スポンサーリンク
個人系洋菓子屋取り寄せ

三田のチーズスイーツ専門店【加藤洋菓子】の自信のチーズケーキ、小美玉子チーズロールケーキ、小美玉子トリプルチーズプリンの3つを実食

三田「加藤洋菓子」 の小美玉子のトリプルチーズプリンの写真 (5)_R個人系洋菓子屋

加藤洋菓子は港区三田にあるチーズスイーツの専門店です。

テレビやネットニュース、雑誌など様々なメディアに取り上げられた人気のお店です。

今回はこちらで「自信のチーズケーキ」と「チーズロール」「チーズプリン」の3品をいただきました。

ちなみに店名は「加藤洋菓子」です。「加藤洋菓子店」ではありません。

スポンサーリンク

自信のチーズケーキ(600円)

まずは看板商品(多分)である「自信のチーズケーキ」から。

三田「加藤洋菓子」 の自信のチーズケーキ (2)_R

「自信のチーズケーキ」という商品名をつけられる自信。

チーズケーキの商品名といえば「口どけチーズケーキ」「ふわとろチーズケーキ」もしくは「抹茶のチーズケーキ」などなど、たいていは質感や食べたときに感じ方、使っている材料など名前に使うのが一般的です。

一方、「自信のチーズケーキ」は作り手の感情です。それを商品名にするのは斬新としかいいようがありません。

しかしそこまでいわれると、やはり気になるもの。そして実際、めちゃくちゃ美味しい。

感動的美味しさのチーズケーキ

三田「加藤洋菓子」 の自信のチーズケーキ (3)_R

写真だとわかりにくいかもしれませんがこのチーズケーキ、とても細い。こんな細いチーズケーキは初めてです。

しかし味はとても力強く、奥行きがあります。

口にいれた瞬間、風味やコクが広がって、思わず「美味しい!」とうなりたくなります。

一方でとても独特な味がします。おそらくクリームチーズ以外にもいろいろなチーズを使っているのでしょう。

クリームチーズのようなフレッシュチーズだけではだせないコクと深みを感じられます。

こんな深みのあるチーズケーキは初めてです。大げさではなく本当に美味しい。

小麦粉を極力をつかわないで作っているそうで、だからなのか舌触りも良い。

とても濃厚かつ、ねっとり感があるので、コーヒーやお茶にも非常によく合います。

1カット600円なので、ちょっとお高めではありますが感動的に美味しいチーズケーキです。

自信のチーズケーキは「RUSTEAKS」の人気デザートだった

ちなみに加藤洋菓子は、ステーキのお店「RUSTEAKS」の系列店なのですが、このチーズケーキはそのお店でデザートとして提供されていたものだそうです。

非常に人気があり、その人気がきっかけとなって、チーズケーキを中心に販売するお店として加藤洋菓子をオープンしたそうです。(※三田にチーズケーキの店「加藤洋菓子」 ステーキハウスのデザートを新業態に

この「自信のチーズケーキ」は公式オンラインショップのほか、Cake.jpというケーキ専門の通販サイトでも購入できます。

厳選されたクリームチーズと極限まで小麦粉を減らして焼き上げたニューヨークスタイルのチーズケーキ。ステーキハウスRUSTEAKSのオープン当初からの人気商品

スポンサーリンク

小美玉子チーズロールケーキ(480円)

続いてはチーズロールケーキ。先程のチーズケーキとはうってかわって、だいぶ厚みがあります。

先のチーズケーキの倍の厚さはありそうです。写真だとわかりにくいですが結構インパクトがあります。

三田「加藤洋菓子」

スポンジにもクリームにもチーズを使用

チーズロールケーキといえば、クリームにだけチーズを使っているパターンもありますが、加藤洋菓子のチーズロールはスポンジ生地にも、クリームにもチーズを使用しています。

厳選した卵とチーズを入れて焼き上げたしっとりスポンジケーキに、たっぶりのチーズホイップを入れたロールケーキ

公式サイトの商品説明

卵の味が良く、全体としてとにかく美味しいチーズロールケーキ

味はもちろん、とても、美味しい。

スポンジ生地からは、とてもまろやかな卵の風味と、控えめなチーズの風味を感じられます。

なんというか、本当に卵の味がいい。

加藤洋菓子は茨城で採れる小美玉子(おみたまご)を使用しているそうなのですが、その味の良さなのでしょうか。

三田「加藤洋菓子」 のチーズロールの写真 (1)_R

またチーズクリームは、主張は控えめです。

これは味がしっかりしているスポンジ生地の味を引き立てるためでしょうか。

とりあえず全体的にバランス良く、食感もよく、味もめちゃくちゃいい。美味しいとしかいいようがないチーズロールケーキです。

筆者は加藤洋菓子を2回訪問しているのですが、2回ともこのチーズロールケーキを購入しています。本当に美味しい。

小美玉子トリプルチーズプリン(540円)

最後はチーズプリンです。ビンに入っており、見た目にも凝っています。

先ほどのチーズロールケーキと同じく、茨城県の小美玉子を使っているそうです。

チーズクリームとチーズプリンの2つを楽しめる

表面にはハードタイプのチーズのチップのようなものがかかっており、その下の白いクリームはレアチーズクリームです。そして一番下がチーズプリンです。

むっちり中身の詰まった質感をしており、食べごたえがあります。

やはり卵が良いからなのか、味、風味ともに力強く奥行きがあります。

非の打ち所がない、文句のつけようがありません。美味しいチーズプリンです。

厳選した卵を入れて作ったカスタードプリン

公式サイト

加藤洋菓子の詳細

前述のとおり加藤洋菓子は港区三田にあるチーズスイーツの専門店です。桜田通りという大通りに面した、小さなお店です。

加藤洋菓子がオープンしたのは2020年10月2日。

オープン後に、クラウドファンディングのサービスであるCAMP FIREに掲載されており、目標金額の1286%を達成する人気ぶりでした。

また2020年12月には「嵐にしやがれ」で紹介され、その後も「めざましテレビ」で取り上げられるなど、またたく間に有名になりました。

広尾「RUSTEAKS」の系列店

そんな加藤洋菓子は、渋谷区広尾にある「RUSTEAKS(ラステイクス)」というステーキのお店の系列店です(RUSTEAKの公式サイト)。

加藤洋菓子のチーズケーキはもともとこのRUSTEAKSで提供していたもので、そこでの人気が加藤洋菓子のオープンのきっかけになっているそうです。

そして加藤洋菓子では、余計な材料を極限にまで減らし、濃厚なチーズの風味を楽しめるようにしているそうです。

(参考:三田にチーズケーキの店「加藤洋菓子」 ステーキハウスのデザートを新業態に

加藤洋菓子の他のスイーツメニュー

先に紹介した以外にも、いろいろなチーズスイーツがあります。

テレビで紹介され、品薄状態になっているのが「温めて食べるチーズケーキ」です。

温めて食べるチーズケーキ(冷凍)|加藤洋菓子
デンマークチーズをのせた暖かいチーズケーキ。電子レンジで温めてお召しあがりいただけます。 サイズ:10cm×10cm 商品は冷凍でのお届けとなります。 賞味期限をご確認の上、1ヶ月を目処でお召し上がりください。

これはチーズケーキの上にデンマークチーズをのせたスイーツで、電子レンジで温めて表面のチーズを溶かしてから食べるそうです。

観音屋のチーズケーキに似たようなものでしょうか(観音屋のチーズケーキ)。

筆者は2回、加藤洋菓子を訪問しているのですが、2回とも売り切れでした。通販だと購入できるようです。

他にもアップルパイやチーズクロワッサン、バターサンドなど色々なチーズスイーツがあります。

一部の商品はネットで取り寄せも可能です。

公式サイトやオンラインショップ、SNSなど各種リンク

▼口コミなど

▼ネットで購入する場合はこちら

その他、当ブログの関連記事

タイトルとURLをコピーしました