パティスリー/洋菓子店/ケーキ屋

【モロゾフ】のチーズケーキを実食|そのチーズケーキとモロゾフの歴史を解説

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)パティスリー/洋菓子店/ケーキ屋

今回紹介するのは「モロゾフ(Morozoff)」のチーズケーキです。

デパ地下のドンとも呼べるくらい、多くのデパ地下に出店しており、手土産の定番にもなっているモロゾフ。

実は日本の洋菓子界に多大な影響を与えたお店でもあります。

モロゾフとはいったいどんなお店なのか? チーズケーキの魅力と主に解説します。

モロゾフ(Morozoff)とは?

まずはモロゾフとは? という話から。(ちょっと固い話が続きます…)

モロゾフは1931年に神戸で創立した洋菓子屋。チョコレート菓子や焼き菓子、その他、プリン、焼き菓子といった豊富な商品を揃えるお店で、デパ地下を中心に1000店以上を展開しています。

View this post on Instagram

. ☆☆モロゾフプリン対決あなたはどっち派?第ニ弾☆☆ . 第一弾 カスタードプリンが勝利した #モロゾフプリン対決 。 . 只今、ホームページの特集ページにて 第ニ弾を実施中です! 皆様も是非投票をお願いいたします! →@morozoff_sp . [こだわりの定番] #カスタードプリン VS [逃すな限定] #夏だけの期間限定プリン . #カスタードプリン の魅力 . POINT01 “ぷるんっ”となめらかな食感 . プリンの生地は柔らかすぎず、固すぎないようじっくり蒸しながら焼きます。口どけのよい“ぷるんっ”となめらかな食感は、独自のおいしさへと繋がっています。 . POINT02 「素材」へのこだわり . カスタードプリンの生地は厳選された牛乳、卵、砂糖、 そしてわずかなバニラの香料のみで作られています。 小さなお子さまからご年配の方まで安心してお召し上がりいただけます。 . POINT03 秘伝のレシピ . 昭和37年(1962年)、モロゾフの喫茶店でオリジナルメニューとして登場したプリンが、今あるモロゾフカスタードプリンの原型。 保存料を一切使用せず、卵の力で固める発売当初からずっと変わらないモロゾフ秘伝のレシピです。 . #モロゾフプリン対決あなたはどっち派 #カスタードプリン #夏だけの期間限定プリン #morozoff #モロゾフ

A post shared by モロゾフ(公式) (@morozoff_sp) on

その人気と知名度は不動のもので、日本のデパ地下、特に関西のデパ地下には必ずといっていいほどモロゾフが入っています。

またモロゾフは上場している稀有な洋菓子屋でもあります。

モロゾフ

モロゾフはロシア革命から逃れたロシア人が開業した

フョードル・ドミトリエヴィチ・モロゾフ一というロシア人が開業したお店です。創業者の名前から、モロゾフという店名になっています。

モロゾフさんは、ロシア革命から逃れる形でロシアからハルビン、シアトルを経て、1924年に神戸に到着。

その頃の日本は西洋化を進めるべく躍起になっている時期であり、それを目にしたモロゾフさんは西洋の食品を日本で売ることを決意。試行錯誤の末に、チョコレート菓子を中心に販売する洋菓子店に。

それがモロゾフの原型です。

ちなみに、同じように海外から日本に移住し、後の有名洋菓子屋を開いた人がいます。

それがカール・ユーハイム。

彼は日本で「ユーハイム」という、同じくデパ地下で人気の洋菓子屋を開業しました。

※参考:モロゾフ公式サイト
    モロゾフwikipedia

モロゾフは日本でチーズケーキブームを起こした

モロゾフ 公式サイトのキャプチャ

実は、モロゾフは日本で第一次チーズケーキブームを起こしたお店だと考えられています。

モロゾフがチーズケーキの販売を始めたのは1969年。それ以前にもチーズケーキを販売するお店は存在していましたが、一般的な洋菓子ではありませんでした。

しかし1969年、モロゾフがチーズケーキを販売。また1970年にフィラデルフィア社のクリームチーズが発売されたこともあり、日本でチーズケーキがブームになります。

この頃から多くのケーキ屋がチーズケーキを販売するようになり、また「ノンノ」や「アンアン」といった女性誌でもチーズケーキの特集が組まれるように。

チーズケーキは一般的な洋菓子の1つに成り上がったのです。

※参考:ファッションフード、あります。: はやりの食べ物クロニクル1970-2010 畑中 三応子 (著)

日本におけるバレンタインチョコを考案したのはモロゾフ

モロゾフ チョコレート

また、モロゾフは日本にバレンタインデー文化をもたらしたことでも有名。

1936年、チョコレート菓子が主力商品だったモロゾフは、外国人向け英字新聞「ザ・ジャパン・アドバタイザー」に、「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」という広告を掲載。

このことから、モロゾフが日本で最初にバレンタインチョコを考案した人であると考えられています。

ただしバレンタインデーにチョコレートを贈る習慣が定着したのは1970年頃とされています。

※参考:バレンタインデーwikipedia

【実食レポ】 モロゾフのデンマーククリームチーズケーキ

1969年、まだ日本ではチーズケーキが一般的ではない時代にチーズケーキを発売し、日本に第一次チーズケーキブームを起こしたといわれているモロゾフ。

そんなモロゾフのデンマーククリームチーズケーキを実際に食べてみました。

モロゾフ チーズケーキ

小さいサイズのホールも販売している

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (3)
モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)

今回注文したのは2人前サイズのデンマークチーズケーキ。

14cmのホールで648円。

14cmだと少し大きく感じますが、高さがないので、2人でちょうどいいくらいのサイズです。

最近のケーキ屋は1人前のカットケーキが充実している他、小さいサイズのホールケーキが増えました。

たとえばチーズタルト専門店のPabloでも小さいサイズのホールケーキのラインナップが充実しています。デパ地下系洋菓子屋のグラマシーニューヨークにしても、カットケーキが充実しています。

モロゾフにしても、以前は14cmのホールは存在しませんでした。

小さいサイズのケーキが増えているのは、少子化や単身世帯の増加で多いサイズのホールケーキを買う人が減っているからだと考えられます。

僕の二人ぐらしですが、16cmや18cmの大きいサイズのホールケーキは買う気になりません。

ケーゼクーヘンを参考にしている

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)
モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)
モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)

さて、モロゾフのチーズケーキですがタイプはベイクドチーズケーキです。

タルト生地のような土台を使用していますが、もとはケーゼクーヘン(ドイツのケーキ)を土台にし、その上にデンマーク産のクリームチーズケーキを使用して作ったチーズケーキだそうです。

酸味が際立つ上品な味わい

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)
モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)

口にいれて印象的だったのは、レモンの酸味。

一般的にチーズケーキは、レモン汁やレモンの皮を削ったものを入れて酸味を出すのですが、ほんのり感じる程度です。なかには酸味がほとんど感じられないチーズケーキもあります。特にベイクドは。

一方で、モロゾフのチーズケーキはしっかり酸味を感じられます。

この酸味が、柔らかい甘味と控えめな塩味に入り込み、上品で大人の味わいを演出しています。

ねっとりでもしっとりでもない程よい口溶け

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)

しっとりとねっとりと中間くらいの程よい口当たり。

レアチーズケーキのようにしっとりしているわけでもなく、だからといってねっとりしているわけでもありません。目新しさはありませんが、シンプルであり程よい口溶けなのです。

また土台のクッキー生地はかなり柔らかく、「もそっ」とした食感。ザクザクやサクサクした食感はなく、優しい食感。

土台もチーズケーキも、どちらも控えめで優しい印象です。

デパ地下的チーズケーキ

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)
  • 酸味が際立つ上品な味
  • フワッとした優しくて程よい口当たり

この2つの特徴はデパ地下のチーズケーキならではかもしれません。

というのも、以前紹介したグラマシーニューヨークのチーズケーキも同じ特徴を持っていたからです。

グラマシーニューヨーク ニューヨークチーズケーキ (18)
グラマシーニューヨークのニューヨークチーズケーキ
グラマシーニューヨークの解説をみる

グラマシーニューヨークも、モロゾフと同じく、デパ地下を中心にお店の展開しているお店です。

まだまだデパ地下のチーズケーキは未開のものが多いので、断定ではできませんが、

「優しくて控えめで上品さもあるも洋菓子」これはデパ地下のチーズケーキの特徴なのかもしれません。

老舗感のあるチーズケーキ

モロゾフ デンマーククリームチーズケーキ (5)

食べていて感じたのは、最近流行りのチーズケーキとはだいぶ違うということ。

最近のベイクドチーズケーキは濃厚さや重量感、ねっとり感や口溶けなどを追求したものがほとんど。たとえばバスクチーズケーキや半熟タイプのチーズケーキ、話題のミスターチーズケーキなどがその典型。

もちろんそれが悪いというわけではないのですが、目立ちやすいように極端な味や食感を追求しているような気がして、どこか冷めた目で見てしまうものがあります。

一方で、モロゾフのチーズケーキはそういった現在流行りのチーズケーキとはまったく違っています。

食感、舌触りも控えめであっさり。味も酸味を際立たせたものでパンチやドッシリした感じもない。最近のチーズケーキが好きな人には物足りなく感じるでしょう。

しかしだからこそ、最近のチーズケーキからは感じられない優しさや上品さなどを感じられます。

老舗だからこそ、知名度があるからこそのチーズケーキなのかもしれませんが、こういったシンプルで、控えめチーズケーキも非常に魅力的でもあります。

チーズケーキが好きな方にはぜひ一度食べてほしいチーズケーキです。

チーズケーキの質感がわかる動画もあります。

洋菓子屋【Morozoff(モロゾフ)】のデンマーククリームチーズケーキとエダムチーズケーキミニを紹介

値段、解説、カロリーなど

モロゾフ (4)
値段648円(14cm)
メニュー名デンマーククリームチーズケーキ
チーズケーキのジャンルベイクドチーズケーキ
カロリー684kcal (1ホール 14cm)
日持ち当日中
購入方法店頭で購入可能

デンマーク産クリームチーズのコクを、絶妙なレモンの風味で引き立てた、シンプルでありながらも奥行きのある味わい。伝統の製法で焼き上げたロングセラーのチーズケーキです。

公式サイトより

【実食レポ】モロゾフのエダムチーズケーキミニ

モロゾフ

今回はもう1つチーズケーキを食べています。

手のひらサイズのチーズケーキである、エダムチーズケーキミニです。

2017年頃から発売しているチーズケーキでチーズタルトにも近いルックス。一口か二口で食べられる手頃なサイズです。

モロゾフ エダムチーズケーキミニ

小さいながらもかなりクオリティが高いスイーツでした。

タルト生地の味の加減、そしてなにより中身のチーズケーキにコクもあり、味に深みもあり小さいなかにチーズケーキの魅力が凝縮された逸品でした。

モロゾフ エダムチーズケーキミニ

手のひらに載るくらいのサイズであり、またタルト生地に覆われているので、持ち運びにも便利。

「チーズケーキが食べたい。でもホールで買うのはちょっと…」というときにも、ちょっとした手土産にも非常に選びやすいチーズケーキです。

これは一度食べてみてほしい。

値段162円
メニュー名エダムチーズケーキミニ
チーズケーキのジャンルベイクドチーズケーキ
日持ち当日中
購入方法店頭で購入可能(一部の店舗では取り扱いがない場合も)

濃厚なコクとチーズの食感楽しむ贅沢なあじわい。エダムチーズならではの、力強い味わいを活かした小さくてもリッチなチーズケーキです。

公式サイトより

モロゾフの公式サイトなど

モロゾフ
公式サイトや各種リンク

モロゾフの公式Youtubeチャンネルの動画

デンマーククリームチーズケーキ誕生50周年記念動画

以上、モロゾフとモロゾフのチーズケーキについて紹介しました。

当サイトでは他にも色々なお店のチーズケーキを紹介しています。

デパ地下で有名なチーズケーキも紹介しています。

スポンサーリンク
このブログを書いている人
チーズケーキかなざわ

チーズケーキを中心に洋菓子を食べ歩き、評論、考察しています。このブログをきっかけにチーズケーキや洋菓子がより好きになっていただけると幸いです。

★SNS(ブログの更新はTwitterで告知)
Twitter
Instagram

★note(少し固いことを書いています)
note

フォローボタン(ブログの更新情報はTwitterで告知)
「チーズケーキかなざわ」のチーズケーキを紹介するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました