スポンサーリンク
チェーン系洋菓子屋

【noix de beurre(ノワドゥブール)】のチーズケーキ、ミルクレープ、フィナンシェ、クグロフを実食レポ

noix de beurre(ノワドゥブール)の焼き菓子 (2)チェーン系洋菓子屋

「noix de beurre(ノワドゥブール)」は新宿伊勢丹や銀座三越などに出店している洋菓子屋です。

フィナンシェなどの焼き菓子を主に販売する店なのですが、チーズケーキやミルクレープなどの洋菓子もあります。

スポンサーリンク

チーズケーキ

noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (2)
noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (3)
noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (9)
noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (6)

表面には生クリームが塗られており、その下のクリーム色の層がチーズケーキです。下にはクッキー生地があります。また土台とチーズケーキの間にはジャムのようなものが塗られています。

シンプルなチーズケーキなのですが、食べてみると素材の美味しさを追求している様子がひしひしつ伝わってきます。

素材の美味しさを感じる絶品チーズケーキ

noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (8)

質感は硬すぎず、やわらかすぎず、適度です。

「半熟」や「生食感」「レアのような食感」など、とろとろのチーズケーキが多い昨今ですが、そういったものとは違い、ある程度の弾力があり食べごたえがあります。

かといってむっちり硬めになるのではなく、ある程度のふわふわ感を残しており、まさに適度という感じ。

noix de beurre(ノワドゥブール)のチーズケーキ (1)

さらに味もほどよさがあります。

余計な酸味や塩味はなく、クリームチーズやその他の乳製品、卵など、それぞれの材料が持っている美味しさをとてもよく感じられます。

派手な味ではありませんが、各素材が本来持っている美味しさのようなものを追求しているのではないかと思います。

実はこのケーキ、店内の厨房で少量ずつ作っているそうです(OZmall)。デパ地下の洋菓子屋は、一般的には厨房がないので、工場で作ったものを搬入して販売しています。

一方でノワ・ドゥ・ブールは例外的に厨房があります。だからこそ焼き菓子のみならず、作りたての生菓子も提供できるのです。

新鮮な材料を使っているからこそ、素材そのものの美味しさを感じられたのかもしれません。

端的にいってめちゃくちゃ美味しいです。こういったチーズケーキこそ食べてほしいです。

値段と日持ち

値段486円
日持ち当日中

デパ地下のチーズケーキをまとめはこちら

スポンサーリンク

ミルクレープ

ノワ・ドゥ・ブールはミルクレープもあります。

noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)
noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)
noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)
noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)

店内厨房で手焼きしたクレープを使った12層のミルクレープです。少しばかり苺を挟んでいます。

デパ地下でミルクレープを販売する洋菓子屋は、実はけっこう珍しいです。チーズケーキは多くの店が販売しているのですが、不思議とミルクレープを販売する店は少ないのです。

そんな珍しいデパ地下のミルクレープなわけですが、チーズケーキに引き続きめちゃくちゃ美味しいです。

noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)

まずクレープの厚みが最適です。クレープのモチモチ感もしっかりありながら、シルクのように柔らかく、口のなかでとろけていきます。薄すすぎず、厚すぎず、絶妙な厚さです。

中のクリームも絶妙な美味しさです。カスタードクリームもしっかりコクがあるのはもちろんのこと、いい卵を使っているであろう奥行きのある風味があります。苺は酸味と甘味のバランスが良く、クリームとクレープの味を引き立てています。

まったくもって非の打ち所がない素晴らしいミルクレープです。

noix de beurre(ノワドゥブール)のミルクレープ (2)

値段と日持ち

値段759円
日持ち当日中

チェーン店のミルクレープをまとめはこちら

スポンサーリンク

フィナンシェとプティ・クグロフ(エテ)

看板商品の焼き菓子も購入しました。一番人気のフィナンシェと、クグロフです。

クグロフにはラムレーズンが入っています。シロップの甘さとレーズンの渋みが絶妙にマッチしています。

人気商品のフィナンシェは「さすが!」という感じの美味しさです。表面はカリッとしており、中はふわふわ。口に入れると同時にバターの豊かな風味が口のなかに広がります。一口食べればその瞬間に多幸感に包まれます。

このフィナンシェを買うために連日店の前には行列ができるのですが、それもまったく納得できます。確かに並んでも食べたいフィナンシェです。

noix de beurre(ノワドゥブール) (1)

値段や日持ちなど

値段1個216円
※値段は変更される場合があります
日持ちフィナンシェ:3日間

※消費期限は変更される場合があります

フィナンシェは三越伊勢丹のオンランショップでも購入できるようです。
三越伊勢丹のオンランショップ

スポンサーリンク

noix de beurre(ノワドゥブール)について

noix de beurre(ノワドゥブール) (2)

「noix de beurre(ノワドゥブール)」は、冒頭で紹介したとおり焼き菓子が主力商品です。

デパ地下の店にもかかわらず、店内の厨房を備えている非常に珍しい店です。だからこそ販売できる焼き立て、できたての洋菓子を求めて、平日、休日問わず行列ができるのでしょう。

noix de beurre(ノワドゥブール) (6)

商品ラインナップ

また生菓子はショートケーキやチョコレートを使ったケーキ、ミルフィーユなどがありました。季節商品もあるようで、紹介している商品が終了する可能性もあります。

焼き菓子はフィナンシェ、クグロフの他、カヌレ、クッキーなどがあります。

商品情報の一部は公式Instagramで紹介されています。
公式Instagram

またフィナンシェやマドレーヌ、クッキーなど一部の焼き菓子は三越伊勢丹のオンランショップショップでも購入できます。
三越伊勢丹のオンランショップ

店舗は新宿、銀座、日本橋に

ノワ・ドゥ・ブールの店舗は現在、新宿伊勢丹、銀座三越、日本橋三越の3ヶ所にあります。

2011年にオープン、エーデルワイスが手がける

noix de beurre(ノワドゥブール)が創業したには2011年です。三越伊勢丹のオリジナルブランドとして、株式会社エーデルワイスが創業しました。エーデルワイスは他にアンテノールやヴィタメールなど、同じくデパ地下に入店している洋菓子屋を手掛けている会社です。
※参考:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000591.000017643.html

デパ地下内にもかかわらず、スペースを要する店内厨房を持てるのは、三越伊勢丹のオリジナルブランドという特殊な事情があるからだと考えられます。

またアンテノールのチーズケーキは以下のページで紹介しています。

公式サイトなど

その他、当ブログの関連記事

以下のページではデパ地下で買えるチーズケーキをまとめて紹介しています。

ノワ・ドゥ・ブールの系列店のアンテノールの商品はこちら。

その他、チェーン店のミルクレープをまとめて紹介した記事もあります。

タイトルとURLをコピーしました