スポンサーリンク
取り寄せ可能

生ブルーチーズケーキAO(青)を実食|ゴルゴンゾーラを思い切り楽しむベイクドチーズケーキ

生ブルーチーズケーキAO (青)取り寄せ可能

今回紹介するのは、オペレーションファクトリーという会社が、ネット限定で販売している「生ブルーチーズケーキAO(青)」というチーズケーキだ。

名前からもなんとなくわかるかもしれないが、ブルーチーズを使っている。種類はゴルゴンゾーラだ。

一般的なチーズケーキクセがなくて、やわらかくて、お菓子になじむクリームチーズを使用する。

一方で、ゴルゴンゾーラのようなブルーチーズはクセが強く、好みがはっきりわかれるので、購入者を限定してしまうし、またチーズケーキに合うチーズを探さなければいけないので、チーズの知識も必要になる。

今回紹介する「生ブルーチーズケーキAO」は、そんな難易度が高いブルーチーズをつかったチーズケーキだ。

※質感がわかる動画

生ブルーチーズケーキ(青)|ゴルゴルゾーラを使ったベイクドチーズケーキ
スポンサーリンク

【実食レポ】生ブルーチーズケーキAO(青)

生ブルーチーズケーキAO(青)
生ブルーチーズケーキAO(青)
生ブルーチーズケーキAO(青)

値段は2300円。高級感のある上品な箱に収納されており、手土産、プレゼントにも最適だ。

公式サイトの説明によると、100日以上熟成されたゴルゴンゾーラを使用しているとのこと。

レアではなく、生のようなトロトロのベイクドチーズケーキ

生ブルーチーズケーキAO (青)

商品名に「生」という単語がついているが、レアというわけではない。

公式サイトには、食材のブレンド比率や焼き加減を徹底的に研究し、なめらかでとろける「生」食感に仕上げたという趣旨の説明があるので、焼いているチーズケーキ、つまりベイクドチーズケーキということになる。

おそらくレアチーズのようにしっとりしていて、また半熟ぎみのトロトロ感が味わえるという意味で、商品名に「生」をつけたのだろう。

実際、注意しないと潰れそうなくらい、やわらかい。持ち上げるときに苦労するほどに。

生ブルーチーズケーキAO (青)

他店のブルーチーズを使ったチーズケーキとの比較

生ブルーチーズケーキAO (青)

冒頭でブルーチーズを使ったチーズケーキは、クセが強くて難易度が高いと紹介したが、意外とにもブルーチーズを使ったチーズケーキは多く見かける。参考までにいくつか紹介する。

銀座 レゾルカ 贅沢チーズケーキ (12)

レゾルカ(銀座)の贅沢チーズケーキ。ベイクドタイプのチーズケーキに、ゴルゴンゾーラをブロックで混ぜている。ブルーチーズのクセをほどよく感じられるチーズケーキ。
詳細はこちら

表参照 Lotus ゴルゴンゾーラのチーズケーキ (2)

Lotus(表参照)の ゴルゴンゾーラのチーズケーキ。柔らかくしたゴルゴンゾーラを甘くしただけのチーズケーキ。かなりゴルゴンゾーラのクセが強く、ワインのつまみには合いそうだが、スイーツには向かない。
詳細はこちら

タント・マリー ゴルゴンゾーラ (9)

タント・マリー(湯島、丸ノ内)のゴルゴンゾーラ。ゴルゴンゾーラを混ぜたスフレで、バタークリームをサンドしたチーズケーキ。ゴルゴンゾーラはアクセント程度なので、ゴルゴンゾーラが苦手でも問題なく食べられる。スフレとブルーチーズのめずらしい組み合わせ。
詳細はこちら

どの店も個性的だ。ゴルゴンゾーラの味をしっかり感じられるチーズケーキもあれば、ゴルゴンゾーラはひかえめで、苦手な人でも楽しめるようなチーズケーキもある。

ちなみに今回は紹介する「生ブルーチーズケーキAO (青)」は、ゴルゴンゾーラが大量に、ブロックで入っており、ゴルゴンゾーラの風味を存分に感じられる。

後で詳しく説明するが、ゴルゴンゾーラが非常に強いので、苦手な人にはまったくおすすめできない。

生ブルーチーズケーキAO (青)

ゴルゴンゾーラが好きな人のためのチーズケーキ

さてここからは実際に食べた感想を紹介する。

生ブルーチーズケーキAO (青)
生ブルーチーズケーキAO (青)

口に入れるとその瞬間、ミルキーでコクのある甘みと風味を感じる。それてゴルゴンゾーラをひとたび咀嚼すれば、ブルーチーズの刺激的な風味が差し込む。

ゴルゴンゾーラにやさしさなんてない。ゴルゴンゾーラは、力強く刺激的だ。ゴルゴンゾーラの味が好きなら、ゴルゴンゾーラが好きな人にとって、これほど贅沢なチーズケーキはないだだろう。

これはまさにゴルゴンゾーラが好きな人のためにチーズケーキだ。

卵白をつかったとろけるような食感

生ブルーチーズケーキAO (青)

そのクリーミーでしっとりした舌ざわりだ。さすが「生」というだけあり。普通のベイクドチーズケーキではありえない、とろけるような舌ざわりをしている。

またメレンゲを混ぜていると思われる、気泡をつぶすような質感も感じられる。原材料に卵白と書かれていたので、間違いないだろう。

そしてゴルゴンゾーラは、ブロックではいっているので、ゴルゴンゾーラの「もぎゅ」というか、「ぷるっ」というか、例えるなら6Pチーズのような独特の食感を感じることができる。

また写真からではわかりにくいが、底にはジェノワーズ(スポンジ生地)があり、こちからかはら甘い味がする。

生ブルーチーズケーキAO (青)

このチーズケーキはゴルゴンゾーラを楽しむためのチーズケーキだ。

ブルーチーズが好きな人にはまたとない美味しいチーズケーキではあるが、一方でブルーチーズが苦手な人にはちょっときついかもしれない。ブルーチーズが苦手な人はにはあまりおすすめできない。

※質感がわかる動画

生ブルーチーズケーキ(青)|ゴルゴルゾーラを使ったベイクドチーズケーキ

値段、日持ち(消費期限)、購入方法について

生ブルーチーズAO (9)
値段2300円
カロリー記載なし
サイズ約14.2×5.8×6㎝(梱包、包装は除く)
原材料クリームチーズ、乳等を主原料とする食品、卵、
グラニュー糖、ゴルゴンゾーラチーズ、コンスターチ、レモン、岩塩
日持ち
(消費期限)
冷凍状態で30日間、解凍後3日
食べ方冷蔵庫で5~7時間ほどゆっくり解凍してから
購入方法オンラインショップから購入可能。
公式サイトをみる

濃厚で刺激的、いまだかつてないチーズケーキ。濃厚な味わいと刺激的な風味が特徴のゴルゴンゾーラチーズを使用した、ちょっぴり大人のチーズケーキです。

公式サイト商品説明より

お店の公式サイト、SNS、口コミなど

口コミなど

終わりに

その他にも当ブログではいろいろなお店のチーズケーキを紹介している。

青カビタイプのチーズ使用
「青カビタイプのチーズ使用」の記事一覧です。
白カビタイプのチーズ使用
「白カビタイプのチーズ使用」の記事一覧です。
通販・取り寄せのチーズケーキ
オンラインで取り寄せることができる(通販で購入できる)チーズケーキをまとめています。 取り寄せにおすすめのチーズケーキこちらでまとめてい…
この記事をシェアする
SNSフォローボタン
著者・管理人
著者プロフィール
かなざわ(チーズケーキブログ)

コンビニやカフェ、洋菓子屋のチーズケーキを食べ歩くチーズケーキ評論家。現在職業はライター的なことをしています。食べたチーズケーキを紹介するとともに、チーズケーキの歴史や種類を調べています。

※サポート(この記事がお役に立ちましたらぜひサポートをお願いします)
Paypal
note

SNSフォローボタン
取り寄せにおすすめのチーズケーキをまとめました
スポンサーリンク
チーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました