スポンサーリンク
コンビニ/スーパー

【山崎製パン(Yamazaki)】の北海道チーズ蒸しパンとその派生商品(焼きチーズスフレ 、チーズ蒸しケーキサンドなど)を紹介

北海道チーズ蒸しケーキコンビニ/スーパー

山崎製パンが製造・販売している「北海道チーズ蒸しパン」。

筆者も昔から愛食している菓子パンなのだが、時々、同じく山崎製パンが販売しているもので類似した商品をいくつか見つける。

プリンを重ねたものやチーズクリームをサンドしたものなどだ。いくつかの派生商品を一通り食べることができたので、このページでまとめて紹介していこうと思う。

スポンサーリンク

北海道チーズ蒸しケーキ

山崎製パン 北海道チーズ蒸しケーキ (1)
北海道チーズ蒸しケーキ

全てはここからはじまった。多くの菓子パンファンを虜にしてきた、いや今でもなお多くの人々の胃袋を掴んではなさない「北海道チーズ蒸しケーキ」。

僕が通っていた中学校の売店には北海道チーズ蒸しケーキがあり、当時は毎日のように食べていた。青春時代をこの菓子パンと一緒に過ごしたといっても過言ではない。

僕と同じように、この菓子パンに特別な思い入れがある方もいるはず。

北海道チーズ蒸しケーキの歴史

北海道チーズ蒸しケーキ

せっかくなので「北海道チーズ蒸しケーキ」の歴史を紹介させていただきたい。

「北海道チーズ蒸しケーキ」が発売されたのは1999年。平成は11年のこと。

山崎製パンでは、実は前に似たような商品があった。1990年に発売されていた「ソフトチーズ」という菓子パンだ。山崎製パンの公式サイトの写真が掲載されているので、気になる方はチェックしてほしい(https://www.yamazakipan.co.jp/entertainment/pankiji/report/index31.html)。

「北海道チーズ蒸しケーキ」の前身である「ソフトチーズ」は、1989年に大ヒットした食パン「ダブルソフト」と、当時流行していたティラミスから着想を得て開発されたという。

ダブルソフトの柔らかさと、ティミラスのチーズ感に注目して誕生したのが、「ソフトチーズ」というわけだ。

そして1999年に「ソフトチーズ」がアップデート。誕生したのが「北海道チーズ蒸しケーキ」だ。20年以上が経過する現在でも、スーパーやコンビニでは定番のごとく発売されており、菓子パンの代名詞的商品になっている。

「北海道チーズ蒸しケーキ」は発売から現在まで、細かいアップデートを繰り返しているという。トレンドをみながら、チーズの量やチーズ種類、卵の量などを微妙に改良しているらしい(山崎製パン公式サイト)。

アレンジが盛り上がっている菓子パン

ご存知の方も多いかもしれないが、「北海道チーズ蒸しケーキ」はよくアレンジされる菓子パンの1つだ。むしろこれほどアレンジされる菓子パンは他にないのではというほど頻繁にアレンジされている。

たとえばバニラアイスをはさんだり、切れ込みにバターを入れてトースターで焼いたり。どのアレンジも非常に美味しそうだ。

GoogleやTwitterで「北海道チーズ蒸しケーキ アレンジ」と検索するとたくさん出てくるので、気になる方は検索してみてほしい。

ちなみにセブンイレブンにも「北海道チーズ蒸しケーキ」という同じ名前の商品があるが、こちらはフジパンが製造している。

それにしても商品名がまったく同じなのは大丈夫なのだろうか。

味については、どちらも美味しい、としかいえない。

味が類似しているので、同時に食べないとその味の違いはわからない。ということで「どちらも美味しい」という感想だけ記載しておく。

スポンサーリンク

北海道チーズ蒸しケーキのとろけるぷりん

北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)
北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)

こちらは北海道チーズ蒸しケーキの下に、とろけるプリンを敷いたスイーツだ。「とろけるプリン」というは、特にそういった商品があるわけではなく、とろけるような食感のプリンを「とろけるプリン」と呼んでいるだけのようだ。

北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)
北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)

北海道チーズ蒸しケーキの最大の特徴である北海道の形の印字はない。

ちなみに北海道チーズ蒸しケーキは常温で保存できるが、こちらは冷蔵保存だ。やはりプリンがあるのでチルドスイーツという扱いになっている。

北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)

そして断面。いい感じだ。自立するくらいなので、下のプリンは結構弾力がある。

他方で口にいれると、とろける。とろけるプリンと命名しているだけある。そしてもちろんのことチーズ蒸しケーキとの相性もいい。

北海道チーズ蒸しケーキのとろけるプリン (1)

おそらくこちらのチーズ蒸しケーキは、常温で販売しているものとは少し違う。プリンに合うように、味が調整されたチーズ蒸しケーキを使っているようだ。

そのため常温で売っている北海道チーズ蒸しケーキとプリンをそのまま合体さこの商品と同じにはならないだろう。

焼きチーズスフレ(北海道チーズ)

ヤマザキ 焼きチーズスフレ(北海道産チーズ)

ホイップクリームを「北海道チーズ蒸しケーキ」でサンドしたようなスイーツ、「焼きチーズスフレ」。

こちらはスーパーやコンビニ(大手3社以外)のチルドスイーツコーナーに販売されている。

しかも割と長いこと発売されている。次に次に新しいスイーツがリリースされるのが昨今のスイーツ業界なので、こちらは一定の人気があるのだろう。

ヤマザキ 焼きチーズスフレ(北海道産チーズ)
ヤマザキ 焼きチーズスフレ(北海道産チーズ)

チーズスフレにチーズクリームをサンドしたチーズ好きにはたまらない一品だ。

ふわふわ、しゅくしゅくの柔らかいスフレにしっとりしたホイップ系のチーズクリームはもちろん相性抜群。

ヤマザキ 焼きチーズスフレ(北海道産チーズ)
ヤマザキ 焼きチーズスフレ(北海道産チーズ)

チーズ蒸しケーキサンド(セブンイレブン)

ヤマザキ・セブンイレブン チーズ蒸しケーキサンド (1)

先に紹介した「焼きチーズスフレ」とほとんど同じ商品がセブンイレブンで発売されている。こちらの「チーズ蒸しケーキサンド」だ。

同じく山崎製パンが製造しており、また同じく「北海道チーズ」と書かれている。

先のは「焼きチーズスフレ」。こちらは「チーズ蒸しケーキサンド」。

商品名は若干違うが、中身はほとんど同じで、チーズスフレにホイップ系のチーズクリームをサンドしたスイーツだ。

見た目は全く同じで、袋から出してしまうとその違いはわからない。

ヤマザキ・セブンイレブン チーズ蒸しケーキサンド
ヤマザキ・セブンイレブン チーズ蒸しケーキサンド
ヤマザキ・セブンイレブン チーズ蒸しケーキサンド

もしかしたら少し違うのかもしれない。

セブンイレブンの公式サイトに掲載されている商品説明は以下の通り。

北海道産の3種のチーズを使用したチーズデザートです。チェダー、ゴーダ、クリームチーズを使用した生地で、北海道産クリームチーズと自家製カスタードをブレンドしたクリームをサンドしました。しっとりキメ細かい生地の食感をおたのしみいただけます。

セブンイレブン公式サイトより

チーズを3種ブレンドしており、また自家製カスタードをブレンドしたクリームを使っているという。自家製というのは山崎製パン製ということだ。

さて、食べた感じだが、先に紹介した「焼きチーズスフレ」との違いはわからなかった。どちらもほどよいチーズ感としっとりした口当たりで美味しかった。

ちなみに両者の違いを検証しているサイトがあった。

セブン「チーズ蒸しケーキサンド」とヤマザキ「焼きチーズスフレ」似ているけど何が違う? | チーズ専門サイト【 リル ド フロマージュ 】
今回ご紹介する「チーズ蒸しケーキサンド」は、チーズ蒸しケーキでチーズクリームをサンドしたセブンイレブンのコンビニスイーツです。 そして加えてご紹介したいのが、ヤマザキの「焼きチーズスフレ」です。 どちらも製造は山崎製パンで見た目もそっくり。一体何が違うのでしょうか? この記事では、両商品の概要や特徴、実際食べて感じた味…

こちらのブログによると、ヤマザキ「焼きチーズスフレ」のほうが、繊細でなめらかな食感であり、甘みが強く、チーズ感が少ないらしい。

せーので食べ比べたら何か違いがわかるのかもしれないが、別日に食べてしまうと、もうその違いはまったくわからない。

上記の画像は左がスーパーで売っている「焼きチーズスフレ」で右がセブンイレブンの「チーズ蒸しケーキサンド」だ。もう違いがわからない。

それにしても相変わらずチーズスイーツ好きを喜ばせてくれる味わいであった。

おわりに

以上山崎製パンの北海道チーズ蒸しケーキと、その派生商品を紹介してきた。

どれも100円から140円で、安価でありながらスイーツ欲をしっかり満たしてくれる素晴らしい商品だ。ロングセラーなのもうなづける。

また他にも当ブログではコンビニ、スーパーのチーズケーキをたくさん紹介している。

コンビニ/スーパーのチーズケーキ一覧
セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ローソンストア100、成城石井、ミニストップ、その他、近所のスーパーで見つけたチーズケーキを…
タイトルとURLをコピーしました