【スターバックス】ニューヨークチーズケーキ|見とれるほどなめらかで美しいチーズケーキ

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (2) カフェチェーン

チェーンカフェのなかでもトップクラスの店舗数・人気を誇る「スターバックス」。

そんなスターバックスにある「ニューヨークチーズケーキ」は、なんといっても美しい。

これまでいろいろなチェーンカフェのチーズケーキを食べてきましたが、見た目の美しさはスターバックスが断トツです。

ではいったい、味や食感はどうなのか? 

実際に食べたので、味や食感について紹介します。

ニューヨークチーズケーキとは、ベイクドチーズケーキの一種。

オーブンできつね色になるまで焼きあげるがベイクドチーズケーキ。対して、ニューヨークチーズケーキは小麦粉をほとんど使用せず、湯煎焼きにするそうです。また、クリームチーズの使用量もほかのチーズケーキに比べて多いのが特徴とのこと。

※参考:「ニューヨークチーズケーキ」のこと、きちんと知ってる?レシピや東京のお店までご紹介!(macaroni)

スポンサーリンク

スターバックスのニューヨークチーズケーキ

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (3)

見とれてしまうほど、美しくなめらかな見た目をしたニューヨークチーズケーキ。

見た目の美しさは、チェーンカフェのなかではNO.1でしょう。

公式サイトの説明文を読んでみると、見た目にもこだわっていることがわかります。

厳選された2種類のクリームチーズを使用し、程よいコクがありながら、後味はさっぱりと口どけが良くなるように仕上げました。きれいなグラデーションになるように焼きあげた表面と、底に敷いたザクザクとした食感のクラムも特長です。

※スターバックス公式サイトより

チェーンカフェではお決まなのですが、生クリームやベリーのコンポートなどという余計なトッピングはありません。

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (6)

弾力のある硬めのチーズケーキ

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (4)

ベイクドチーズケーキは、お店によってパラパラした質感の場合があり、パラパラしたタイプは、フォーク通した途端崩れしまい、すくうのが大変なことも。

しかしスタバのニューヨークチーズケーキは、ある程度弾力、硬さがあり、パラっと崩れるような感じはありません。

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (5)

甘さと酸味のバランスが絶妙

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (9)

一口サイズにカットし口に運びます。

しっとりとした食感。そしてチーズの酸味と甘みが口に広がります。

ケーキを飲み込んだ後も、チーズの風味が口の中にしっかり残り、その中にコーヒーを流し込む瞬間は格別。

さすが世界のスターバックス。しっかりと贅沢な時間を届けてくれます。

甘さと酸味のバランスは絶妙であり、人によっては、もしくは体調によっては甘いと感じたり、酸味が強いと感じたりするかもしれません。

厚めのクッキー生地の食感がいいアクセントに

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (8)

さらにクッキー生地は厚め。

フォークを通すときは少し力を入れない、とクッキー部分を貫けないほど。

その食感はかなりはっきりザクっとしており、ベイクドチーズケーキとクッキー生地を同時に食べると、「しっとり」と「ザクっ」を同時に楽しめます。

またクッキー生地は甘いだけではなく、わずかにしょっぱさも。

ほのかにしょっぱいさがあるクッキー生地は、甘酸っぱいチーズケーキのアクセントとしては抜群。

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (2)

味や食感に大きな特徴があるわけではありあせんが、コーヒーとの相性は抜群です。

値段も420円であり、チェーンカフェのなかでは平均的。

存分に至福の時間を届けてくれるので、コストパフォーマンスは決して悪くないでしょう。

スターバックスのニューヨークチーズケーキのカロリーや値段について

スターバックス ニューヨークチーズケーキ (1)

商品名ニューヨークチーズケーキ
タイプベイクドチーズケーキ
値段420円(税別)
カロリー414kcal

スターバックス 公式サイト