MENU
カテゴリー

【ローソン】カスタードとチーズケーキの融合を楽しめる「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」を実食

ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (8)

ローソンが2023年1月17日販売開始した「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」を紹介します。

ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (3)
ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (5)
ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (5)
ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (5)

一見、層構造のないシンプルなチーズケーキにみえますが、実は3層構造になっています。一番上、表面がチーズケーキ、その下にカスタードクリームのようなもう層があり、一番下はスポンジの層です。

ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」

チーズケーキの部分は、どちらかといえばスフレ系で、ふわっとした質感です。

またカスタードには「プレミアムエッグ」という卵を使っているそうです。ローソンはこの卵を使った商品を過去にも販売していました。ただし、「プレミアムエッグ」がいったいどういった卵なのか、その詳しい説明は見当たりません。

目次

2022年9月の濃厚チーズケーキから早くもスタンダードタイプのチーズケーキ

この普通のタイプのチーズケーキをローソンは半年前から販売しています。大ヒットしたバスクチーズケーキの販売を止め、その代替商品、つまり大ヒットを狙ったスイーツとして販売したのが「濃厚生チーズケーキ」です。

ローソン「濃厚生チーズケーキ」 (2)
あわせて読みたい
【ローソン】濃厚生チーズケーキについて|バスチーとの比較、商品名や味の考察など ローソンは2022年9月26日に「濃厚生チーズケーキ」を販売しました。 食品産業新聞社の記事によれば、今回の「濃厚生チーズケーキ」の開発には、バスチーを開発した人が...

この商品は年明けの人気テレビ番組で紹介され、かなり注目を浴びました。その際、開発部の人たちが出演し、この商品に対する思い入れを紹介していました。かなり力を入れて開発した商品のようだったので、スタンダードタイプのチーズケーキは、しばらくは濃厚生チーズケーキだけを販売していくのかと思っていましたが、意外にも早く、今回のような普通のタイプのチーズケーキが販売されました(濃厚生チーズケーキは現在でも販売されています)。

余談ですが、濃厚生チーズケーキはバスチーの後継というわりには、それほど話題になっていないように思います。また口コミサイトでも賛否がはっきり分かれているようです(濃厚生チーズケーキの口コミ・もぐナビ)。

コンビニスイーツ好きにバッチリ刺さる味

今回のチーズケーキは非常に分かりやすい味です。コンビニスイーツを日常的に購入する人たちを意識した商品であるように思います。

ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (8)
ローソン「ふわとろ生カスタードチーズケーキ」 (8)

カスタードクリーム、そしてチーズケーキはしっとりとろとろ食感です。全体的にはカスタードクリームの、甘みと卵のまろやかなコクを存分に楽しめます。さらにその中に、程よい具合にチーズケーキの酸味、塩味のようなものが混ざっており、立体感のある味になっています。

またクセや複雑な酸味はありません。分かりやすい味、別の言い方をすればマスに刺さるであろう大衆系の味です。チーズケーキやシュークリーム、プリンといった卵、乳製品が主体のスイーツが好きな方であれば、高確率で美味しいと感じるはず。楽しさ、美味しさ、目新しさを感じられるコンビニスイーツのあるべき姿を追求した商品なのではないでしょうか。

詳細情報

その他の関連記事

チーズケークス - cheesecakes
ローソンのチーズケーキ一覧まとめ ローソンのチーズケーキ・チーズスイーツを一覧でまとめています。新商品から過去に販売された懐かしのチーズケーキまで紹介しています。各チーズケーキの詳細は、個別のペ...

同じくカスタードを使ったチーズケーキを販売している洋菓子屋があります。東京、西葛西のラピュタという店です。こちらのチーズケーキは筆者のおすすめでもあります。取り寄せも可能なのでぜひ一度食べてみてください。

あわせて読みたい
東京・西葛西【パティスリールラピュタ】の東京フロマージュ、バスクチーズケーキ、レアチーズ実食レポ... 今回紹介するのは、江戸川区・西葛西にある洋菓子屋の「パティスリールラピュタ」です。 テレビ番組にも登場したことがあるこちらのお店は、チーズケーキの種類が豊富で...

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。

目次