-Ads-
チェーン系洋菓子屋

【ヨックモック(YOKUMOKU)】のチーズケーキとミルクレープ|一部の店舗だけで買えるヨックモックの生菓子を実食

YOKUMOKU(ヨックモック)チェーン系洋菓子屋

ヨックモックといえば、ラングドシャを丸めたシガールという焼き菓子が圧倒的に有名です。しかし実はごく一部の店舗では生菓子も販売しています。

種類はそれほど多くはありませんが、チーズケーキやティラミス、ミルクレープなど馴染みのあるケーキを、ヨックモック風に表現したものが並んでいます。今回はミルクレープとチーズケーキを食べてみましたので、その感想を紹介します。

-Ads-

チーズケーキ|洋酒を使ったベイクドとレアの2層のチーズケーキ

まずこちらがヨックモックのチーズケーキです。

表面に生クリームと若干の金粉をのせています。その下はベイクドとレアの2層のチーズケーキになっており、土台にはシナモンの風味があるクッキー生地を敷いています。

洋酒を使用しているそうで、見た目も味も上品なチーズケーキに仕上がっています。それにしてもまさかヨックモックにチーズケーキがあるなんて。

口にはこぶと、しっとりしたレアチーズとねっとりのベイクドチーズと、さらにザクザクのクッキー生地があって、色とりどりの食感に感動を覚えます。

味は、濃厚さと乳味がありながら、洋酒の上品な風味がアクセントになっています。またクッキー生地のシナモンとバターの風味も加わり、一時も退屈させることがないチーズケーキです。

大手チェーンのチーズケーキでありながら、個人経営のパティスリーのような繊細な味を楽しめました。

-Ads-

ミルクレープ|洋酒とオレンジの風味が上品なミルクレープ

今回はミルクレープも購入しています。筆者はチーズケーキと併せてミルクレープを買うことが多く、これまで色々な店のミルクレープを食べてきたのですが(ミルクレープのまとめはこちら)、ヨックモックのミルクレープはかなり特徴的です。

ヨックモックのミルクレープは16層で、洋酒とオンレンジの風味を加えた上品な仕上がりです。

またクリームは生クリームだけでなく、カスタードを合わせているとのことです。

YOKUMOKU(ヨックモック)のミルクレープ (8)
YOKUMOKU(ヨックモック)のミルクレープ (8)

ミルクレープは、表面にはナパージュと呼ばれるシロップのようなものを塗ってツヤを加えたり、あるいはキャラメリゼして香ばしい色に仕上げたりするものですが、ヨックモックのミルクレープは表面になにもほどこしておらず、クレープの本来の質感のままです。クレープの魅力が際立っています。

口にいれた瞬間、オレンジの香りがふわっと抜けていき、優雅な気分にさせてくれます。構成要素がシンプルなので、単調な味になりがちなミルクレープですが、ヨックモックはそんなミルクレープの欠点を、洋酒とオレンジの風味を加えることで克服しています。

クリームは非常に口溶けがよく、まやかです。風味も口溶けもよく、またクレープ生地の食感、美味しさも堪能できます。なんというか、普段食べるミルクレープとはひと味違うレベルが高いミルクレープだったなという印象です。

ミルクレープが好きならぜひ一度食べてほしい一品です。

-Ads-

ヨックモックの生菓子はどこで買えるのか?

YOKUMOKU(ヨックモック) (1)

ヨックモックの店舗はたくさんありますが、生菓子が置いている店舗は東京の

  • 日本橋三越店
  • 東武百貨店池袋
  • 東京駅一番街
  • 青山本店

の4店舗のみです。

生菓子が買える店舗は公式サイトから調べることができます。
ヨックモックの公式サイト

-Ads-

ヨックモックについて(簡単な歴史の紹介と特徴)

簡単にヨックモックについて解説します。ヨックモックは、1969年に看板商品のシガールとともに創業しました。店名のヨックモックは、スウェーデンにあるヨックモック(Jokkmokk)という町に由来しています。

現在店舗は日本に約200店舗です。アメリカにも48店舗を出店しており、ここまで多くの店舗をアメリカに出している洋菓子屋はなかなかないのではないかと思います。

看板商品はもちろんシガールです。このチーズケーキを買うついでにシガールも購入しましたが、相変わらずの美味しさでした。似たような商品はコンビニやスーパーでも購入できますが、ヨックモックは子ども頃大好きだったという思い出もあるからなのか、一層美味しく感じました。

現在このシガールは、店舗だけでなく公式オンラインショップ楽天Amazonでも購入できるようです。

このシガールは創業当時からある商品なのですが、当時は人力によって、1つひとつ手で丸めていたそうです。機械化を目指したものの、バターをたくさん使った薄いクッキーを機械で丸めるのは非常に難しく、機械化に10年の歳月を費やしたといいます。

最近ではシガールのみならず、前述のチーズケーキやミルクレープ、その他、ロールケーキなども販売しています。機会があったら他のケーキもこのブログで紹介できればと思います。

-Ads-

ヨックモックの公式サイトなど

その他、当ブログの関連記事

チェーン系の洋菓子屋
モロゾフ、ユーハイム、不二家、コージーコーナー、シャトレーゼなど複数の店舗を出店しているチェーンのケーキ屋のチーズケーキをまとめています。チェーン展開している洋菓子のチーズケーキを一覧でまとめたページはこちら。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました