【セブンイレブン/ロピア】ベイクドチーズケーキ|ブワっと広がる濃厚なチーズの風味を楽しめる

ロピア ベイクドチーズケーキ (3) セブンイレブン

セブンイレブンで変わったチーズケーキを発見しました。

厳密にはよくあるベイクドチーズケーキなのですが、セブンイレブンにはこれまでなかったタイプのチーズケーキなのです。

セブンイレブンの代表的なチーズスイーツといえば、三角タイプの「ニューヨークチーズケーキ」や、焼き菓子と一緒に販売されている「2種チーズ使用したベイクドチーズケーキ」が有名です。

どちらも200円前後の値段で、1人で無理なく食べられるボリューム。

しかし今回発見したベイクドチーズケーキは、前述のチーズケーキとは明らかにタイプが違うのです。

ロピア ベイクドチーズケーキ (2)

まずサイズ。

とても1人前にとは思えないサイズです。

もちろん1人でも全然食べられる量なのですが、「1人で食べるにはちょっと多い気がする」と思わざるえないボリューム感なのです。

そして、パッケージにはセブンイレブンのロゴがありません。

いったいこのチーズケーキは何なのでしょうか?

よくみてみると値札のところに「ロピア」という記載があります。

調べてみるとこのベイクドチーズケーキは、チルドスイーツを販売するロピアという会社が製造し、セブンイレブンで販売しているとのこと。

ということで、セブンイレブンで売られている「ロピア」のベイクドチーズケーキを食べたので、その感想を紹介していきます。

スポンサーリンク

「セブンイレブン/ロピア」のベイクドチーズケーキ

ロピア ベイクドチーズケーキ (3)

シンプルにベイクドチーズケーキと記載されたパッケージ。

このような形で売られているベイクドチーズケーキは、コンビニではあまりみたことがなく、何か特別な、高級なスイーツであるような感じがします。

ロピア ベイクドチーズケーキ (5)

ふたを開けてみると、薄い包みに覆われたベイクドチーズケーキが登場。

その様子は他の安価なスイーツと一線を画す、堂々たるたたずまい。

ロピア ベイクドチーズケーキ (7)

カップから取り出し、お皿に移す。

その姿は高級なケーキ屋のベイクドチーズケーキと見分けがつきません。

「表参道のチーズケーキ専門店で買った」などといっても疑われることはないでしょう。

ロピア ベイクドチーズケーキ (12)

きれいな円。

なめらか表面。

薄い黄色、薄いクリーム色をしたベイクドチーズケーキです。

ロピア ベイクドチーズケーキ (11)

ベイクドチーズケーキ、クッキーのシンプルな二層構造。

美しくなめらかなその見た目は、私の胃袋を誘惑します。

ロピア ベイクドチーズケーキ (13)

いざ食べようとフォームを通すのですが、やわらかく、若干パラパラとしたそのチーズケーキであるため、うまくすくえないまま崩れてしまう。

どうにかフォームによそい食べてみると、その食感は、どちらかというとねっとり系であることが分かります。

ベイクドチーズケーキは、パラパラとしたタイプとねっとりしたタイプにわかれるのですが、今回のロピアのベイクドチーズケーキと、パラパラタイプと見せかけて、ねっとりタイプです。

ロピア ベイクドチーズケーキ (14)

とても濃厚な口当たり。口に運んだ瞬間、チーズの酸味が口のブワっとひろがります。

フワッとではない、ブワっとです。

何が言いたいかというと、とても濃厚なのです。

甘さは控えめ。チーズの酸味、風味を存分に味わえます。

ロピア ベイクドチーズケーキ (1)

ベイクドチーズケーキの下にあるクッキーの層だが、こちらはしっとり感が残るタイプ。

ザクザクした食感はないが、甘めのクッキーの味がしっかりあります。

その甘めの味は、甘さ控えめのベイクドチーズケーキと相性抜群。

1人で食べるには、少し量が多いようにも感じましたが、チーズケーキ風味を存分に楽しめるその味のおかげで、最後まで飽きずに堪能できます。

ぜひおいしいコーヒー、お茶などと一緒に召し上がっていただきたい逸品です。

「セブンイレブン/ロピア」のベイクドチーズケーキのカロリーや値段について

商品名ベイクドチーズケーキ
タイプベイクドチーズケーキ
値段369円円(税別)
カロリー381kcal
特徴甘さ控えめ、チーズの酸味を存分に楽しめるベイクドチーズケーキ

ロピア ベイクドチーズケーキ (4)

ロピアについて

今回紹介したベイクドチーズケーキは、チルドスイーツを製造している株式会社ロピアが製造しているものです。

ベイクドチーズケーキ以外にも、セブンイレブンで販売されているスイーツのなかには、ロピアが製造しているスイーツがあるとのことで、製造元を見てみると判断できます。

ちなみに「ロピア」という格安スーパーマーケットもあるがそれはまったく別です。

公式サイト:ロピア(公式サイト)