新宿【No.13cafe(サーティーンカフェ)】バスクチーズケーキ|新宿でチョコがけバスチーを食らう!

4
新宿 サーティーンカフェ バスクチーズケーキカフェ/喫茶店/レストランのチーズケーキ

新宿歌舞伎町を抜けて、新大久保方面へ。

その途中にある「東京都健康プラザハイジア」という建物に「No.13cafe(サーティーンカフェ)」というカフェがあります。

「No.13cafe」

この名前から私は勝手に、シンプルなインダストリアルインテリアに囲まれた、挽きたて淹れたてのコーヒーが飲めるような、今風のカフェをイメージしていました。

しかし、実際は全然違ったのです。

なんとメニューも、店内の雰囲気も、店内の匂いも完全に「定食屋」だったのです。

まずはメニューを見てください。

新宿 サーティーンカフェ (11)メニュー

「お昼の御膳」に「特選干物定食」「鶏南蛮そば」です。

もう最初は、完全にお店を間違えたと思いました。

しかしデザートメニューをよくみると、ちゃんとありました。

バスクチーズケーキが。

新宿 サーティーンカフェ (12)メニュー

前置きが長くなりましたが、この不思議な定食屋……ではなくカフェで食べたバスクチーズケーキについて紹介します。

公式サイト・食べログ・マップ

※取り寄せる可能なバスクチーズケーキはこちら

「サーティーンカフェ」のバスクチーズケーキを食べて

新宿 サーティーンカフェ (20)バスクチーズケーキ

いったいどんなバスクチーズケーキが出てくるのか。

びくびくしていたのですが、現れたのは美しく、そしておいしそうなバスクチーズケーキです。

単なるバスクチーズケーキではなく、生クリームのトッピング。

さらには岩塩まで。

ちなみに今回はプラス50円で追加できるチョコソースも注文。

チョコソースありのバスクチーズケーキは初めてです。

【期待度★★★★☆】といったところでしょうか。

新宿 サーティーンカフェ (13)バスクチーズケーキ

それにしても定食屋の匂い・雰囲気のなかで、チーズケーキとコーヒーを注文するのは初めてです。

何か不思議な感じがします。

チョコソースとチーズの旨味が絶妙に絡み合う

とりあえずまっさらな「バスクチーズケーキ様」にチョコソースをかけて差し上げます。

新宿 サーティーンカフェ バスクチーズケーキ チョコがけ (2)
新宿 サーティーンカフェ バスクチーズケーキ チョコがけ (3)
新宿 サーティーンカフェ バスクチーズケーキ チョコがけ (4)
新宿 サーティーンカフェ バスクチーズケーキ チョコがけ (1)

まずはチョコを絡めてひとくち。

新宿 サーティーンカフェ (11)バスクチーズケーキ

ビターなチョコの味わいがぐっときて、そのなかからチーズの風味がスッと姿を見せます。

濃厚な口当たりと一緒に現れるチーズの濃厚な甘さとコク。

それはがっちりチョコソースと絡み合い、絶妙なコラボを成し遂げています。

こんな体験初めて。

新宿 サーティーンカフェ (12)バスクチーズケーキ

ひたひたにチョコを絡めてもよし。

ちょっぴりチョコを絡めてもよし。

色々な楽しみ方ができます。

これまでカフェから専門店まで、色々なお店でバスクチーズケーキを食べてきました。

今のところチョコソースとバスクチーズケーキのコラボを楽しめるのは、この「サーティーンカフェ」だけです。

チョコもチーズケーキも大好き、という方は絶対に食べるべき。

ただし、チーズケーキの味をしっかり味わいたい方は、ほどほどに。

チョコの味でチーズケーキの味が分かりづらくなってしまいます。

バスクチーズケーキと岩塩のコラボ!

新宿 サーティーンカフェ (13)バスクチーズケーキ

バスクチーズケーキだけを食べてみると、そのチーズケーキの風味とコクを存分に楽します。

さらに焦げ部分の独特な口当たりもいい感じ。

新宿 サーティーンカフェ (7)バスクチーズケーキ

またお皿には岩塩が添えられています。

新宿 サーティーンカフェ (18)バスクチーズケーキ
画像右下のツブツブが岩塩

この岩塩をつけて食べると、一気に引き締まった味わいになります。

ぐっとパンチのある岩塩の風味とマイルド一直線のバスクチーズケーキ。

この一見、真逆の力を持つ2つの要素が絶妙に絡み合い、すばらしいコラボを成し遂げています。

ちなみにバスクチーズケーキに岩塩をつけるのは、本場のスペインのセバスチャンの街ではよくある食べ方らしいです。

相性抜群なわけです。

新宿 サーティーンカフェ (10)バスクチーズケーキ

チョコソース、生クリーム、岩塩。

バスクチーズは少し重く感じてしまうこともあります。

しかし、このカフェのバスクチーズケーキは、色々なトッピングがあり、味を変えたり足したりできるので、最後まで飽きることがありません。

まさか定食屋でこれほどおいしくて楽しいバスクチーズケーキに出会えるとは。

「No.13cafe(サーティーンカフェ)」のバスクチーズケーキの値段や特徴など

新宿 サーティーンカフェ (12)メニュー
メニュー名バスクチーズケーキ
タイプバスクチーズケーキ
値段単品600円 ドリンクセット800円

チョコソースのトッピングはプラス50円。

スポンサーリンク

「No.13cafe(サーティーンカフェ)」の店舗情報

新宿 サーティーンカフェ (10)店舗外観

「No.13cafe(サーティーンカフェ)」は、JR新宿駅東口から、徒歩10分ほどの場所にあります。

カフェが入っているのは、「東京都健康プラザハイジア」という建物です。

新宿 サーティーンカフェ (8)

上記の画像は新宿方面側の入り口です。

新宿 サーティーンカフェ  フロアマップ

そしてこちらはフロアマップ。

何ともいない建物。

「No.13cafe(サーティーンカフェ)」にチーズケーキがなかったら多分、入らないだろうな、という感じです。

この建物に入るきっかけを作ってくれたチーズケーキは偉大。

新大久保と新宿のちょうど中間くらいにあるので、新宿歌舞伎町を歩きたくない、という方は、新大久保から行くのがおすすめです。

改装したばかりなのか、店内はかなりきれいでした。

新宿 サーティーンカフェ (13)店内

カフェっぽい内装ではあるのですが、さすが干物定食を売るお店。

落ち着いた内装になっています。

店舗詳細

店名No.13cafe
店舗タイプカフェ
住所・アクセス・最寄り駅JR新宿駅から徒歩10分。西武線新宿駅からだと3分程度。
営業時間・定休日11:00~17:00

 定休日:日曜

喫煙か禁煙か全席禁煙
ノンカフェイン・ソフトドリンクの有無ソフトドリンクあり
アルコールメニューの有無アルコールメニューあり

公式サイト・食べログ・マップ

その他、バスクチーズケーキが食べられるお店

「Gazta(ガスタ)」以外にも、日本にはおいしいバスクチーズケーキを食べられるお店がたくさんあります。

特に、代官山の「カシヤマ ダイカンヤマ」や、麹町の「イイジカン」のバスクチーズケーキがおすすめです。

また以下のページではバスクチーズケーキを食べられるお店を一覧でまとめています。

タイトルとURLをコピーしました