西葛西【パティスリールラピュタ】の東京フロマージュ、バスクチーズケーキ、レアチーズ実食レポ|チーズのプロがつくる絶品チーズケーキ

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のレアチーズケーキ (3)個人店の洋菓子屋

今回紹介するのは、江戸川区・西葛西にある洋菓子屋の「パティスリールラピュタ」です。

テレビ番組にも登場したことがあるこちらのお店は、チーズケーキの種類が豊富です。

スポンサーリンク

パティスリールラピュタとは?

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」 (7)

パティスリールラピュタは西葛西駅から徒歩5分の洋菓子屋です。

駅の北西側、船堀街道沿いにあるお店で、1999年にオープンしました。

洋菓子屋としては珍しいチーズケーキが豊富な店

チョコレート系のケーキやモンブランなど、様々な生菓子、焼菓子を揃える総合的な洋菓子屋なのですが、なかでも豊富なのがチーズケーキです。

大人のチーズケーキは6種類。訪問時はほとんど売り切れ

ベイクドチーズケーキとバスクチーズケーキ、レアチーズケーキの他、「ワインと楽しむ大人のためのチーズケーキ」というキャッチフレーズの、ゴルゴンゾーラやカマンベールを使ったチーズケーキがあります。

ちなみにケーキのラインナップはお店の公式サイトやInstagramで紹介されています。

1人前サイズのチーズケーキの種類は9種類ほどあります。またレアチーズケーキはデコレーションしたホールケーキもあります。

パティスリーと呼ばれるような洋菓子屋をこれまで100軒以上は訪問してきましたが、ここまでチーズケーキの種類が豊富な店は珍しいです。個人系の洋菓子屋ならチーズケーキは多くても3種類です。

しかしルラピュタは、レアやベイクドだけでなく、ゴルゴンゾーラやゴーダなどチーズの種類ごとにチーズケーキがあります。チーズケーキ専門店なのかと思うラインナップです。

シェフはチーズソムリエ

公式サイトによれば、ラピュタのシェフである河田さんはチーズの魅力にはまり、色々なチーズケーキを作るようになりました。チーズソムリエ(日本チーズアートフロマジェ協会(CAFAJ)認定 フロマジェ)の資格も保有しているそうです。

チーズを店内で熟成させ、その度合いによってチーズケーキを作りわけています。ラピュタでは、チーズのプロが作るチーズケーキが食べられるのです。

多数のメディアで紹介された実績も

それほど有名な店ではありませんが、「大人のチーズケーキ」は独創的なチーズケーキとして様々なメディアで紹介された実績があります。

過去にはテレビ番組の『アド街ック天国』や『ノンストップ』、製菓事業者向けの雑誌『カフェ・スイーツvol.201』など、多数のメディアで紹介されています。さらにいえば『おもたせしました。』という漫画でも紹介されているそうです。

まさかこんなに有名なお店だと知りませんでした。

そんなラピュタで、今回は東京フロマージュとバスクチーズケーキ、レアチーズを購入しました。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (2)
スポンサーリンク

東京フロマージュ

まずは「東京フロマージュ」というベイクドチーズケーキから紹介します。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (4)
西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (5)

2種類のクリームチーズとたっぷりのカスタードを使ったチーズケーキです。公式サイトには一番の売れ筋だと紹介されていました。

「東京」を冠したチーズケーキですから、東京を代表するチーズケーキを目指しているということでしょう。個人的には東京代表するチーズケーキになれるくらいレベルが高いと思います。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (3)

3層構造になっていて、上がカスタードクリーム、中間がベイクドチーズケーキ、一番下にクッキー生地です。

カスタードを使ったチーズケーキは非常に珍しいです。合わないことはないと思うのですが、ほとんどみたことがありません。

そしてこれがとても美味しいです。

クリームチーズの美味しさをはっきり感じる

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (10)

