-Ads-
個人店の洋菓子屋

東京・小岩【パスカル(PASCAL)】のカマンベールチーズケーキとカスタードシューを実食|小岩の昔ながらの洋菓子店で食べるチーズケーキ

小岩 パスカル(PASCAL) (24)個人店の洋菓子屋

小岩駅の南口商店街で見つけた「パスカル(PASCAL)」という洋菓子屋。今回はこちらで見つけたカマンベールチーズケーキとカスタードシューを紹介する。

ちなみに後でも解説するが「パスカル(PASCAL)」は小岩だけでなく、千葉県の八千代台にも店舗がある。

店舗の所在は以下の公式サイトで紹介されている。

-Ads-

パスカル(PASCAL)について

小岩 パスカル(PASCAL) (23)
パスカル(PASCAL)小岩南口店

今回利用した店舗は東京都江戸川区の小岩駅南口から徒歩3分ほど場所にある。

1店だけの街のケーキ屋かと思っていたが、ネットで情報を調べてみると、意外にも他にいくつか店舗があった。

  • 小岩本店(小岩駅から徒歩20分 ※マップ
  • 小岩南口店(小岩駅から徒歩3分、今回利用した店舗 ※マップ
  • 八千代台店(千葉県八千代台 ※マップ

また小岩本店と、八千代台店にはイートインスペースがあるそうだ。今回利用した小岩南口店にはないが。以下は小岩本店が紹介されているメディアである。店内の様子も紹介されている。

【小岩】自分だけのお気に入りが見つかるケーキ屋さん「パスカル」
こんにちは、キム姉です! せっかく春がやってきたのに外出もままならない今日この頃ですが、みなさんいか...

またグーグルマップに店内の360度画像があった。店内の様子もケーキのラインナップも確認できて、これはすごい。

ちなみに公式サイトによると設立は1975年で、外見からもわかるとおり昔からこの街にあり、近所の人のハレの日を支えてきたケーキ屋だ。

今回購入したのはシュークリームとチーズケーキだけであるが、他にも実に様々な洋菓子がある。洋生菓子はショートケーキやモンブラン、プリン、プリンアラモード、チョコレートケーキといった、どちらかといえばジャパニーズ洋菓子が多い印象である。焼き菓子はフィナンシェやマドレーヌ、クッキーなど王道のものを揃えており、手土産に重宝しそうである。

パスカルがある小岩駅の様子

今回利用した小岩南口店(東京都江戸川区)は、小岩駅を出てすぐ商店街の場所にある。小岩駅を降りたのは初めてだったが、駅前は複数の商店街が放射状に伸びており、にぎやかな街であった。

またパスカルの他にもジルバード洋菓子店という風情のあるケーキ屋が1つあった。チーズケーキはなかったがマドレーヌは大変美味しかった。

-Ads-

【実食】カマンベールチーズケーキ(370円)

さて今回購入したチーズケーキは、こちらのカマンベールチーズケーキだ。

老舗のケーキ屋なので、クラシックタイプのチーズケーキがあるのかと思っていたが、意外にも「カマンベールチーズケーキ」というひとひねりあるチーズケーキだ。

ちなみに今回は売り切れていたが、レアチーズケーキも販売している。

小岩 パスカル(PASCAL) カマンベールチーズケーキの写真 (15)

表面にあるゴツゴツしたものは、砕いたチーズ。写真だとわかりにくいが土台にはスポンジ生地もある。

これまでいくつかカマンベールチーズを使ったチーズケーキを食べてきたが、パスカルのチーズケーキは、そのどれともタイプが違う。

以下の写真はすべてカマンベールチーズケーキという名前で売られていたものだ。色も形もまったく違う。

さてパスカルのチーズケーキだが、味はとても美味しい。カマンベールが使用しているだけあり、味と風味に深みと多様性がある。色々な価値観を認めようという現代的な姿勢が見てとれる。

さらに食感も良くて、ふわっとした質感と、ジェノワーズ(スポンジ生地)の感覚を両方楽しむことができ、表面にサイコロ型のちょっと固めのチーズもいいアクセントになっている。

これまで色々なカマンベールチーズケーキを食べてきたが、どれも美味しかった。カマンベールチーズは味にクセがなく、スイーツにもよくマッチするのだろう。

今回のパスカルのチーズケーキは、カマンベールの良いところをしっかり生かしたチーズケーキになっている。カマンベールチーズが苦手な人でも美味しくいただけるのではないかと思う。

-Ads-

【実食】カスタードシュー(230円)

今回はシュークリームである「カスタードシュー」も購入したので、こちらも紹介する。

小岩 パスカル(PASCAL) シュークリーム (2)
小岩 パスカル(PASCAL) シュークリーム (4)
小岩 パスカル(PASCAL) シュークリーム (3)

外はやや固め、中はふんわりしたシュー生地。それを半分に割り、なかにカスタードクリームを詰めたシュークリームである。

なかにはぎっしりカスタードクリームがつまっている。写真でもわかるとおり、バニラビーンズがつまっており、その風味を存分に感じられる。

重さやくどさはなく、胃もたれすることもなかった。思わず「うまっ」とつぶやいてしまいそうな、美味しいシュークリームだ。

-Ads-

公式サイトやお店のSNS、口コミ検索など

※小岩南口店

お店の公式サイトやマップは以下に。連絡先などは公式サイトに記載してある。また商品のラインナップは食べログやGoogleマップに投稿されている写真をみると確認できると思う。

-Ads-

その他、当ブログの関連記事

個人・中小のケーキ屋、洋菓子屋
「個人店の洋菓子屋」の記事一覧です。
洋菓子屋・パティスリーのチーズケーキ一覧
パティスリーやケーキ屋、洋菓子屋など、商品の種類が豊富でテイクアウトが専門のお店のチーズケーキを紹介しています。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました