【La Pausa(ラ・パウザ)】クリームチーズケーキ|顔がゆるむほどクリーミーな口溶けのチーズケーキ

ラ・パウザ クリームチーズケーキ (2) ファミリーレストラン

手軽に、リーズナブルな値段で、本格パスタ、ピザが楽しめるイタリアンレストランの「La Pausa(ラ・パウザ)」。

ここで食べられるチーズケーキは、レアでもない、ベイクドでもない。

オーソドックスなチーズケーキではなく、クリーミーなチーズケーキです。

しかも、「La Pausa(ラ・パウザ)」でしか食べられない一品でもあります。

いったいどんなチーズケーキなのか? 紹介していきたいと思います。

※公式サイト

スポンサーリンク

「La Pausa(ラ・パウザ)」のクリームチーズケーキについて

ラ・パウザ クリームチーズケーキ (2)

まるっとかわいらしい形をしたチーズケーキ。

生クリームとミントが添えられ、表面にはクッキーを砕いたものがまぶしてあります。

メニュー名は「クリームチーズケーキ」となっており、ベイクドともレアとも書かれていません。

つい顔が緩んでしまう美味しさ!

「La Pausa(ラ・パウザ)」クリームチーズケーキ

観察もほどほどに、いざ実食。

口に入れると一瞬でクリームチーズの甘い風味が口の中を埋め尽くします。

どわーーというか、ぶわーーというか、とにかく口いっぱいに甘くクリーミーな、クリームチーズの風味が広がるのです。

とても濃厚。

たとえるなら、濃厚濃密なプリンのようななめらかな口当たりでしょうか。

その濃厚でねっとりでしっとりで、クリーミーな口当たりについ顔がゆるみます。

砕いたクッキーが食感を愉快に!

ラ・パウザ クリームチーズケーキ (6)

味はといえば、クリームのチーズケーキといった感じ。

チーズ的な酸味や塩見、コクなどはありません。

またよくあるレモンの酸味もありません。

甘さが先行するシンプルな味ではありますが、ケーキの上にまぶしてあるクッキーを砕いたものがいいアクセントになっています。

しっとりした食感に、ザクザクした食感が加わり、2つの音を奏でる非常に愉快なケーキになります。

ラ・パウザ クリームチーズケーキ (5)

備え付けの生クリームで、ふわふわな食感を足すのもまた良し。

オーソドックスなベイクドチーズケーキやレアチーズケーキとはまた違いますが、これはこれでとてもコーヒーによく合います。

濃厚ではありますが、ボリュームもほどほどで、口当たりも軽いため、パスタやピザなどメインを食べた後のデザートとしてはピッタリです。

他では食べられない独自のチーズケーキ

ラ・パウザ クリームチーズケーキ (8)

色々なお店のチーズケーキを食べてきましたが、このようなタイプのチーズケーキは他にありません。

ベイクドかレア、もしくはタルトタイプのチーズケーキが一般的です。

「ラ・パウザ」のチーズケーキは、強いクセもなく、くどさもなく、大人も子供も楽しめます。

「ラ・パウザ」はファミレスといった感じで、ドリンクバーもありお茶だけの利用も可能です。

食事やお茶に、気軽に立ち寄ってみてください。

「クリームチーズケーキ」のカロリーや値段について

ラ・パウザ メニュー表 (2)

商品名クリームチーズケーキ
タイプチーズスイーツ
値段399円
カロリー338kcal

食べた感じ、ベイクドでもレアでもないな、という印象です。

焼いていないという点では、レア寄りのチーズケーキなのかもしれません。

「La Pausa(ラ・パウザ)」について

ラ・パウザ 店舗外観

「La Pausa(ラ・パウザ)」は、甘太郎や温野菜、フレッシュネスバーガーなどを運営する株式会社コロワイドが運営する、イタリア料理レストランです。

かしこまったイタリアンではなく、ファミレスのような気軽に入れるカジュアルなイタリアン。

サイゼリヤほど、リーズナブルではありません。

サイゼリアはパスタの値段が500円以下であるのに対し、ラ・パウザは600円~1000円程度。

ファミリーレストランとしては、ちょっと高いと感じがしますが、厳選された乾麺を使ったパスタ、高温窯で焼きあげるピザなど、本格イタリアンを楽しめます。

筆者も学生の時はよくお世話になりました。(よくペペロンチーノを食べていた)

今回紹介したチーズケーキ以外にも、パウンドケーキやガトーショコラなどのデザートメニューもあります。

※公式サイト

タイトルとURLをコピーしました