荻窪【サンドイッチとコーヒーampere荻窪店】図書館併設のおしゃれカフェのチーズケーキ

サンドイッチとコーヒー ampere(アンペア) (9)個人店のカフェ・レストラン

「サンドイッチとコーヒー ampere(アンペア)荻窪店」は、JR中央線の荻窪駅から徒歩10分の場所にあるカフェで、杉並区立中央図書館に併設されています。

杉並区中央図書館は、2020年の9月5日に1年半の改修工事を経てリニューアルオープンしました。併設のカフェとして同時にオープンしたのがampere(アンペア)でした。

ampere(アンペア)はコーヒーとサンドイッチを販売するカフェです。1号店は渋谷の青山学院大学の近くにあり、荻窪は2店舗目のようです。1号店の渋谷は本記事執筆時点では休業となっています。

スポンサーリンク

図書館併設のカフェなのにめちゃくちゃいい雰囲気

図書館併設の飲食店といえば、薄暗い昭和の学生食堂やパーキングエリアのカフェテリアのイメージでした。

しかしampere(アンペア)は、昭和の薄暗いカフェテリアではなく、今風のスタイリッシュなカフェです。

サンドイッチとコーヒー ampere(アンペア) (6)

明るく清潔感があり、広くてゆったりしており、近所にあったら頻繁に利用してしまうであろう、いい感じのカフェです。

杉並区中央図書館も、2020年にリニューアルしただけあり明るくて清潔感があります。本が好きな私としては、杉並区民が本当に羨ましい限りです。

杉並区中央図書館
杉並区中央図書館。夜なので雰囲気良さは伝わりませんが。

余談ですが、近年図書館に併設されるカフェとしてスターバックスが入る例を度々見かけます。スターバックスは好きなのですが、日本の行政機関が運営する図書館なのですから、外資系企業のカフェではなく、地元密着のカフェを入れて欲しいものです。せめて日系企業を選んで欲しいものです。

ampere(アンペア)は、1号店は渋谷でしたが日本の地域密着系カフェです。このカフェを選んだ杉並区中央図書館は、とても応援したくなります。

スポンサーリンク

ampere(アンペア)のチーズケーキ(食べた感想)

こちらがampere(アンペア)で食べたチーズケーキです。

土台にクッキー生地があり、表面にはいい具合の焼き色がついています。まさにお手本のようなベイクドチーズケーキです。美しい。

サンドイッチとコーヒー ampere(アンペア) (9)
サンドイッチとコーヒー ampere(アンペア) (9)

食感はねっとり、むっちりで、途中でクッキー生地のサクサクを感じます。

サワークリームの乳味と酸味が心地いいです。非常にシンプルなチーズケーキですが、チーズケーキの美味しさ、魅力を非常によく引き出しています。

スポンサーリンク

ampere(アンペア)の他のメニュー

他にもホットサンドやフルーツサンドなどのサンドイッチ系のメニューがあります。

ドリンクメニューも豊富で、ハーブティーやホットのレモネードなどのノンカフェインもあります。

チーズケーキはレジ前に陳列されていました。定番のメニューではないよなので、なくなる可能性があります。

スポンサーリンク

公式サイトや各種検索

その他、当ブログの関連記事

個人系カフェについては以下のページでまとめています。

個人店のカフェ・レストラン
「個人店のカフェ・レストラン」の記事一覧です。
タイトルとURLをコピーしました