MENU
カテゴリー

【パティシエ・シマ】クレーム・アンジュをお取り寄せ|麹町の名店が販売するフロマージュブランを使ったレアチーズケーキ(クレメ・ダンジュ、クレーム・ダンジュとも)

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
パティシエ・シマ クレームアンジュの写真 (7)

麹町にある超人気のケーキ屋「パティシエ・シマ(パティシエシマ)」には一風変わったチーズケーキがあります。それが「クレーム・アンジュ(クレームアンジュ)」です。

チーズケーキとはいっても、いつものチーズケーキとはちょっと違います。カッテージチーズのような質感をした、焼いていないタイプのチーズデザートです。

目次

パティシエ・シマのクレーム・アンジュ(Creme Anjou)とは?

クレーム・アンジュとは以下の写真のようなスイーツです。

これはフロマージュブランというフレッシュチーズをベースに、生クリームやメレンゲや砂糖を混ぜた後、ふきんでつつみ水分を抜き、その中にフランボワーズソースを入れた生菓子です。

パティシエ・シマの「クレーム・アンジュ(Creme Anjou)」は、「クレメ・ダンジュ(cremet d’anjou)」と呼ばれるフランスの伝統菓子をベースに、パティシエ・シマが独自にアレンジしたスイーツだと考えられます。

フランスの伝統菓子
=クレメ・ダンジュ(cremet d’anjou)

パティシエ・シマ
=クレーム・アンジュ(Creme Anjou)

フランス・アンジュ地方に伝わる伝統菓子クレメ・ダンジュ(cremet d’anjou)をアレンジしたスイーツだと考えられる

クレメ・ダンジュ(Crémet d’Anjou)は、フロマージュブランというフレッシュチーズをベースに、生クリームやメレンゲや砂糖を混ぜた後、ふきんでつつみ、水気を抜いてつくる菓子です。焼かないチーズケーキという意味ではレアチーズケーキの一種といえます。レシピも数多く出回っています。

以下はインスタグラムでみつけたCremet d’Anjouの写真です。特に関係はありませんが紹介します。

クレメ・ダンジュは、フランスのアンジュ地方(Anjou)で1900年頃に生まれたとされています。もともとはフレッシュチーズではなく、生クリームと卵のみで作っていたそうで、フロマージュブランを使うようになったのは、後になってからだそうです。

このクレメ・ダンジュは、1920年頃に活躍したフランスの美食家キュルノンスキーが「神々のごちそうだ!」と絶賛したという有名な話があります。ちなみにこのタイプの菓子にベリーソースを入れたのは、パティシエ・シマのオーナシェフである島田進さんという話があります。それが本記事で紹介している「クレームアンジュ」です。つまりフロマージュブランを使ったチーズムースのなかにベリーソースを入れた商品を最初に開発したのは、島田進さんである可能性があります。詳しいことは現在調査中です。

パティシエシマの「クレメ・ダンジュ(cremet d’anjou)」に近いスイーツを「クレームアンジュ」として販売しています。これは前述の美食家キュルノンスキーに敬意を込めているとも書いてあります。

パティシエ・シマ クレーム・アンジュの写真 (10)

あわせて読みたい
クレームダンジュ、クレメダンジュ(Crémet d’Anjou)とは? 歴史と特徴を解説|クレームダンジュ... たびたび見かけるクレームダンジュ(もしくはクレメダンジュ)とはいったいどんなスイーツなのか? 要点をまとめると以下のとおりになる。 フレッシュチーズとメレンゲ...

【実食レポ】クレーム・アンジュ(Creme Anjou

ここからは食べた感想について紹介します。今回は質感が伝わるように動画も用意したので、興味がある方はぜひご覧ください。

クレーム・アンジュは、ココットのなかに入っています。

ココット(下のカップ)にいれた状態で食べるのが楽ですが、ココットから出してみると全体の形がよくわかります。以下がその様子です。

意外にも自立するぐらいの固さです。

しかしその口当たりはとてもやわらかいです。ホイップクリームよりは弾力がありますが、一般的なレアチーズよりははるかにやわらかいです。

舌にのせたときの軽やかさ、ふわっとした食感には本当に驚かされます。こんなにふわっとしたスイーツがあるのか……と。

ふわふわした質感ですが、味はしっかりしています。コクもある、フレッシュチーズや生クリームなどの風味もしっかりあって、食感の割には食べごたえがあります。

また写真でもわかるとおり、中央にはフラボワーズのソースが入っています。ほどよい酸味がいいアクセントになっており、単調さをまるで感じさせません。

一般的にみられるクリームチーズを使ったレアチーズケーキとはまた違う食感、風味を楽しめるチーズケーキです。

一度は食べてみてもらいたいです。

似たようなレアチーズケーキは、銀のぶどうや成城石井でも

ちなみに同様のスイーツは、「銀のぶどう」という洋菓子屋も販売している「かご盛り白らら」という商品で、2020年にテレビ番組でも紹介されました。

こちらはカッテージチーズで作ったものですが、味や質感は近いです。

その他、成城石井も最近、クレーム・ダンジュという商品を発売し、話題になりました。

ネットで調べてみると、他にも有名な洋菓子屋が同様の商品を販売しているようです。クレームダンジュやクレメ・ダンジュなど呼び方は様々ですが。

2020年はバスクチーズケーキとチーズテリーヌが話題でしたが、2021年はクレーム・ダンジュが流行るのかもしれません。

購入方法、日持ち、値段など

オンラインショップで購入する場合は、パティシエ・シマと提携しているタカナシミルクのサイト、もしくは楽天から可能です。リンクは以下に記載しているので、詳細は以下から確認ください。

値段 オンラインショップ:4080円(4個)
店頭:546円(1個)
カロリー 298kcal(100g)
原材料 フロマージュブラン、生クリーム、砂糖、卵、フランボワーズピューレ、小麦粉、洋酒、レモン果汁
日持ち・消費期限 オンラインショップ:製造日より14日(冷凍)、冷凍便届く、食べる前に冷蔵庫で1時間から2時間解凍する
店頭:当日中

白いガーゼに包まれたフロマージュはふんわりと軽く、濃厚ながらも優しい味わい。 真ん中にはラズベリーソースが染みこんだスポンジを包みました。今やフレッシュチーズのデザートの代表格ともなったこの「クレーム・アンジュ」を考案したのは、実は島田シェフ。
フランスのアンジュ地方のクリームが、美食家キュルノンスキーの「神様のごちそうだ!」との絶賛を受けたおいしさである、というところからイメージして、おいしいデザートとなったということです。
OLさんがおやつに会社で楽しめるよう、ココット仕立てにしたというのもシェフの粋なアイディア。

タカナシミルク、商品説明ページより

パティシエ・シマについて(お店の詳細など)

今回は通販で商品を購入してしまったので、お店の様子などはわかりませんが、わかる範囲でパティシエ・シマの情報を紹介できればと思います。

パティシエ・シマは1998年に麹町にオープンしました。創業者でありオーナーである島田進さんは、三重県から上京した際に、当時オープンしたばかりの六本木の本格フランス菓子店「A.ルコント」に出会って、そこで3年勤務。

「A.ルコント」といえば日本の多くの有名パティシエが影響を受けた店です。ルコントの影響を受けたパティシエの店をルコント系などと呼ぶことすらあります。

「A.ルコント」に勤務した島田さんは、その後、渡仏。フランスの名店「ダロワイヨ」などで修行を積み帰国。

帰国後は一流レストラン「マキシム・ド・パリ」での勤務へて、再び「A.ルコント」に。総製菓長として活躍しました。

そして1988年に麹町に自身の店である「パティシエ・シマ」をオープンさせました。

2005年にはフランスの菓子文化、食文化を日本人に伝えことが高く評価され、フランス政府から農事功労章シュバリエを受勲しています。

島田進さんの息子である、島田徹さんも同じくパティシエ・シマに勤務しており、エグゼクティブ・シェフとして活躍しています。息子の徹さんも、「A.ルコント」での勤務や、渡仏経験、ピエール・エルメ・パリでの勤務など、豊富な経験を積んでいます。

「パティシエ・シマ」は、そんな二人の島田が腕をふるう、東京でもトップクラスにレベルが高いお店です。

彼らが作るケーキのライナップは、公式サイトやお店のインスタグラムで確認できるので、ぜひチェックしてみてください。

公式サイトやお店のSNS、口コミ検索など

その他、当ブログの関連記事

あわせて読みたい
【銀のぶとう】かご盛り白らら、真っ赤なりんごのレアチーズ|銀のぶどうのクレームダンジュ的なレアチーズ デパ地下を中心に9つの店舗を展開する洋菓子屋「銀のぶとう」。今回はこの銀のぶとうが販売している2つのチーズケーキ「かご盛り白らら(しらら)」と「真っ赤なりんご...

あわせて読みたい
【ルコント(A.Lecomte)】のチーズケーキ|レジェンド的フランス菓子店で食べるベアとベイクドのチーズケ... 1968年創業。日本初のフランス菓子専門店といわれており、また日本にフランス菓子を普及させるのに一役買ったお店としても知られる「ルコント(A.Lecomte)」。 フルーツ...

チーズケーキ通信|チーズスイーツ...
ケーキ屋、菓子屋 – チーズケーキ通信|チーズスイーツの総合情報サイト ケーキ屋(洋菓子屋)、パティスリー、ドーナツ屋、クレープ屋、和菓子屋、煎餅屋など、菓子を専門に販売する店のチーズケーキをまとめています。…

あわせて読みたい
クレームダンジュ、クレメダンジュ(Crémet d’Anjou)とは? 歴史と特徴を解説|クレームダンジュ... たびたび見かけるクレームダンジュ(もしくはクレメダンジュ)とはいったいどんなスイーツなのか? 要点をまとめると以下のとおりになる。 フレッシュチーズとメレンゲ...

目次