スポンサーリンク
洋菓子屋

【OVEN.Y.(オーブンニューヨーク)】のノーベイクNYチーズケーキを実食|かなり珍しい焼かないタイプのニューヨークチーズケーキ

OVEN.Y (オーブンニューヨーク)のノーベイクNYチーズケーキ (5)洋菓子屋

新宿伊勢丹にある焼き菓子とチーズケーキのお店「OVEN.Y.(オーブン・ニューヨーク)」を訪問しました。

オーブンニューヨークでは、なんとレアタイプのニューヨークチーズケーキを販売しています。

お店の紹介とともに、食べた感想を紹介します。

スポンサーリンク

OVEN.Y.(オーブン・ニューヨーク)とは?

まず、OVEN.Y.オーブン・ニューヨーク)がどんなお店なのかについて紹介します。

OVEN.Y (オーブンニューヨーク)のノーベイクNYチーズケーキ (17)

ニューヨークのクラシックを伝える焼き菓子屋

オーブンニューヨークは、「ニューヨークのクラシックを伝える懐かしくて新しい焼き菓子屋」をコンセプトに、ニューヨークで古くから愛されている焼き菓子やベイクドグッズ(おそらく焼いたもの)を販売する店として2020年12月2日にオープンしました。

現在は新宿伊勢丹にのみ店舗があります。

OVEN.Y (オーブンニューヨーク)のノーベイクNYチーズケーキ (15)

「ニューヨークの古典的な焼き菓子」とのことですが、その商品はたしかに他ではあまりみかけないものがあります。

タイガーチョコレートというチョコレートを使った焼き菓子や、ミトンの形をしたバターサンドがあります。

また冒頭でも紹介したとおり、レアタイプのニューヨークチーズケーキがあります。

OVEN.Y (オーブンニューヨーク)のノーベイクNYチーズケーキ (21)

商品の一部は三越伊勢丹のサイトや、お店のInstagramや公式サイトで確認できます。

OVEN.Y. オーブン・ニューヨーク
「OVEN.Y.」(オーブン・ニューヨーク)は、新たなお菓子のアプローチを求めていた、ショコラティエ・江口和明が、ファッションやカルチャー、様々なトレンドの発信地となっているニューヨークで愛される「ベイクドグッズ」にインスパイアされ、誕生したN.Y. 焼き菓子の専門店です。
OVEN.Y./オーブンニューヨーク 商品一覧 | 三越伊勢丹オンラインストア 【公式】
OVEN.Y./オーブンニューヨーク の商品一覧ページです。三越伊勢丹の公式通販サイトでは、百貨店ならではの人気アイテムや限定品を取り扱っています。一部送料無料。

他にもパウンドケーキがあり、見慣れた焼き菓子もあります。

ちなみにニューヨークのクラシックな焼き菓子を販売する店はそれほど多くはありません。

日本には無数の洋菓子屋がありますが、その多くはヨーロッパ系の菓子(フランス菓子、ドイツ菓子、オーストラリアなど)を扱う店です。おそらく8割はヨーロッパ系だと思います。

その他、一部にアップルパイやニューヨークチーズケーキ、ブラウニーなどのアメリカ系の店がありますが、決して多くはありません。

そしてオーブンニューヨークのような、「古典的なニューヨークの焼き菓子」をコンセプトにした店は、めったにありません。私は初めて見ました。

ショコラティエとして知られる江口シェフが手掛ける店

「ニューヨークのクラシック菓子」という珍しいコンセプトの店をプロデュースしたのが、ショコラティエとして知られる江口和明さんです。

江口シェフは、全国に7店舗を出店している洋菓子屋のデリーモ(DEL’IMMO)の責任者も務めている方です。

デリーモ公式サイト

DEL'IMMO(デリーモ)|公式オンラインショップ
チョコレートに魅せられ、ショコラティエとなった江口和明が、その魅力を余すことなく伝えるべく立ち上げたパティスリーDEL'IMMOのオフィシャルオンラインショップです。

江口シェフは、様々なトレンドの発信地になっているニューヨークで愛されているベイクドグッズから影響を受けて、オープンしたのがオーブンニューヨークだそうです(ショコラティエ・江口和明の手がけるN.Y.焼き菓子専門店 「OVEN.Y.」 が12月2日、伊勢丹新宿店にオープン)。

実食レポ)ノーベイクNYチーズケーキ

オーブンニューヨークが販売している「ノーベイクNYチーズケーキ」です。

OVEN.Y (オーブンニューヨーク)のノーベイクNYチーズケーキ (13)

カットタイプとホールサイズの両方を販売しています。

今回は「ノーベイクNYチーズケーキ」とクッキー生地にチョコレートを使った「ノーベイクNYチョコクッキーチーズケーキ」の2つを購入しました。

焼いていないニューヨークチーズケーキ

ニューヨークチーズケーキといえばベイクドタイプが一般的ですが、こちらは「ノーベイク」、つまり焼いてないニューヨークチーズケーキです。日本では珍しいですが、お店の説明書きによれば、ニューヨークでは定番だそうです。

※ニューヨークチーズケーキについては以下のページで詳しく解説しています

ちなみに焼いていないチーズケーキは、日本では「レアチーズケーキ」と呼ばれています。しかしレアは和製英語です。英語では焼いていないチーズケーキは「ノーベイク(No-Bake)」と呼ばれています。

オーブンニューヨークはニューヨークの古典的な菓子ということで、表記も本場です。これまで色々なお店のチーズケーキを食べてきましたが、レアチーズケーキを「ノーベイク」として、本場の呼び名で販売している店は初めてです。

そろそろ「レア」という謎の呼び名ではなく、「ノーベイク」が一般的になってもいいのではと個人的には思っています。

もっちりした食べごたえのあるニューヨークチーズケーキ

前述のとおり、クッキー生地タイプと、チョコレートクッキー生地タイプの2つがありますが、なかのチーズケーキはおそらく同じです。

クッキー生地は見た目に反してほろほろ系です。ザクザク、サクサクではありません。スプーンでも食べられるくらいです。チョコレートクッキーも同じような質感です。

チーズケーキの生地の質感は、むっちりした感じです。やはりレアチーズケーキなので、粉感がなく、口溶けがいいです。一方でこれまで食べたどのレアチーズケーキよりも、むっちりと弾力があって、食べごたえがあります。

レアチーズケーキは、ムースやクリームのような柔らかくてふわふわしたものが多くあります。そういったレアチーズケーキが良いレアチーズケーキであるとされているふしもあります。

一方で、オーブンニューヨークはそういった主流のレアチーズケーキとはまた違う魅力があります。こんなチーズケーキは初めてです。

またバニラやサワークリームの心地よい風味が際立っています。濃厚さとねっとり感がある一方で、爽やかさもあり、とてもバランスが取れています。とてもレベルが高いチーズケーキです。

詳細情報・店舗情報

値段1カット500円~
ホール2400円
購入方法店頭にて
一部の焼き菓子は三越伊勢丹のオンラインストアで購入できます
備考チョコクッキータイプは季節限定とのこと

公式サイトや各種検索

営業時間
※営業時間は変更になる場合があります。
公式サイトやお店のSNSなども併せて確認しておくことをおおすすめします。
公式サイトなどお店の公式サイト
Googleマップ(地図だけなく、口コミやメニューが閲覧できます)
お店のInstagram(商品のラインナップがわかります)
三越伊勢丹公式オンラインストア
その他食べログ(商品のラインナップや口コミが閲覧できます)
Instagramで「オーブンニューヨーク」を検索
Googleで「オーブンニューヨーク」を検索

※オーブンNYが紹介されているページ
ショコラティエ・江口和明の手がけるN.Y.焼き菓子専門店 「OVEN.Y.」 が12月2日、伊勢丹新宿店にオープン Prtimes

その他、当ブログの関連記事

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューがリニューアルし、紹介しているチーズケーキがなくなっている場合もあります。利用する際は公式サイトやお店のSNSで最新情報を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク
フォロー
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

お問い合わせは下記のページのお問い合わせフォームよりいただければと思います。
当サイトについて / 問い合わせ

その他SNSなど
https://linktr.ee/kanazawa.syoku

フォロー
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました