スポンサーリンク
ファミリーマート

【ファミリーマート】バスクチーズケーキを実食|ファミマ二度目のバスクチーズケーキ

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)ファミリーマート

ファミリーマートは2020年の8月4日に新商品としてバスクチーズケーキを販売した。

ファミマといえば、以前はカップタイプのバスクチーズケーキを発売していた。

ファミリーマート ロピア なめらかバスクチーズケーキ
2020年3月にファミリーマートが発売したバスクチーズケーキ。製造はロピア。
詳細はこちら

このバスクチーズケーキを販売していながら、ここにきて他のコンビニと足並みを揃えるかのように、紙のカップのバスクチーズケーキを販売した。何か理由があるのだろうか。

スポンサーリンク

なぜファミマは今になってバスクチーズケーキを発売したのか?

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

なぜ今になって他店と同じような形態のバスクチーズケーキを販売したのだろうか。なぜ今まで他店と同じようなバスクチーズケーキを販売しなかったのだろうか。

ようやく満足のいく味、食感、形のバスクチーズケーキを開発できたということだろうか。

もしくはあえてタイミングをずらしたのだろうか。

僕は、あえてタイミングをずらして発売したのではないかと考えている。

セブンやローソンと足並みを揃えてしまうと、あまり話題にならない可能性があるが、一方でタイミングをずらすことで、「ついにファミリーマートがバスクチーズケーキを発売!」という形で、話題になる可能性が高い。

また、満足のいくバスクチーズケーキをようやく開発できたというのもあるだろう。

堅実な販売戦略をとるファミリーマートだからこそ、流行りに真っ先に乗るのではなく、忘れたころに、満を持して販売する。そうすることで確実に売上に繋がるようにしたのだろう。

ちなみに値段は、ファミリーマートが一番安い。

  • ファミリーマート:184円
  • ローソン:199円
  • セブンイレブン:238円

生産体制も整えて、満を持して発売したといえる。

ファミリマート バスクチーズケーキ (2)

欲張りな産地アピール

さて今回のバスクチーズケーキだが、デンマーク産のクリームチーズに、北海道産の生クリームをブレンドしているとのこと(公式サイト商品説明より)。

公式サイトキャプチャ

商品説明をみないとわからない情報ではあるが、それにしてもデンマークに北海道にと産地アピールがすごい。

これまで多くのチーズケーキの商品説明をみてきたが、たいてい産地は1つだけしか記載しない。デンマークも北海道も記載するなんて、なかなか欲張りだ。

ちなみに産地を記載するのは、その方が美味しそうだからだ。

「おいしさ」の錯覚 最新科学でわかった、美味の真実(チャールズスペンス著)』によると、デタラメでも産地が記載してあるほうが、売れ行きがよく、美味しそうに感じてしまうらしい。

だからチーズケーキでも、他のお菓子でも、肉でも、「〇〇産の…」といった産地アピールを必ずみかける。

それにしてもデンマークと北海道はやりすぎ感があるが。ちなみにデンマーク産のクリームチーズは風味が良いこと定評があるそうだ。アピールは過剰だが、材料にはこだわっているらしい。

【食べた感想】ファミマのバスクチーズケーキ

ファミリマート バスクチーズケーキ (4)
ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

前述の通り、見た目は他のコンビニのバスクチーズケーキと同じだ。

スーパー、コンビニのバスクチーズケーキは、円形で、側面をシートに包まれている。

ファミリーマートもこの形に合わせてきた。

一方で表面の色は薄い。

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

バスクチーズケーキといえば、表面が焦げているのが特徴の1つだった。しかし最近のバスクチーズケーキは、もはや表面が焦げていないものも多い。

2020年の8月に発売されたセブンイレブンのキャラメルバスクチーズケーキもそうだった。見た目はもはや普通のキャラメルバスクチーズケーキだ。

セブンイレブン キャラメルバスクチーズケーキ (1)

そしてこのファミリーマートのバスクチーズケーキもそうだ。ベイクドチーズケーキだといわれても何一つ違和感はない。

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

実際に、スイーツの口コミサイトの「もぐナビ」では、「バスクチーズではなくベイクドでよいのでは?」や「バスクチーズケーキって言われなかったら普通のチーズケーキと違い分からないかも」という口コミがあった。見た目もそうだが、味や食感に関しても、普通のベイクドチーズケーキを変わらないと感じている人がいる。

ねっとり感と濃厚さ

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

味と食感はとてもいい。まったく妥協がないスイーツといえるだろう。

ねっとりとした食感だが、舌ざわりはなめらかでクリーミーだ。口に入れるとガツンとコクが伝わってきて、クリームチーズや生クリームの豊かな風味が口いっぱいに広がる。

口コミでは、「スフレとベイクドの中間くらい」という意見がみられたが、個人的にはスフレ様子は感じなかったし、ねっとりしていてチーズ感のある食感は楽しめた。

ファミリマート バスクチーズケーキ (5)
ファミリマート バスクチーズケーキ (5)

また甘さのなかに程よく塩味も感じられて、チーズケーキの魅力を存分に楽しめる。

他店と比べるとどうかという疑問があると思うが、正直甲乙つけがたいし、3社同時に食べ比べしてみないと、細かい味や食感の違いはわからない。

値段は一番ファミリーマートが安いので、ファミリーマートでいいのではないだろうか。

値段、カロリー、商品説明など

ファミリマート バスクチーズケーキ (3)
値段184円
カロリー200kcal
製造者・販売者ロピア

デンマーク産のクリームチーズと、北海道産の生クリームをブレンドし、焼き上げたチーズケーキです。なめらかな食感とクリーミーな味わいが特徴です。

公式サイト商品説明より

各種リンク(公式サイトなど)

その他参考ページ

この記事をシェアする
SNSフォローボタン
著者・管理人
著者プロフィール
かなざわ(チーズケーキブログ)

コンビニやカフェ、洋菓子屋のチーズケーキを食べ歩くチーズケーキ評論家。現在職業はライター的なことをしています。食べたチーズケーキを紹介するとともに、チーズケーキの歴史や種類を調べています。

※サポート(この記事がお役に立ちましたらぜひサポートをお願いします)
Paypal
note

SNSフォローボタン
取り寄せにおすすめのチーズケーキをまとめました
スポンサーリンク
チーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました