MENU
カテゴリー

チーズタルト専門店【BAKE CHEESE TART】の看板商品「焼き立てチーズタルト」を実食、その魅力について詳しく紹介

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (11)チーズタルト

チーズタルトといえばこのお店「ベイクチーズタルト」。

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】

はじめてのここのチーズタルトを食べたときは言葉を失うほどの衝撃を受けたものです。数々のチーズタルトを食べた今でも、ここのチーズタルトは筆者のチーズタルト部門NO.1のお店です。それだけでここのチーズタルトは別格な味であり、「食べずにこの世を去るなんてもったいない」といえるほど。

「いったいこのチーズタルトの何がそんなにすごいのか?」

ここでは精一杯、紹介できればと思います。ちなみにお店の名前が「ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)」であるため、「ベイクチーズタルトのチーズタルト」といったまどろっこしい言い方をしている部分がありますがご了承を。

目次

BAKE CHEESE TARTのチーズタルトについて食べた感想

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (10)チーズタルト

やはり絶品のチーズタルト

エッグタルトのようなプルプルした質感、おいしそうな焼き色をしたタルト。こんなおいしそうな色をしたチーズタルトは、他ではなかなかみかけません。

見た目の時点で反則級。工場一体の店舗だけあります。またポケットサイズのタルトなのも大きな評価ポイントです。なぜなら個人的に大好きなタルトの縁の部分を存分に楽しめるから。(ふちの部分はもっともザクザクしていてやみつきになる)

3種類のチーズを使ったクリームチーズ

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (9)チーズタルト


思い切りかぶりつくと、ザクザクしたタルトの食感と、とろっとしたチーズムースの融合を堪能できます。なめらかな口当たり。酸味、しょっぱさ、甘さもがバランスよく溶け合う中央のムースは、3種類のチーズを使ったオリジナルのクリームチーズを使っているとのこと。

円盤形の“焼きたてチーズタルト”の中には、たっぷりとチーズクリームが入っています。タルトに使われているチーズは3種類。

軽い風味が特徴の北海道・函館産
コクが特徴の北海道・別海産
そして塩気が強いフランス産のチーズを贅沢に使用しています。

※出典:「BAKE CHEESE TART(ベイクチーズタルト)」って知ってる?

二度焼きをしたタルト生地

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (11)チーズタルト


またタルトは一品級のものです。甘いものが好きなら、タルト生地だけでも十分に満足できてしまうというほど、タルトのクオリティも高いのです。公式サイトによると、「ベイクチーズタルト」のタルト生地は、二度焼きをしているそうです。

サクサクの理由は、「2度焼き」だから。オリジナルブレンドの小麦粉でつくるタルト生地は、クッキーの状態で1度焼き、ムースを入れてからもう1度焼き上げています。

※出典:ベイク公式サイト

タルト生地という単なる土台にも妥協がありません。

タルトとムースが完全一致したチーズタルト

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (6)


チーズタルトのために作られたタルト生地。タルト生地のために作られたチーズムース。どちらも完全にお互いを引き立てあい、完全一致しているのです。こだわり抜いたチーズムースに、タルト生地のザクザクが加わる食感・味に「これぞチーズタルト!」とつい感嘆してしまうはず。

私は食レポをするときは、できるだけ「おいしい」という言葉を使わないようにしています。なぜならチーズスイーツがおいしいのは当然だから。わざわざ「おいしい」などと書かなくても、おいしいのはわかっているのです。

僕が伝えたいのは「おいしい」などという当たり前のことではなく、そのチーズスイーツの食感や味、手の混んだ作り、他店との違いなどです。しかし、「ベイクチーズタルト」のチーズタルトは別。本当においしい。語彙力がなくなるほどおいしい。

ということで、つい「おいしい」というレビューを書いてしまうほど、おいしいチーズタルトということです。

【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (4)

値段や賞味期限、購入方法

商品名チーズタルト
タイプチーズタルト
値段1個 216円
6個 1242円
賞味期限店側はできるだけ早く食べることをおすすめしています。

ただし冷蔵だと4日は持つそうです。個人的には買った直後がトロトロで一番おいしいのではないかと思っています。

購入方法店舗、もしくは公式オンラインショップで購入可能。
公式サイト
店舗一覧


BAKE公式オンラインストア(アフィリエイトリンク)
楽天市場 BAKE the ONLINE(アフィリエイトリンク)

BAKEの季節限定チーズタルト

BAKEは先に紹介したチーズタルトだけでなく、季節限定のチーズタルトも販売しています。

BAKE CHEESE TART「焼きたてチーズタルト 紫芋」 (3)
紫芋 2023年10月
BAKE CHEESE TART「焼きたてチーズタルト 安納芋スイートポテ」 (6)
安納芋スイートポテト 2023年10月
BAKEのチーズタルト「モンブラン」 (2)
モンブラン 2023年10月
BAKEのチーズタルト「モンブランとゴルゴンゾーラ」 (3)
ゴルゴンゾーラ 2023年10月
BAKE ひとつぶ栗のモンブランチーズタルト (4)
ひとつぶ栗のモンブランチーズタルト(2021年秋)
Bake cheese tart モンブランチーズタルト (3)
モンブランチーズタルト(2020年9月)
【ベイクチーズタルト(BAKE CHEESE TART)】 (10)あまおう苺 チーズタルト
あまおう苺チーズタルト(2019年2月)

お店について(BAKEの運営会社や会社の歴史など)


店舗は現在、日本全国にあります。また自由が丘店のみ、イートインスペースもあり、コーヒーと一緒にチーズタルトを堪能できます。しかも店内はかなりオシャレというか、かっこいい!

その他、ソフトクリームが販売しているお店もあります。(ベイク 店舗一覧ページ)

自由が丘に店舗ができた当初は行列で、なかなか買えなかったベイクのチーズタルト。最近では、店舗も増えたので、どの店舗でも少し並ぶくらいで、購入できるようになりました。二口、三口くらいで食べられるチーズタルトです。絶対に一度は食べてもらいたいと思います。クレープやたい焼き、タピオカドリンクよりもチーズタルトをぜひ。

「ベイクチーズタルト」を運営する株式会社BAKEについて


ちなみに「ベイクチーズタルト」を運営する株式会社BAKEは、他にも、

株式会社BAKEの代表は、北海道の洋菓子屋の御曹司

株式会社BAKEを立ち上げた代表の長沼は、北海道の洋菓子屋「きのとや」の御曹司。現在のチーズタルトが生まれたのは、「きのとや」の「冷凍チーズタルト」を、鉄板の上に並べて販売したのがきっかけだそうです。1日50個売り上げるのが精一杯だったチーズタルトが、鉄板に並べたら大ヒットしたそうで、それが現在の「ベイクチーズタルト」の販売スタイルにも生きているとのこと。

※参考:お菓子のスタートアップ・BAKEを立ち上げて丸2年。1人から120人に増えたBAKEのこれまでと、今後のミッション(長沼真太郎)

その他関連記事

あわせて読みたい
チーズタルト専門店【BAKE】のチーズテリーヌを購入・実食レポ 今回紹介するのは、焼き立てチーズタルト専門店として知られる「BAKE CHEESE TART」が販売しているチーズテリーヌの「THE CHEESE TERRINE」です。 チーズテリーヌは2019...
あわせて読みたい
【THE CHEESE SOUFFLE by BAKE CHEESE TART】焼き立てチーズタルト専門店のチーズスフレを実食 ※2023年10月現在こちらのチーズスフレは販売されていないようです。 焼き立てチーズタルトでも有名な「BAKE CHEESE TART」から新たにチーズスフレが発売された。名前は...
あわせて読みたい
チーズワンダー(ユートピアアグリカルチャー)を購入、食べた感想|人気のお取り寄せチーズケーキの魅... ユートピアアグリカルチャーが販売している「CHEESE WONDER(チーズワンダー)」を実際に購入してみました。 商品の大きさや食べた感想などを紹介します。 またページ後...
あわせて読みたい
東京・高円寺【トリアノン】スフレチーズケーキ/ロイヤルチーズケーキについてと、トリアノン高円寺店の... 今回は、1960年創業の老舗洋菓子店「トリアノン」から、 スフレチーズケーキ ロイヤルチーズケーキ(チーズタルト) の2つのチーズケーキを紹介します。ちなみに「トリ...

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。

※本サイトの掲載内容(文章、画像、映像)の一部および全てについて、事前の許諾なく無断で複製、複写、転載、転用、編集、改変、販売、送信、放送、配布、貸与、翻訳、変造などの二次利用を固く禁じます。

目次