-Ads-
チェーン系洋菓子屋

岡山のローカルチェーン【白十字(HAKUJUJI)】のスフレチーズケーキとカマンベールのレアチーズケーキ

岡山・白十字(HAKUJUJI)チェーン系洋菓子屋

岡山の洋菓子屋「白十字(HAKUJUJI)」とそのチーズケーキについて紹介します。

-Ads-

岡山、広島、兵庫に出店するローカルチェーンの洋菓子屋「白十字」

白十字(はくじゅうじ)は1957年(昭和32年)に岡山の表町で創業した洋菓子屋です。その特徴をまとめると次のとおりです。

  • 岡山、広島、兵庫に30店以上を出店するローカルチェーン
  • 創業1957年の老舗
  • 自社で苺農園を持つ
  • フルーツタルト、モンブラン、ショートケーキ、チーズケーキ、チョコレートケーキなど食べやすいケーキが中心

白十字は岡山県を中心に広島、兵庫に出店しています。店舗数は全部で30店を超えます。いわゆるローカルチェーンとなる洋菓子屋です。

今回は岡山駅の地下にある商店街である一番街の店舗を利用しました。

そのラインナップは、岡山県の名物である果物をふんだんに使ったフルーツタルトやショートケーキなどです。他にも栗やさつまいものモンブランや、チョコレート系のケーキ、チーズケーキなどが並びます。フランス語を使った読みにくい名前の商品やお酒を使った商品などはなく、誰もが食べやすいチェーン店らしいラインナップだといえます。

生菓子以外にもフィナンシェやマドレーヌ、バウムクーヘンなどの焼き菓子や、白あんやチョコレートを使った饅頭といった和菓子もあります。

北海道のローカルチェーンである「モリモト」や、青森県のローカルチェーンである「ラグノオ」も和菓子と洋菓子を販売する店でした。和菓子と洋菓子を販売するのは、それなりに歴史があるローカルチェーンによくあることなのかもしれません。全国出店しているシャトレーゼもそうですが。

さて、今回は2つのチーズケーキと人気商品であるワッフルを購入しました。

-Ads-

【チーズカット】ふわふわだが食べごたえがあるスフレチーズケーキ

まずこちらは「チーズカット」という商品名のチーズケーキです。

このチーズケーキのホールケーキが売られており、それをカットしたケーキなので「チーズカット」という商品名になっていると考えられます。

値段は税込み260円(訪問時)。ホールサイズ(15cm)は税込み1250円です。洋菓子屋としてはお手頃な価格です。

「デンマーク産クリームチーズ使用。湯せんでじっくり焼き上げたスフレタイプのチーズケーキ。」とのこと。”湯せん焼き”はオーブンで焼く際に、下皿などに水を張り、蒸気を発生させて焼く方法です。

ケーキの表面には光沢があり、こちらはあんずソースだと思われます。これはスフレチーズケーキによくみられる加工です。

スフレタイプではありますが、意外とむっちりした質感です。一般的なスフレチーズケーキは、ふわふわ、シュクシュクのものが多いのですが、こちらはもう少しボリューム感があります。一般的なベイクドチーズケーキを彷彿とさせるものがあります。個人的にはかなり好きです。

甘み、コクは優しめで、ほのかに酸味があり、非常に食べやすいです。どっしりした感じはなく、全体的に控えめな印象です。万人受けする食べやすいスフレチーズケーキです。

-Ads-

【カマンベールフロマージュ】カマンベールのコクとレモンの酸味を楽しむレアチーズケーキ

もう1つチーズケーキがあったので注文しました。こちらは「カマンベールフロマージュ」という商品です。

2層になっており、下にはスポンジ、上にはカマンベールのレアチーズケーキです。スポンジにはレモンのソースのようなものが挟まれています。

値段は380円です。

岡山・白十字(HAKUJUJI)のカマンベールフロマージュ (6)

こちらはレアチーズケーキですが、一般的なレアチーズケーキとは違い、土台に厚めスポンジを敷いています。しかもこのスポンジはしっかりレモンの風味があります。またカマンベールチーズを使っているのも特徴的です。

カマンベールの風味はしっかりありますが、くどいほどではありません。程よいという感じです。ただし、しっかりカマンベールの風味はあるので、苦手な人にはおすすめできません。

かなりはっきりレモンの風味があり、全体的な印象をさっぱりさせています。表面に添えられたクランブルのザクザク感もいいアクセントになっています。しっとり、ふわふわの食感にザクザクという軽快で楽しさのある食感が加わり、飽きを解消してくれます。

先のスフレチーズケーキのような万人受けするチーズケーキがある一方で、カマンベールチーズというややクセのある材料を使ったチーズ好きのためのチーズケーキもあります。白十字はそういったバランスの取れた商品を揃える店であることが伺えます。

-Ads-

ワッフル

チーズケーキではありませんが、人気商品とのことだったのでワッフルも購入してみました。

税込み140円です。はちみつを使ったふわふわの生地にカスタードクリームをサンドしています。オーソドックスなタイプのワッフルです。

ふわふわな生地のほどよいコクのカスタードクリームがしっかりマッチしています。文句なしの美味しさです。白十字のロングセラー商品というのも頷けます。

-Ads-

お店の詳細など

その他、関連記事

その他、岡山で食べたチーズケーキはこちら。

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューのリニューアルや閉店などの可能性があります。利用する際は公式サイトやSNSで最新情報を確認することをおすすめします。
※当サイトでは、第三者配信の広告サービスを利用しています。当サイトで紹介する一部の商品・サービスを当サイト記載のリンクから利用、購入すると売上の一部が当サイトに還元される場合があります。

-Ads-
執筆・管理
かなざわ

ブログの執筆、運営をしているチーズケーキマニアのかなざわです。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、ネットで日々チーズケーキを取り寄せ、チーズケーキを記録しています。

フォロー

自費出版物

ミルクレープの歴史と普及の過程に迫る【ミルクレープとは何か?】

ミルクレープとは何か? 表紙

ミルクレープはいつ頃から日本に存在するのか? ミルクレープはどのようにして私たちの生活に定着したのか? これまで詳しく語られることがなかったミルクレープの歴史やその特性を掘り下げた一冊。新しいミルクレープの姿を垣間見れる内容になっています。Amazonにて販売中。

※購入・詳細はこちら(Amazon)

40店以上のミルクレープを写真で紹介!【ミルクレープ図鑑】

日本にはどのようなミルクレープが存在するのか? カフェや洋菓子屋、寿司屋にいたるまで、あらゆる店のミルクレープを写真で紹介する一冊。全40店以上のミルクレープを収録しており、まさにミルクレープ図鑑といえる内容になっています。Book★Walkerにて販売中!

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

チェーンカフェチーズケーキ録(2021年版)

全21店のカフェのチーズケーキについて、写真と文章で解説した一冊です。Book★Walkerにて販売しています。

購入・詳細はこちら(Book★Walker)

現在はミルクレープの本が多いですが、次はチーズケーキの日本における歴史や普及の過程をとことん掘り下げた本を出版予定です。

フォロー
-Ads-
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました