【PABLO(パブロ)】のPABLO mini プレーンとパリパリとろけるパブロパイ

PABLO PABLOminiプレーン (2)PABLO(パブロ)
※羽田空港店で購入

焼き加減を選べるチーズタルトとして、人気のお店「PABLO」。

大きいサイズのチーズタルトが有名ですが、実はポケットサイズのチーズタルトもあります。

それが、「PABLO mini プレーン」です。

手軽に食べられるサイズのチーズタルトといえば、「BAKE CHEESE TART」が有名です。

ここでは「PABLO mini プレーン」について、「BAKE CHEESE TART」との違いに言及しながら紹介します。

その他、PABLOで販売されている、「パリパリとろけるパブロパイ チーズタルト味」についても紹介します。

PABLO miniプレーン

PABLO PABLOminiプレーン (5)
※秋葉原店で購入

PABLO特有のクリーム色の表面をしたチーズタルト。

とてもきれいな焼き色をしており、「美味しい……そんなことは食べなくてもわかる!」そんな外見をしております。

公式サイトのメニュー説明には、

サクサク食感のタルトにクリーミーなチーズ生地を流し込み、ほんのりこげ目がつくまで焼き上げました。口当たりがよく、なめらかな味わいが口いっぱいに広がります。手軽にサクっと食べやすいチーズタルトです。

※公式サイトより

特にツッコミどころはないのですが、クリームミーでなめらかな口当たりであることは伝わってきます。

ザクザクしたタルトの食感とクリームチーズの風味が格別

PABLO PABLOminiプレーン (6)秋葉原店で購入
PABLO PABLOminiプレーン (6)秋葉原店で購入

まず口に入れると、まろやかで甘いチーズの風味が広があります。

メニューの説明の通り、なめらかな口当たり。

その口当たりにタルトのザクザクと愉快な食感が合わさります。

タルト生地は、ハードタイプでザクザクした食感を存分に堪能できます。

時々しっとりしたタイプのタルト生地を使うお店がありますが、やはりザクザクしている方がチーズタルトには合っているような気がします。

ザクザクした食感の中に甘いチーズの風味が加わり、「これぞチーズタルト! だからこそチーズタルトはうまい!」といった、チーズタルトの魅力を再認識させてくれるチータルトです。

PABLO PABLOminiプレーン (1)


「BAKE CHEESE TART」よりは、中のクリームチーズが甘い印象でしょうか。

タルトのザクザク感は、PABLOもBAKEも同じくらいですが、若干味に違いがあります。

どちらも200円ながらハイクオリティなのですが、個人的にはBAKEのチーズタルトの方が好きです。

BAKEの方がチーズのコクを感じられたような気がします。

ちなみにこちらのチーズタルトは、羽田空港店で購入したものなのですが、若干色合いが違います。

PABLO PABLOminiプレーン (2)
※羽田空港店で購入

味の違いはありませんでした。

「PABLO miniプレーン」のカロリー、値段、日持ちについて

PABLO PABLOminiプレーン (3)
タイプチーズタルト
値段200円(税別)
カロリー約205kcal
日持ち賞味期限

パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味

PABLO パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味 (2)


続いては、PABLOが販売している、チーズタルト味のパイです。

「チーズタルト味のパイといったどんな味なのか?」

そんな疑問もあると思います。

まずは公式サイトの説明から。

288層から成るパブロのオリジナルパイに奄美諸島産サトウキビを使用した素焚糖(すだきとう)を含むブレンドシュガーを表面に重ねてじっくりと焼き上げ、パリパリ食感に仕上げました。

パイの中にはパブロのチーズタルトと同じクリームチーズに生乳カスタードを合わせた濃厚チーズクリームとアプリコットジャムをたっぷり詰め込んでおり、とろける食感をお楽しみいただけます。

※公式サイトより

  • 288層から成るパイ
  • 奄美諸島産のサトウキビ
  • パブロのクリームチーズ
  • アプリコットジャム

アピールポイントが多い、チーズパイではありますが、これまでにない感動体験ができることは間違いありません。

全身で感じる288層のサクサク食感!

fix PABLO パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味 (1)


まず口に入れるとパイのサクサクした食感をこれでもかというほどに楽しめます。

どんな感じか?

それは「サクッ」などというありきたりな音ではありません。

サッッサクッ、、、サクサクサクサクサク!!!

という感じで、288層が崩れる振動が歯から脳、そして全身に伝わるような感じです。

もうサクサクしすぎて、パイの破片をこぼさずに食べるのは不可能といえるほど。

アプリコットジャムがいいアクセント!

PABLO パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味 (3)

そのサクサクサクサクした食感の次に訪れるのは、濃厚な、それはそれは濃厚なチーズクリームが入ったカスタードの口どけです。

とろっと、クリーミーにとろけるそのチーズクリームも入りカスタード。幸福の象徴なのではないかというほどやわらかく優しく、私は包みます。

二口目にはさらに別の味が加わります。そう、アプリコットジャムの味です。

甘くて若干の酸味を感じるアプリコットジャムの味は、カスタードのクリームも味を引き締める役割をしています。

バターの風味がふわっと香るパイの甘み。

チーズの風味がただようカスタードクリームもやわらかい甘み。

キリっとしまるアプリコットの甘み。

この3つのタイプの甘みは、完璧にバランスが取れており、すべての素材がすべての味を引き立て合っています。

そして3口食べると、そこはもう極上。食べる人間を一直線に至福へと誘うのです。

気づくともうパイは最後の一口。

名残惜しく切ない、しかし至福であることは間違いない。

そんな切ないハッピーエンドを演出してくれるパイです。

「パリパリとろけるパブロパイチーズタルト味」のカロリー、値段、日持ちについて

タイプチーズタルト味のパイ
値段200円(税別)
カロリー約338kcal
賞味期限販売日含めて3日

パリパリとろけるパブロパイ チーズタルト味 公式サイト詳細ページ

PABLO miniさくらもち【季節限定 現在は販売なし】

PABLOPABLOminiさくらもち (1)
※秋葉原店で購入

季節限定ではありますが、「PABLO miniさくらもち」についても紹介します。

まずは公式サイトのメニュー説明から。

サクサク食感のチーズタルトの上にもっちりとやわらかな求肥、春の香りを上品に仕上げた桜の葉が入った桜あんをたっぷりとあしらいました。

一口頬張ると可憐な桜の香りが広がり、もちもち食感の求肥とチーズタルトのまろやかなコクがまるでさくらもちのような味わいです。

見た目も華やかな春の訪れを感じられるチーズタルトです。

※公式サイト

簡単に説明するならば、さくらもちが乗ったチーズタルトです。

「ああなるほど、さくらもちが乗ったチーズタルトね」と納得してしまうかもしれませんが、考えてみてください。

さくらもちが乗ったチーズタルトがこれまでにあったでしょうか。

他で販売されているでしょうか。

チョコや抹茶を使ったチーズタルトは、よくある組み合わせですが、さくらもちとチーズタルトの組み合わせなど、これまで見たことがありません。

そもそもさくらもちとクッキーという組み合わせが異例です。

さくらもちと、タルトのクッキーとコラボしているだけでも珍しいわけです。それどころかチーズタルトとのコラボ。

色んな味がシンクロしたチーズタルト

PABLOPABLOminiさくらもち (3)
※秋葉原店で購入

いざ実食。一口。タルト生地と上部に乗ったさくらもち、内部のクリームチーズを一色にいただきます。

まず感じられるのは、桜の上品な風味とあんこのねっとりした食感。

その後にくるのは、しっとり口どける甘いチーズの風味があり、さらにタルト生地のクッキー的甘みが、口に中に届きます。

それらすべての風味、味、食感は独立しているというわけではありません。

  • あんこのねっとり感
  • チーズのしっとり感
  • タルトのザクザク感

3種類すべての食感は絶妙なバランスで混ざり合い、相互を補完し合い、引き立て合い、シンクロしているのです。

それらすべてが「PABLO miniさくらもち」という完璧なスイーツを作り上げています。

これはまさに芸術。

正直、さくらもちとチーズタルトの組み合わせをこれまで見た経験がなかったので、桜の風味とチームタルトは合わないのではないかと思っていました。

しかし、さすがチーズタルト専門店の「PABLO」です。

一見合わないように見える、さくらもちとチーズタルトを見事一致させ、そして芸術的ともいえるスイーツを完成させました。

「PABLO miniさくらもち」は、季節限定商品なのが残念すぎるといえるほど。

しかしここまで完成度の高い商品を開発した「PABLO」です。これからも手軽に芸術的にスイーツを堪能できる商品を開発してくれるでしょう。

「PABLO miniさくらもち」のカロリー、値段、日持ちについて

タイプチーズタルト
値段278円(税別)
カロリー約221kcal
賞味期限販売日含めて3日

PABLOについて

今回紹介したチーズタルト以外にも、「PABLO」では大きいタイプのチーズタルトや「ショコラとフランボワーズのチーズタルト」、「パブロのチーズタルト トリプルチョコバナナ」も販売しています。

タルト以外では、ミルフィーユやチーズプリン、飲むチーズタルトである「パブロスムージー」といった商品も。

PABLOの商品一覧ページ

パブロの店舗は現在全国にあります。チーズタルトといえば、というお店なので、絶対に一度は食べるべきです。

イートイン、カフェ併設の店舗もある

PABLO 羽田空港第一ターミナル店
PABLO 羽田空港第一ターミナル店

「PABLO」は店頭販売のみの店舗が大半ですが、一部にはイートインスペースやカフェ併設の店舗もあります。

カフェ限定のオリジナルメニューもあるみたいです。

その他、おすすめのチーズタルト

BAKE CHEESE TARTのチーズタルト

個人的にかなり好きなチーズタルトのお店「BAKE CHEESE TART」。

とろっとしたチーズクリームとザクザクしたタルトがベストマッチの一品級のチーズタルトを堪能できます。

トリアノンのロイヤルチーズケーキ

高円寺、三鷹、大久保に店舗を持つ老舗ケーキ屋トリアノンのロイヤルチーズケーキもおすすめの1つ。

サワークリームを使用したレアチーズタルトは、大人な味。ザクザクしたタルト生地とも相性がよく至福のひと時を演出してくれます。

※他にも本ブログでは、たくさんのチーズタルトを紹介しています。以下のページでまとめているのでご覧いただければと思います。

チーズタルトの記事一覧

カフェや喫茶店、ケーキ屋のチーズタルト、コンビニのチーズタルトを一覧で確認できます。

タイトルとURLをコピーしました