればチーズテリーヌの二次創作化現象ともいえる。

そしてこういった現象は、それがブームになってきているからだともいえる。バスクチーズケーキもブームになってから、色々なタイプが誕生し、実態からかけ離れたバスクチーズケーキが数多く生み出された。

実態からかけ離れて、二次創作化がはじまるのは、ブームだから話題になっているからだといえる。

余談だが、今回のチーズテリーヌのカップは、以前ファミリーマートが販売していたイタリアンプリンとまったく同じカップである。

ファミリーマート ねっとりイタリアンプリン
-Ads-

名前は新しいが、味や質感は既視感あり

ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (17)
ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (18)

さて、今回のチーズテリーヌであるが、表面にはバニラソースがあり、下にチーズケーキという2層仕立てになっている。

食べた感じはトロトロした、半熟チーズケーキのようなものであり、自立できそうにない。カップにしたのも納得できる。

まだほどよく酸味があるのがいい。チーズテリーヌという存在にツッコミどころは多分にあるものの、スイーツとしてはめちゃくちゃ美味しい。口当たり、風味、味ともの素晴らしくいい。「また食べたい」と思える素晴らしいスイーツだ。

一方で、こういったチーズケーキはどこか既視感がある。過去にも同じような質感、風味、味のスイーツを食べたことがある。具体的には思い出せないが、チーズプリンのような名前で売られていたスイーツだった気がする。

既視感もあってか「チーズテリーヌ」ではなく、別の名前でもいいのではないかと思ってしまう。しかしながら、これを「半熟チーズケーキ」や「しっとりチーズケーキ」といった名前で販売してしまうとそれこそ目新しさがないのだろう。

ならば「チーズテリーヌ」という、新しさを感じる名前ということになるだろう。実態はどうであれ。

-Ads-

値段、カロリー、商品説明など

ファミリーマート(ロピア)の「チーズテリーヌ バニラソース仕立て」の写真 (15)
値段220円
カロリー208kcal
製造者・販売者ロピア

デンマーク産クリームチーズと北海道産生クリームを使用したなめらかなテリーヌ生地に、バニラチーズソースをかけました。

公式サイトより

公式サイトやお店のSNS、口コミ検索など

  • 公式サイト

※口コミ検索はこちら

その他、当ブログの関連記事

ファミリーマートのチーズケーキ一覧
これまで食べた、ファミリーマートのチーズケーキ、チーズ系のスイーツを一覧で紹介しています。ファミリーマートはチーズスイーツが多いコンビニでもあります。
コンビニ/スーパーのチーズケーキ一覧
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソンストア100、成城石井、ミニストップ、その他、近所のスーパーで見つけたチーズケーキを一覧で紹介しています。おなじみのチーズケーキから、意外と知られていないチーズケーキまでたくさんあるので、…

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました