-Ads-
チェーン系洋菓子屋

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ(幸せ包み)|クレープに包まれたチーズケーキ

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチチェーン系洋菓子屋
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ

堂島ロールで有名なモンシェール(Moncher)」は店舗限定で珍しいチーズケーキを販売しています。それが今回紹介する「ハッピーポーチ(幸せ包み)」です。

-Ads-

モンシェールのチーズスイーツを「ハッピーポーチ(幸せ包み)」について

モンシェールのチーズケーキ「ハッピーポーチ」がこちらです。

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ

店頭ではハッピーポーチという名前で販売されていましたが、公式サイトでは「幸せ包み」という名前でした。この不思議な形のケーキは、外側はクレープ生地で、その中にチーズケーキとホイップした生クリームが入っています。簡単にいえばチーズケーキをクレープで包んだケーキです。

このようなケーキは最近ではまったく見られませんが、クレープがブームだった時には存在していたようです。

私はここ最近クレープについて調べており、クレープが流行したクレープが流行した1970年代、1980年代の雑誌を読んでいるのですが、女性向けの生活雑誌や製菓事業者向けの雑誌のなかでは、クレープを使ってスポンジケーキやクリーム、果物などを包んだ食べ物がたびたび紹介されています。

クレープが流行っていた時は、このようなクレープを使った料理は一般的だったようです。現在はほとんどみられませんが。クレープを使ったスイーツといえば、屋台の手持ちのクレープかミルクレープくらいですが、そんな現在にあってモンシェールはかつて存在したクレープを使ったケーキを蘇らせたのです。

クレープ、クリーム、チーズケーキの絶対に美味しい組み合わせ

ハッピーポーチはクレープの包みを開くと、中にはチーズケーキとクリームが層になって収納されています。チーズケーキというよりは、チーズケーキを使ったスイーツという感じでしょうか。

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ

人気の商品である堂島ロールのクリームを使用しており、その他チーズケーキとカスタードクリームも使っています。チーズケーキ、生クリーム、カスタードクリームのシンプルな構成です。

クレープ生地は薄く、存在感は弱めです。チーズケーキはベイクドタイプで、ややねっとり感があって、コクがあります。そして生クリームとカスタードクリームのしっとりした食感と甘くてまろやかな味が融合します。この組み合わせが美味しくないはずがありません。

クレープ、チーズケーキ、生クリーム、カスタードクリームのシンプルな構成です。シュウマイのようなユニークな外見を除けば、食べ慣れた要素が詰まったケーキです。ひねりや意外性などはありませんが「うん、美味しい」と直感的に感じられるケーキです。

見た目がとても特徴的で映えるので、手土産にちょうどいいかと思います。

【Moncher(モンシェール)】ハッピーポーチ
-Ads-

Moncher(モンシェール)について

モンシェールは2003年に創業した大阪に本社を置く洋菓子屋です(創業当時はモンシュシュ)。

現在全国におよそ30店を出店しており、主にデパ地下やショッピングセンターに出店しています。

看板商品は堂島ロールで、2010年にモンドセレクションに選ばれました。

【Moncher(モンシェール)】 堂島ロール (1)

堂島ロールは2003年から発売している商品です。当初は、その時主流であった中心までスポンジ生地がある渦巻タイプのロールケーキを、モンシェールも発売していました。

ある日、ロールケーキが売り切れてしまい、せっかく店にきたお客さんにどうにかロールケーキを販売したいということで、即席でスポンジ生地を節約しクリームをたっぷり使ったロールケーキを作りました。これが現在の堂島ロールの原型です。その後、改良を重ねて現在のような一巻きタイプのロールケーキが完成しました。クリームを存分に楽しめる一巻きタイプのロールケーキは行列ができるほど大ヒット。堂島ロールの存在は、その後コンビニがこぞって商品化するプレミアムロールケーキの原型であるといえます。

【Moncher(モンシェール)】 堂島ロール (1)
【Moncher(モンシェール)】 堂島ロール (1)

モンシェールには他にもプリン、シュークリーム、焼き菓子など様々な商品があります。堂島ロールを使ったパフェのようなユニークな商品もあれば、ブランドによってパティスリーにありそうなプチガトーも販売しているようです。

ちなみに現在はモンシェールですが、創業当時は「モンシュシュ」という社名でした。一方で洋菓子メーカーのゴンチャロフは「MONCHOUCHOU/モンシュシュ」を商標登録しており、「モンシュシュ」が商標侵害にあたるとして裁判になりました。結果、モンシュシュはMoncher(モンシェール)に社名を変更することになりました。この裁判は商標法の考え方を学ぶ事例としてたびたび言及されるようです。詳細は以下のページに記載されています。

判例・法令検索・判例データベースのウエストロー・ジャパン|第4号 喫茶店で食べるケーキとケーキ屋さんで販売されるケーキは同じ「商品」か?~商標法を知る好例〔モンシュシュ(堂島ロール?)事件〕~
ウエストロー・ジャパン「今週の判例コラム」第4号は、金沢大学 法学系 教授 大友信秀先生から「喫茶店で食べるケーキとケーキ屋さんで販売されるケーキは同じ「商品」か?~商標法を知る好例〔モンシュシュ(堂島ロール?)事件〕~」と題してお送りします。
-Ads-

公式サイトやお店のSNS

-Ads-

その他、当ブログの関連記事

チェーン系の洋菓子屋
モロゾフ、ユーハイム、不二家、コージーコーナー、シャトレーゼなど複数の店舗を出店しているチェーンのケーキ屋のチーズケーキをまとめています。チェーン展開している洋菓子のチーズケーキを一覧でまとめたページはこちら。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました