スポンサーリンク
チェーンカフェ

【モリバコーヒー】なめらかチーズケーキ、バスクチーズケーキ、チョコミルクレープ

モリバコーヒーチェーンカフェ

すき家やくら寿司などのレストランを運営する会社ゼンショーは、実はカフェも手掛けています。それが今回紹介するモリバコーヒーです。

モリバコーヒーはドトールやベローチェと同程度の手頃な価格でコーヒーが飲めるセフル式のカフェです。

モリバコーヒー

今回はこちらでいただいた3つのスイーツを紹介します。

※メニューが変わっている可能性もあります

スポンサーリンク

モリバコーヒーのチーズケーキ(なめらかチーズケーキとバスクチーズケーキ)

まずはチーズケーキから紹介します。

筆者が訪問したときには3種類のチーズケーキがありました。

バスクチーズケーキ、なめらかチーズケーキ、チーズタルトの3つです。

今回はなめらかチーズケーキとバスクチーズケーキを注文しました。

モリバコーヒーのチーズケーキ (2)

ちなみに2019年にモリバコーヒーを利用したときに食べたチーズケーキは、オーソドックスなベイクドチーズケーキでした。

2021年はオーソドックスなチーズケーキはなくなり、バスクチーズケーキとレアなのかベイクドなのかわからない白いチーズケーキです。

濃厚で満足度が高いバスクチーズケーキ

まずバスクチーズケーキですが、手のひらに乗るくらいのサイズで、円形の紙のカップを使用しています。

表面はやや濃い焼き色です。バスクチーズケーキの最大の特徴は表面を焦がすことにありますが、こちらのバスクチーズケーキはそれほど焦げてはいません。色が付く程度に焼いたくらいで、若干温度高めで焼いたベイクドチーズケーキともいえます。

個人的な願望をいえば、「バスクチーズケーキ」という商品名にするなら、もっと思い切り焦がしてほしかった。たとえばチーズケーキ専門店のKAKAというお店のバスクチーズケーキは、「これ大丈夫かな」と思うくらいガッツリ表面を焦がしており、バスクチーズケーキの魅力を楽しむことができました。

チーズケーキKAKA バスクチーズケーキの写真 (2)
KAKAのバスクチーズケーキ。ガッツリ焦げているが、この苦みがいいアクセントになっている。

チェーン店のバスクチーズケーキもこれくらい思い切ってほしいのですが、難しいのでしょうか。

モリバコーヒーのチーズケーキ (3)

さて、モリバコーヒーのバスクチーズケーキですが、味は文句なしです。

モリバコーヒーのチーズケーキ (3)

質感は普通のベイクドチーズケーキとそれほどかわりませんが、コクがあって、食べごたえがあります。クリームチーズやらサワークリームやらの旨味を存分に感じられて、一口食べた瞬間「美味い!」となるわかりやすい美味しさのチーズケーキです。手頃なカフェのスイーツとしては、まったく文句なし。

それにしてもモリバコーヒーのバスクチーズケーキは、同じくゼンショーが手掛けるココスというファミレスのバスクチーズケーキと、似ているような気がします。

もしかするとほぼ同じバスクチーズケーキなのかもしれません。

なめらかチーズケーキ

続いては、なめらかチーズケーキです。

モリバコーヒーのなめらかチーズケーキ

レアチーズケーキにもみえますが、レアとはどこにも書かれていません。かといってベイクドとも書かれておらず、レアなのかベイクドなのか、正直わかりません。

モリバコーヒーのチーズケーキ (6)

色を見た感じだと、若干、黄色がかっています。これは卵を使っていると思われます。レアチーズケーキには普通、卵を使わないので、このような色にはなりません。卵を使っているのだとすればベイクドの可能性が高くなります。

また食べた感じだと、若干もふっとした口当たりがありました。これは小麦粉を使っているような質感も感じられました。ゆえにベイクドチーズケーキなのではないかと予想しています。

モリバコーヒーのチーズケーキ (14)

「なめらかチーズケーキ」という商品名のとおり、先のバスクチーズケーキに比べるとなめらかな舌ざわりです。レアかベイクドなのかはわかりませんが、どちらかといえばレアに近いといえます。

甘さやコクは控えめで、軽い口当たりで、とても食べやすいチーズケーキであり、小腹を満たすにはちょうどよさそうです。

スポンサーリンク

チョコミルクレープ

今回はモリバコーヒーのミルクレープも食べたので、せっかくなので紹介します。

モリバコーヒーは定期的にデザートメニューの一部をリニューアルしています。このシーズンのミルクレープは、チョコレートを使ったものでしたが、過去にはあまおういちごやパンプキンのミルクレープを販売していたことがあります。

モリバコーヒーのチョコミルクレープ (3)
モリバコーヒーのチョコミルクレープ (4)
モリバコーヒーのチョコミルクレープ (5)

チョコレートを使ったクレープ生地に、チョコレートを使ったクリームをサンドしたチョコレートづくしのミルクレープです。

チーズケーキを食べるかたわら、カフェやスーパーのミルクレープもよく食べるのですが、チョコレートのミルクレープは非常に珍しいです。

以前、セブンイレブンが生チョコミルクレープというものを販売していたことがありますが、それ以外ではみたことがありません。カフェもスーパーも、普通の生クリームのミルクレープが主流です。

モリバコーヒーのチョコミルクレープは、全体的にやさしめの味です。

モリバコーヒーのチョコミルクレープ (1)

チョコレートも、クリームも、どちらもそれほど主張は強くなく、軽い感じで食べることができます。

もう少しクレープ生地のもちもちした食感を感じられるといいなと思いましたが、全体的に美味しいミルクレープでした。

ちなみにモリバコーヒーは、以前はいちごやパンプキンのミルクレープを販売してことがあるようです。

これまで色々なお店のミルクレープをみてきましたが、パンプキンやあまおういちごといったミルクレープを販売している(いた)のは、モリバコーヒーだけでしょう。今後も色々なフレーバーのミルクレープを出してほしいものです。

ちなみに他店のミルクレープは以下のページでまとめています。

ユニークなスイーツメニューがあるモリバコーヒー

最後にモリバコーヒーについて簡単に説明します。

モリバコーヒーは、前述のとおり、すき家やファミレスのココスなどを展開するゼンショーが手掛けるカフェです。

まだまだ店舗は少なく、全国に14店ほどしかありません。店舗は東京に集中しているため、なかなか利用する機会がないかもしれません。

一方でバスクチーズケーキやマリトッツォといったトレンドスイーツをいち早く提供したり、先のミルクレープのような他店にはスイーツを提供したりとユニークな取り組みが見られるカフェです。

モリバコーヒー
モリバコーヒー 目黒店の写真
モリバコーヒー
モリバコーヒー 渋谷店

これからも、他店のカフェチェーンにはないユニークなスイーツを提供してくれるはずです。本ブログでも、モリバコーヒーのチーズケーキについては随時紹介していければと思っています。

お店の公式サイトなど

その他、当ブログの関連記事

チェーンカフェ・喫茶店
スターバックスやエクセルシオール、ドトール、ベローチェ、コメダ珈琲店など、チェーンのカフェ・喫茶店で食べたチーズケーキの一覧です。スタバ…
タイトルとURLをコピーしました