チーズケーキ通信|チーズケーキ、チーズスイーツの専門ブログ

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介中!

【東京ミルクチーズ工場】一部店舗限定のチーズクッキーキュー「チーズパフ」を実食レポ

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

ミルクとチーズを使ったスイーツを販売している「東京ミルクチーズ工場」が、一部の店舗限定で販売している「チーズパフ」を購入してみました。

なんとも美味しいスイーツで、チーズスイーツ好きにぜひおすすめしたい商品でした。

東京ミルクチーズ工場について

「東京ミルクチーズ工場」は牛のロゴが印象的なスイーツのブランドです。株式会社シュクレイという企業が手がけるブランドで、同社には「ザ・メープルマニア」や「バターバトラー」といった人気のお菓子ブランドもあります。

また株式会社シュクレイは寿スピリッツという企業の関連会社で、系列にはルタオを手がける株式会社ケイシイシイもあります。つまり東京ミルクチーズ工場は、人気のお菓子をいくつも手がける会社のブランドなのです。

東京ミルクチーズ工場はミルクやチーズを使ったスイーツを販売するブランド

販売している商品は前述のとおり、チーズやミルクを使ったスイーツです。チーズケーキやチーズフィナンシェ、チーズラングドシャ、焼き菓子タイプのチーズケーキなど、様々なチーズスイーツを手がけています。過去にもこのブログで紹介しています。

▼過去に当ブログで紹介した東京ミルクチーズ工場のスイーツ

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/ckkanazawa/20240518/20240518045400.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/ckkanazawa/20240518/20240518045616.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/ckkanazawa/20240518/20240518045338.jpg

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/c/ckkanazawa/20240518/20240518044835.jpg

cheese-cake.net

 

 

クリームパフについて

2店舗限定(本記事執筆時点)のチーズスイーツ

今回は購入したチーズパフは、ルミネ新宿店羽田空港第2ターミナル 東京食賓館3番時計台前店の2店舗でのみ販売されている商品です。

東京ミルクチーズ工場のなかで、唯一、その場ですぐに食べられるスイーツです。今回はテイクアウトしています。

カマンベールを使ったクッキーシューにチーズクリームを入れたスイーツ

チーズパフは、カマンベールチーズクッキーをのせて焼き上げたシュー⽣地の中に、チーズクリームを入れたスイーツです。簡単にいえばチーズクッキーシューといった感じでしょうか。

 

中身のクリームは注文後に目の前で入れてくれます。その場でハンディで食べることも、テイクアウトも可能です。

値段は税込み351円 で、サイズはビアードパパの商品と同じくらいでしょうか。今回は新宿のルミネ1にある店舗で購入しました。

チーズパフを食べた感想

まず外側のシュー生地がとても美味しいです。ややサクッとした食感のなかから、バターのまろやかな風味と、カマンベールの風味を感じられます。

中にはこれでもかというほどにクリームがたっぷり入っており、このチーズクリームはとてもなめらかな舌ざわりで、ミルキーな味わいとコクを楽しめます。酸味はあまりなく、食べやすい味です。

何よりクッキーシューのカマンベールがなんとも印象的です。それほどクセはないマイルドなカマンベールの風味なのですが、このカマンベールの風味によって深みが増していて、クセになる美味しさとなっています。

チーズシュー的なスイーツはチーズ感を抑えたものが多いのですが、こちらはしっかりチーズ感を楽しめました。チーズスイーツ好きの方にぜひおすすめしたい一品です。

購入店、値段、販売店舗など

  • 購入した店:東京ミルクチーズ工場(今回は新宿ルミネ1の店舗を利用)
  • 取り扱い店舗:ルミネ新宿店・羽田空港第2ターミナル 東京食賓館3番時計台前店(本記事執筆時点の販売店)
  • 商品名:チーズパフ
  • 値段:351円
  • 公式サイトの商品ページ

東京ミルクチーズ工場の他のスイーツはこちら

cheese-cake.net

系列ブランドのスイーツはこちら

cheese-cake.net

cheese-cake.net

cheese-cake.net

プライバシーポリシーお問い合わせ