-Ads-
チェーン系洋菓子屋

【PABLO(パブロ)】のバスクチーズケーキ|ぶわーーっと押し寄せるクリームチーズのうまみがたまらない

パブロ バスクチーズケーキチェーン系洋菓子屋

全国に店舗を展開し、チーズタルトの代名詞ともいえるお店「PABLO(パブロ)」。

そんな大手のパブロが満を持してバスクチーズケーキの販売をはじめました。

あの大手パブロのバスクチーズケーキ。いったいどんな仕上がりなのか。

実際に食べてきたので紹介します。

-Ads-

「PABLO(パブロ)」のバスクチーズケーキを食べて

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (7)

こちらがパブロのバスクチーズケーキ。

なにやら凝ったデザインの箱に入っていますね。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (9)

開けてみると、ほんのり焼き色がついた、バスクチーズケーキが姿をみせます。

バスクチーズケーキといえば、表面をまっ黒になるまで焼いてしまうのがほとんど。

他店のバスクチーズケーキとの比較。表面をまっ黒になるまでに焼くお店が多い。

もちろんパブロのように淡い焼色にしておくお店もある。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (11)
Pablo(パブロ)のバスクチーズケーキ

しかしパブロは、まっ黒にするのではなく、淡い色。

なんともおいしそう。

新手の飯テロか。

「はやく食べたい」「そのバスクを胃袋に納めたい」

カメラ片手に食欲が爆発します。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (12)

ちなみにこのバスクチーズケーキ、側面の型紙を簡単にはがせるようになっています。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (17)

ペリペリっと簡単にはがせるようになっています。

さすが大手パブロ。

細かいところにまで配慮を感じます。

色んなお店でチーズケーキを買いましたが、こんな配慮があるのは初めてです。

断面がすでにクリーミー

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (18)

切り分けてみると、クリーミーな断面が姿を見せます。

バスクチーズケーキ特有の半生状態の中身。

その見た目だけで、とろけるような舌触りが伝わるようです。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (23)

「やわらかい」というレベルではない、とろけ具合

それでは一口。

口にいれるとバスクチーズケーキさんが舌の上でとろけます。

やわらかいというそういうレベルではない。

もう、とろっとろなのです。

たとえるならカスタードクリーム。

もうその口溶け、舌触りはたまらない。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (22)

一応自立していますが、

とろとろがゆえに

「立っているのがやっと」

という状態なのではないかと思います。

ダムの放水のごとく押し寄せるクリームチーズの濃厚さ

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (26)

舌でとろけるバスクチーズケーキ。

と同時に押し寄せるのは、クリームチーズの濃厚さ。

「どばーー」「ぶわーー」

なんでもいいです。

とにかく咀嚼した瞬間、いっきょに濃厚な甘みが口に充満していくのです。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (20)

そのスーピード、そして重さといったら。

ちなみにこのバスクチーズケーキは、クリームチーズを全体の40%も使用しているとのこと。

だからここまで重厚感のある食感にできるのでしょうか。

いずれによせ、さすが全国展開するマンモスチーズタルト屋、パブロです。

妥協がありません。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (24)

ちなみにこのバスクチーズケーキ、温度によって食感がだいぶちがいます。

常温に戻してから食べる場合と、冷蔵庫から出してすぐに食べる場合とで、その固さが全然ちがうのです。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (21)

常温に戻すとふんわりしていて、フレンチトーストのような食感を楽しめます。

一方、冷蔵庫から出してすぐに食べる場合は、濃厚なニューヨークチーズに近い、ねっとりした食感になります。

ぜひ食べて比べてみてください。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (13)

味や食感などの分析

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (19)

チーズケーキの食感

ねっとり感★★★☆☆
もふもふ★☆☆☆☆
クリーミー感★★★★☆
ぷるぷる感★☆☆☆☆
その他冷蔵庫から出してすぐに食べる場合と、常温に戻してから食べる場合とで、結構食感が変わります。とろとろが好きな方は、常温に戻してから食べるのがおすすめ。

チーズケーキの味

甘み★★★★☆
酸味★☆☆☆☆
塩味★★☆☆☆
コク★★★☆☆
その他甘さのなかに若干の塩気がある味わいです。

「PABLO(パブロ)」のバスクチーズケーキの値段やカロリー、日持ち、保存方法など

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (8)
メニュー名バスクチーズケーキ
サイズ直径13cm(4人でちょうどいいくらい)
カロリー約1,314kcal
値段907円(税別)
日持ち・保存方法日持ち:販売日含めて2日
保存方法: 冷蔵庫(10℃以下)に保存

コクのあるクリームチーズや卵、北海道産 生クリームなどをあわせて焼き上げました。 クリームチーズを全体の約40%も使用し じっくりと時間をかけて焼き上げている為、 外側はこんがりベイクドテイスト、 中は濃厚なチーズのなめらかで とろふわな食感をご堪能いただけます。

パブロ公式メニュー説明文より
-Ads-

「PABLO(パブロ)」について(店内様子やメニューについて)

pabloパブロ 新橋ウイング店 外観 (6)

「PABLO(パブロ)」は全国に出店しているチーズタルト専門店です。

今回のバスクチーズケーキは、全国に店舗がありますが、すべての店舗でバスクチーズケーキを販売しているわけではありません。

バスクチーズケーキ以外にも、いろいろなサイズのチーズタルトを販売しています。

Pablo(パブロ)バスクチーズケーキ (3)

ちなみに以前は、チーズタルトと、パイをいただきました。

「Pablo mini」という手のひらサイズのチーズタルトもあってこちらもかなりおいしいです。

他にも当サイトでは色々なお店のバスクチーズケーキを紹介しています。以下のページでまとめて紹介しているので、ぜひご覧いただければと思います。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました