スポンサーリンク
チェーンカフェ

【カフェコロラド】レアチーズトルテ|ドトール系列の喫茶店コロラドで食べられるレアとベイクドの2層のチーズケーキ

カフェコロラド・レアチーズトルテの写真 (13)チェーンカフェ

カフェコロラドはドトールコーヒーが手掛ける喫茶店です。今回はこちらのチーズケーキを紹介します。

ちなみにカフェコロラドはドトール系列の喫茶店ですが、ドトールコーヒーショップのチーズケーキとも違います。同じく系列のエクセルシオールのチーズケーキとも違うタイプです。

スポンサーリンク

カフェコロラドとは?

最初にカフェコロラドについて簡単に解説します。カフェコロラドは、前述のとおり株式会社ドトールが手掛ける喫茶店であり、ドトールコーヒーショップやエクセルシオールカフェの系列店にあたります。

カフェコロラド中目黒店の写真
中目黒店

ドトールコーヒーショップやエクセルシオールカフェがセルフ式(先に注目するタイプ)であるのに対して、コロラドはフルサービス式(席に注文を受けるタイプ)です。

フルサービス式なのでコーヒーの値段はやや高くなりますが、隣との席の間隔が広くゆったりしているのが特徴です。

またフードメニューが充実しており、ビーフシチューやクラブハウスサンド、クラムチャウダー、ナポリタン、グラタンなどがあります。軽食はもちろんのこと、ランチにも利用できそうです。(メニューは店舗によって異なる場合があります)

今回はチーズケーキのみの注文となりましたが、他にも色々なスイーツがあります。たとえばドトールでは定番のミルクレープをはじめ、大きいサイズのワッフルやモンブランがあります。とくにワッフルは、ドトール系列では、おそらくコロラドだけのメニューです。

ドトールコーヒーショップよりもオープンは早い

実はコロラドは、コーヒーショップのドトールよりも先に誕生しています。コロラドの1号店が誕生したのは1972年です。対してドトールコーヒーショップ(カフェのほう)の1号店が誕生したのは1980年です。

ドトールコーヒー 店舗運営

株式会社ドトールは、元々コーヒー豆の焙煎・卸売のみを行っていた会社でした。コロラドは、そんなドトールが初めてオープンした喫茶店です。

コロラドがオープンする以前は、日本の喫茶店はタバコの煙がこもり、薄暗く、どこかアングラで不健康な雰囲気がありました。当時のドトールの社長であった鳥羽博道さんは、ヨーロッパのオープンで健康的なカフェ文化を目の当たりにし、日本でもヨーロッパのように、誰もが気軽に利用できるカフェがあればいいのにと考えました。そしてオープンしたのが、カフェコロラドです。

コロラドはそれまでの喫茶店とは違い、明るくて健康的なイメージの喫茶店としてオープンしました。1号店は神奈川県の川崎でした。

カフェコロラドは人気をよび、多くの人の憩いの場となりました。日本のコーヒーのレベルは世界でも高いといわれることがありますが、それはコロラドが質の高いコーヒーを提供し、美味しいコーヒーの味を日本人に教えたからだ、という説もあります。

現在コロラドの店舗は主に東京、神奈川、埼玉、千葉の一都三県にあります(群馬、栃木、三重、福井、宮城にも1店舗ずつある)。全体では約40店舗であり、ドトールが1000店舗以上に比べるとかなり少なめです。

一方で、画一化されたドトールコーヒーショップに比べて、コロラドは店舗ごとに雰囲気が大きく違っており、フランチャイズの強みが生かされている感があります。

スポンサーリンク

のチーズケーキについて(食べた感想)

さて、ここからはコロラドのチーズケーキについて紹介します。

レアチーズトルテという名前のチーズケーキです。値段は単品で370円であり、カフェのドトールとそれほどかわりません。

カフェコロラド、メニューの写真 (1)

レアチーズトルテという商品名ですが、実際はレアチーズとベイクドチーズの2層のチーズケーキです。

また表面にはホイップクリーム、土台はクッキー生地があり、全体で4層のやや贅沢なチーズケーキになっています。

ドトール、エクセルシオールカフェとはタイプが異なる

ちなみに系列店のドトールとエクセルシオールカフェとは、かなりタイプが違います。ドトールコーヒーショップもエクセルシオールカフェも、オーソドックスなベイクドチーズケーキです。

一方で、同じく系列店である「ドトール珈琲店」という店舗のチーズケーキとはやや似ています。

ドトール珈琲店の濃厚チーズケーキの写真
ドトール珈琲店の濃厚チーズケーキ

ドトール珈琲店は、株式会社ドトールコーヒーが手掛けるフルサービス式のカフェです。同じく株式会社ドトールコーヒーが手掛けるドトールコーヒー農園とほぼ同じです。

「ドトール珈琲店」という名前は、ドトールコーヒーショップの言い間違いのようですが、ドトールコーヒーショップとはメニューも店舗デザインも大きく違っています。

ドトール珈琲店 飯田橋
ドトール珈琲店 飯田橋

コロラドのチーズケーキは、同じくフルサービス式のドトール珈琲店となぜか、若干似ています。表面にクリームと土台にクッキー生地がある点で。

上記はどれも株式会社ドトールが手掛けているカフェのチーズケーキです。同じ会社が運営しているのに4つの店舗で異なるチーズケーキを提供しているのです。全国展開しているチェーン店なので、セントラルキッチンで製造しているはずですが、店舗ごとに作り分けているのには驚かされます。

さっぱりした印象の食べやすいチーズケーキ

カフェコロラド・レアチーズトルテの写真 (13)

その味ですが、ドトールコーヒーショップやエクセルシオールカフェに比べると、だいぶさっぱりしており食べやすいように感じます。

前述のとおりレアとベイクドの2層のチーズケーキですが、ベイクドはねっとり濃厚な一方で、レアチーズはしっとり、さっぱりした印象です。

ほどよくコクがあって、ほどよくさっぱりしている、そんな食べやすいチーズケーキなのです。

ドトールコーヒーショップとエクセルシオールカフェは、どちらかといえば濃厚でどっしりした食べごたえのあるチーズケーキでした。一方でコロラドは、さっぱりしていて食べやすい印象です。

これはコロラドの利用者の年齢層が比較的高いからなのかもしれません。

値段、カロリー

値段370円単品
カロリー360 kcal

レアチーズとベイクドチーズの2層タイプのチーズケーキです

公式サイト

公式サイトやお店のSNS

ドトール系列のお店のチーズケーキはこちら

その他、当ブログの関連記事

チェーンカフェ・喫茶店
スターバックスやエクセルシオール、ドトール、ベローチェ、コメダ珈琲店など、チェーンのカフェ・喫茶店で食べたチーズケーキの一覧です。スタバ…
タイトルとURLをコピーしました