-Ads-
ローソンストア100

【ローソンストア100】ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEESE キャラメルバスク風チーズケーキを実食|ローソンストア100史上もっとも美味しいのでは?と思ったバスク風チーズケーキ

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEE キャラメルバスク風チーズケーキ (10)_Rローソンストア100
2021年1月

2021年1月6日にローソンストア100から発売された「キャラメルBASUCHEE」。

青い方のローソンでは、これまで色々なフレーバーのバスク風チーズケーキを販売していた(ローソンのバスチー全まとめ)。一方でローソンストア100は、一度のリニューアルはあったもの、普通のバスク風チーズケーキを販売しているのみであった。

今回はついにフレーバー付きのバスク風チーズケーキだ。

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEESE(キャラメルバスク風チーズケーキ)
-Ads-

キャラメルバスク風チーズケーキはセブンイレブンでも

青いローソンで売られていたフレーバー系バスク風チーズケーキといえば、チョコレートバスチー、抹茶バスチーくらいだ。他のはチーズクリームやホイップクリーム、プリンをトッピングするなどで、色々なバスチーを販売していた。

一方で、キャラメルフレーバーのバスク風チーズケーキは、青いローソンからまだ発売されていない。キャラメルのバスク風チーズケーキはローソンでは初なのだ。

他方でセブンイレブンが、過去にキャラメルバスク風チーズケーキを発売している。

セブンイレブン キャラメルバスクチーズケーキ (1)
セブンイレブンのキャラメルバスクチーズケーキ

こちらは2020年の7月28日に発売されたものだ。

ローソンストア100のキャラメルBASUCHEESEは、ほぼ確実にセブンイレブンのそれを参考にした部分があるだろう。というのもコンビニがキャラメルとチーズケーキの組み合わせを発売した例は、セブンイレブンのキャラメルバスクチーズケーキくらいしかないからだ。

セブンイレブンのキャラメルバスクチーズケーキが発売されていたときに、ローソンストア100のスタッフは「次はこれでいくか」と決定したのではないかと、筆者は勝手に推測している。

-Ads-

きれいに収まったバスクチーズケーキ

さて、今回のバスク風チーズケーキは、歴代のものと違う部分がある。

まずクッキングシートが違う。

これまでのバスク風チーズケーキは、ぐちゃっと、無造作にした様子のクッキングシートを使用していた。これはおそらく、専門店のバスクチーズケーキをイメージしてのことだろう。

カオリーヌ菓子 バスクのチーズケーキ (9)
カオリーヌ菓子のバスクのチーズケーキ

一方で今回は整然としたクッキングシートを使用している。だいぶスッキリしたビジュアルになった。筆者としてはこちらの方が扱いやすいので好きだ。

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEESE(キャラメルバスク風チーズケーキ)
-Ads-

ローソンストア100史上もっとも美味しいチーズケーキなのでは?

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEESE(キャラメルバスク風チーズケーキ)

さて、食べた感想だが、ローソンストア100史上もっとも美味しかった。

これまでローソンストア100のスイーツ、特にチーズケーキをいくつか食べてきたが、もっとも完成度が高いと感じた。

これまでのローソンストア100のチーズケーキは、美味しいのだが、どこか安っぽい感じがあり、他のコンビニの200円前後のスイーツに比べると味気なさがあった。

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEE キャラメルバスク風チーズケーキ (1)_R

一方で今回は違う。ボリュームこそ他店に劣るものの、クオリティはまったく引けを取らない。

むっちりした中身のつまった食感と、咀嚼した瞬間に充満するキャラメルの風味、クリームチーズの風味、そしてコク、これらは他のコンビニの倍の値段で発売されているバスク風チーズケーキに負けていない。

ついにローソンストア100のチーズケーキもこのクオリティまで到達してしまったか、と考えさせられる。

このクオリティで108円(税込)なのだから、わざわざ他のコンビニでバスクチーズケーキを買う必要がないのではなかろうか。

-Ads-

値段、カロリー、商品説明など

ローソンストア100・オイシス キャラメルBASUCHEESE(キャラメルバスク風チーズケーキ)
値段108円(税込)
カロリー169kcal
製造者・販売者株式会社オイシス

人気のバスク風チーズケーキを冬の定番人気フレーバーであるキャラメルと合わせました。濃厚なチーズの味わいとほろ苦いキャラメルが相性抜群です。

-Ads-

各種リンク(公式サイトやお店のSNSなど)

その他、当ブログの関連記事

ローソンストア100のチーズケーキ一覧
これまで食べたローソンストア100のチーズケーキを一覧で紹介しています。ローソンストア100は、青いローソンとまったく違います。ローソンストア100でしか買えないスイーツもあるので、要チェックです。
ローソンのチーズケーキ一覧
ローソンで食べたチーズケーキを一覧で紹介しています。
コンビニ/スーパーのチーズケーキ一覧
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソンストア100、成城石井、ミニストップ、その他、近所のスーパーで見つけたチーズケーキを一覧で紹介しています。おなじみのチーズケーキから、意外と知られていないチーズケーキまでたくさんあるので、…

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました