チーズケーキ通信

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介

【フランス菓子工房 ラ・ファミーユ】のまっ黒チーズケーキとまっ黒チーズサンドを実食|ブラッククッキーを使った黒いチーズケーキ

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

今回紹介するチーズケーキは黒いです。

黒いチーズケーキといっても、バスクチーズケーキではありません。ブラッククッキーを使っためずらしいチーズケーキであり、おそらくこのお店しか販売していません。

販売しているのはお店は「フランス菓子工房ラ・ファミーユ」。お店の紹介とともに黒いチーズケーキを紹介します。

フランス菓子工房ラ・ファミーユとは?

フランス菓子工房ラ・ファミーユ」は香川県高松に本店があるお店。高松以外だと同じく香川の大田、国分寺にお店があります。東京の池袋にも「ラ・ファミーユ」というケーキ屋があるがまったく別のお店なので注意してほしい。

また実店舗だけでなくネット販売もしています。

店名に「フランス菓子工房」とついているが、フランス菓子に限定しているわけではなくバウムクーヘンやザッハトルテなど、いろいろな国のお菓子を販売しています。今回購入した「まっ黒チーズケーキ」は思い切り無国籍の創作スイーツだ(ラ・ファミーユの商品一覧)。

「ラ・ファミーユ」はブランド名であり、運営しているのは「株式会社ちきりや」という会社です。同社は他にも「春風堂」や「バウムレコード」「道後ぷりん」といったブランドを展開しています。

「春風堂」は1948年に創業した非常に歴史のある洋菓子屋です。「ラ・ファミーユ」は「春風堂」の4代目が、2001年に新たなブランドとしてオープンさせたお店だそうです。(参考:お菓子何でも情報館

モンドセレクションを受賞した実績も

ラ・ファミーユの看板商品である「まっ黒チーズケーキ」は、2013年のモンドセレクションを受賞しました。また楽天のベイクドチーズケーキ部門では1位になったこともあるようです。

このまっ黒チーズケーキは、店長がフランスで修行していた時代に耳にした「黒いチーズケーキ」の噂をもとに開発したチーズケーキだそうです。

もしかしたらそれは今でいうバスクチーズケーキだったのかもしれませんが、ラ・ファミーユの店長はブラッククッキーに覆われたチーズケーキで再現しました。

ラ・ファミーユ まっ黒チーズケーキ (2)

これが大ヒットし、ラ・ファミーユは複数の店舗をもつ、香川では人気のお店に成長しました。

【実食解説】まっ黒チーズサンド

まずは「まっ黒チーズサンド」について。

ブラッククッキーにチーズクリームをサンドした、サンドタイプのチーズケーキです。真っ黒チーズケーキはホールタイプだがこちらは1人前サイズ。ホールケーキとは違い切り分ける必要がないので食べやすいです。ホールケーキが持つ特別感のようなものはありませんが。

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (9)

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (10)

サンドタイプのチーズケーキは他店にも

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (15)

ちなみに似たような商品として「Now on Cheese」のチーズケーキサンドがあります。「Now on Cheese」は東京を中心に4店舗出店しているチーズスイーツ専門店。東京駅グランスタの店舗には、このチーズケーキサンドがある(東京駅限定)。

Now on Cheese チーズケーキサンド (1)
「Now on Cheese」のチーズケーキサンド。詳細はこちら

こちらはチーズケーキをビスケット生地でサンドしたスイーツ。今回紹介したまっ黒チーズサンドと同じく手軽に食べられます。(「Now on Cheese」の詳細はこちら

最近の傾向なのか、いやそうでもないかもしれないが、手軽に食べられるスイーツが増えているような気がします。先に紹介した「Now on Cheese」も、今回紹介する「ラ・ファミーユ」もそうです。また大手洋菓子店「モロゾフ」では、手のひらサイズのチーズタルトと、1人~2人前のチーズケーキを販売しています。

またチーズタルト専門店の「Pablo」では、手のひらサイズのチーズタルトと、1人から2人前のチーズタルトの両方を販売しています。

つまり、ケーキが小型化しているのです。

デパ地下のケーキを物色していると、1人で食べられるカットケーキや、手のひらサイズのタルトのようなケーキが多いです。ホールケーキであっても12cmの1人~2人前サイズが増えています。

少子高齢化と単身世帯の増加で、大きいサイズのケーキよりも小さいサイズのケーキが求められる時代になったのでしょう。

もちろん相変わらず大きいサイズのケーキも売られているが、このまま少子高齢化と単身世帯の増加が進めば、デパ地下や街のケーキ屋から大きいサイズのケーキが消えるかもしれません。時代の変化といえばそれまでなのかもしれませんが、大きいサイズのケーキが売れる世の中のほうが、賑やかで活気は感じられるでしょう。

ほろほろのクッキー生地とねっとりしたチーズケーキ

さて、まっ黒チーズサンドについて掘り下げていきます。

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (15)

上下の黒いクッキー生地は、ブラックココアと香川県産の小麦「さぬきの夢」で作ったクッキー生地になっているそうです。

こちらはサクサクというよりは、ほろほろした食感になっています。バター風味とほろ苦い風味が特徴的です。

オレオに近い味かと思っていましたが、違いました。オレオに近い風味ではありますが、こちらのほうが幾分マイルドです。

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (12)

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (15)

間のチーズケーキは非常に濃厚です。ひとたび咀嚼すればその味わいが口いっぱいに広がっていきます。

ほろほろした食感とねっとりした食感。口いっぱいに広がるクリームチーズの風味とブラッククッキーのほろ苦味。

相性がよく調和が取れています。クセになる味わいです。

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (15)

※質感がわかる動画も

購入方法、日持ち、値段など

ラ・ファミーユ まっ黒チーズサンド (6)

値段1,404円+送料(5個入り)
日持ち冷凍保存で30日
カロリー383kcal /100g
製造者株式会社ちきりや

【実食解説】まっ黒チーズケーキ

ラ・ファミーユ まっ黒チーズケーキ (1)

まっ黒ケーキケーキ (4)

外国風の紙が貼ってあるのは、外国っぽくするためで、日本の会社が日本で作って日本から発送してくれます。

商品名の通り「まっ黒」なチーズケーキです。表面も側面も、どのアングルから見てもまっ黒であり、迫力があります。

まっ黒チーズケーキ 写真

まっ黒ケーキケーキ (4)

ラ・ファミーユ まっ黒チーズケーキ (2)

まっ黒ケーキケーキ (4)

なんとか切り分けてみたものの、クッキー生地が崩れてしまい綺麗にカットできませんでした。しかしクッキーのなかには、チーズフィリングがぎっしり詰まっています。

一般的なチーズケーキは、下にクッキーを砕いて固めた生地があるのみですが、こちらは全体がクッキー生地。

いったいどうやって作っているのでしょうか……。

チーズケーキというよりは、チーズケーキがはいったクッキーケーキともいえます。

ザクザクが主役のチーズケーキ

まっ黒ケーキケーキ (4)

まっ黒ケーキケーキ (4)

黒い部分は完全にクッキーという感じでザクッ、ザクッという食感があり、そこにクリームチーズのしっとりした食感が加わります。

一般的なチーズケーキにおけるクッキー生地のザクザクした食感は、あくまでアクセントの要素です。クッキー生地はあくまで脇役。

しかし「まっ黒チーズケーキ」は、クッキーが主役です。クッキーのザクザクした食感のなかに、アクセントとしてチーズフィリングのしっとりがあるのです。

まっ黒ケーキケーキ (6)

甘いだけではなく、コクや塩味もある

まっ黒ケーキケーキ (4)

中身のチーズケーキは、ベイクドとレアの中間くらいの食感です。ザクザク、しっとりが混ざりあうなか、コクがあるクリームチーズの味を堪能できます。

甘めのチーズケーキかと思っていたが意外と塩けがあり、チーズの旨味を存分に楽しめます。

まっ黒ケーキケーキ (4)

まっ黒ケーキケーキ (4)

そんなコクのあるチーズフィリングにブラッククッキーの味がぐっと差し込みます。食感も味もとても刺激的で、おいしくて楽しいチーズケーキです。

購入ページ値段や日持ちなど

購入ページ公式サイト
楽天
値段1,944円(税込み)+送料

 ※価格やショップによっても異なる

大きさ直径14センチ(5号くらい)
日持ち冷凍保存で30日(解凍後冷蔵保存で48時間)
日付指定可能
食べ方冷凍された状態で届くので、解凍する必要があります。  

解凍は冷蔵庫で、6時間程度かければOK。冷蔵庫で1時間ほど半解凍した状態で、熱湯で温めたナイフを使うとキレイにカットできる。筆者は、完全に解凍してからカットしたので、だいぶ崩れてしまった。 キレイにカットするなら、半解凍した状態がおすすめ。 食べるときは、冷蔵庫で6~10時間程度かけて解凍するとおいしく食べられるとのこと。

補足のし紙対応あり。

公式サイトや各種リンク

その他関連ページ(当ブログ)