カスタードクリームのまろやかな甘味とクリームチーズの旨味。そしてクッキー生地のザクザク感がマッチしています。

何より目を見張るのが、クリームチーズそのものの美味しさを感じられることです。

チーズケーキも主な材料はクリームチーズですが、生クリームやサワークリームなど他の材料も多くなるため、意外とチーズの味はあまり感じられない場合があります。

しかしこの東京フロマージュは、しっかりクリームチーズの味を感じます。しかもそれが美味しいのです。まさに本当のチーズケーキ。チーズを知り尽くしているチーズのプロだからこそできる芸当です。

絶対に食べるべき一品です。

この東京フロマージュは、ホイールサイズであればオンラインショップで購入できるようです。4号で2400円です。

公式オンラインショップ

スポンサーリンク

バスクチーズケーキ

続いてはバスクチーズケーキです。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (8)
西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (8)
西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (8)

バスクチーズケーキは2018年頃から日本で見られるようになったもので、スペインのバスク地方と呼ばれる地域で見られるベイクドチーズケーキです。最近は定着し、カフェや洋菓子屋などあらゆる場所で見られるようになりました。

参考:バスクチーズケーキとは何か? 歴史、名前の由来、ブームになった理由などを解説

クリームのような口どけと上品な風味に感動する

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (8)

こちらはとろとろで、まずその質感に驚かされます。自立しているのに、口のなかにいれるとなかぜかクリームのように溶けていくのです。

また味が個性的です。

公式サイトの説明には何も書かれていませんが、クリームチーズや生クリーム、などの一般的な材料だけでは出せない、何かの風味があります。おそらく風味づけに何か使っているのでしょう。上品で個性的な風味があります。

正直、こんなバスクチーズケーキは初めてです。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のバスクチーズケーキと東京フロマージュ (8)

最近はどこも同じようなバスクチーズケーキばかりで飽き飽きしていたのですが、ルラピュタのバスクチーズケーキを食べてハッとされました。「まだまだバスクチーズケーキは可能性がある」とそうな風に思わせてくれる、唯一無二性を感じるバスクチーズケーキでした。

決してインスタ映えするようなものではありませんが、そのなかには工夫と可能性が込められています。誰がも食べるべきバスクチーズケーキです。

スポンサーリンク

レアチーズ

続いては「レアチーズ」という商品です。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のレアチーズケーキ (8)

ドーム状にすることで、他の華やかなケーキと並んでも疎遠にないように工夫しています。

ドームの中にはスポンジとレアチーズが層のように重なっており、口にいれた時にちょっとした感動が起こるような工夫もあります。

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のレアチーズケーキ (6)
西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のレアチーズケーキ (7)

酸味が印象的です。西葛西という住宅地にあるケーキ屋だったので、子供でも食べやすいシンプルな味なのかと思っていましたが、意外にも乳製品の酸味をしっかり感じられる上品な味です。それほど甘いものは得意ではないという大人が好みそうです。

スポンジのふわふわした食感と、レアチーズのしっとりした食感がバランス良く溶け合って、咀嚼が気持ちいです。

丁寧な作りであることはもちろんのこと、シェフのこだわりをとてもよく感じられるレアチーズケーキです。

洋菓子屋のレアチーズケーキは面白い

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」のレアチーズケーキ (2)

レアチーズケーキは家で作れるようなシンプルなものでは特別感がありません。ゆえに洋菓子屋は層にしたりドーム状にしたり、工夫がみられます。

以下は他店のレアチーズケーキです。

ベイクドチーズケーキはシンプルなものが多いのですが、一方でレアチーズケーキはどこも装飾に力が入っています。この背景には、ベイクドチーズケーキに比べて加工がしやすいことがあるでしょう。

ちなみにこのようなドーム状のレアチーズケーキは、南千住の「メゾン・スヴニール」という店でもみたことがある。こちらはひよこ型でした。

参考:南千住のメゾン・スヴニールのひよこのレアチーズケーキ

ルラピュタの公式サイトや各種検索

西葛西「パティスリー ル・ラピュタ」 (1)

その他、当ブログの関連記事

その他、東京の美味しいチーズケーキは以下のページでまとめています。

東京のチーズケーキ専門店のまとめもあります。

タイトルとURLをコピーしました