スポンサーリンク
個人・中小のケーキ屋、洋菓子屋

【チーズケーキショップヒキタ】未知との遭遇Ⅱを実食|大阪のチーズケーキ専門店ヒキタのレアとベイクドのチーズケーキセット

チーズケーキショップ疋田(Hikita)個人・中小のケーキ屋、洋菓子屋

スイーツ激戦区の大阪。Pablo、りくろーおじさんといった全国的に有名なお店から、箕面や豊中などの高級住宅地の荘厳なパティスリーまで、大阪には有名なケーキ屋が数多く存在する。

今回紹介するそんな激戦地、大阪で生まれたチーズケーキ専門店だ。

店名は「チーズケーキショップヒキタ」。高級住宅地の1つとしても有名な豊中でオープンにある。

※公式サイトから取り寄せも可能

スポンサーリンク

チーズケーキショップヒキタとは?

「チーズケーキショップヒキタ」は大阪豊中にあるお店で、店名からもわかる通りチーズケーキ専門店だ。常時8種類ほどのチーズケーキを店頭、そしてネットで販売している。

定番のベイクドチーズケーキから、

  • ゴルゴンゾーラのチーズケーキ
  • 紅茶のチーズケーキ
  • 抹茶のチーズケーキ
  • ベリーのレアチーズケーキ
  • マンゴーのレアチーズケーキ

など、他店にはないようなフレーバーのチーズケーキも。詳細は公式サイトから確認可能だ。
公式サイト

チーズケーキセットもある

ヒキタでは、ありがたいことに色々なフレーバーをまとめたケーキセットなるものも販売している。以下の写真がそれだ。

こちらのセットでは、ベイクド、ゴルゴンゾーラ、紅茶、抹茶、レアチーズケーキ、ベリー、苺、マンゴーの8種が同封されている。チーズケーキ好きはたまらないセットだ。

ネットでも取り寄せることができるのだが、月末最終土日だけ販売しているそうだ。詳しく公式サイトをチェックしていてだければと思う。
公式サイト(ホームページ)

その他、人気のレアとベイクドがセットになっているチーズケーキも。ちょうど今回注文したのがこのセットだ。

チーズケーキショップヒキタ
スポンサーリンク

ベイクドとレアのセット「未知との遭遇」 1820円

どうせだったら8種のチーズケーキセットを購入したかったが、タイミングが合わなかったので、今回購入したのはレアとベイクドのハーフアンドハーフだ。

名前は「未知との遭遇」。

チーズケーキショップ疋田(Hikita) (2)
チーズケーキショップヒキタ

こちらはヒキタが誇る定番の味らしい。

こだわり卵のベイクドチーズケーキ

チーズケーキショップヒキタ

まずはベイクドチーズケーキから。

商品名は「こだわり卵のベイクドチーズケーキ」。

名前にある通り卵にこだわっているらしく、広島県石本農場で、無農薬の天然飼料を食べて育った鶏の卵を使用している。その味はふんわりと優しくなっている、らしい。

「広島」「石本農場」などといわれても正直わからない。実際の農場を見たわけでもないし、実際の卵を食べたわけでもない。

しかし実際に食べて思ったのは、たしかに普段食べるチーズケーキよりも、このチーズケーキは独特のやさしい風味があったということだ。

こだわり卵の風味が良い

チーズケーキショップ疋田(Hikita)  (11)
チーズケーキショップ疋田(Hikita)  (13)

「フワッ」としていて優しい口当たりに、咀嚼した時に吹き上げる風味は「格別」の一言だった。飲み込んだ時にこみ上げる風味はたまらなく良い。

これまでに味わったことがない何ともいえない風味の良さは、やはりこだわりの卵だからなのだろうか。

この卵の風味を味わうだけでも、一食の価値はある。

クッキー生地の「サクッ」として食感がたまらなく良い

またクッキー生地の食感も印象的だ。

実は土台にも一工夫があって、全粒粉クッキーを使用し、さらに水飴を使うことで、香ばしくカリッとした食感にしあげているそうだ。

たしかに「サクッ」「ゴロッ」とした歯ざわりの良さと、口のなかで響く音は、チーズケーキの美味しさをより引き立てていた。

ちなみに土台のクッキー生地に水飴を使用する例はこれまでに聞いたことがない。たいていはバターを使っている。

チーズケーキショップ疋田(Hikita)  (13)

まとめると、非常に素晴らしいチーズケーキであった。

一見の普通のベイクドチーズケーキではあるが、卵の独特の風味と、クッキー生地のサクサク感は、とても印象的だった。

さすが大阪の有名店のチーズケーキ、一食の価値は存分にあるだろう。

▼店舗による商品説明

石本農場こだわりの広島県産牡蠣の殻を食べた鶏が産むカルシウムたっぷり卵を使用。オーストラリア産クリームチーズの滑らかな生地はしっとりとしていながら卵の優しい風味がふんわり香る食感。

公式サイトの商品説明

究極のレアチーズケーキ

チーズケーキショップ疋田(Hikita) レアチーズケーキ

続いてはレアチーズケーキ。

商品名は「究極のレアチーズケーキⅡ」となっている。

「究極のレアチーズケーキⅠ」は店頭で買えるレアチーズケーキで、ネットで買えるレアチーズケーキは、「究極のレアチーズケーキⅡ」になるらしい。

卵を使用したレアチーズケーキ

チーズケーキショップ疋田(Hikita) (7)

同じレアチーズケーキでも店頭用と発送用の2種類あるそうで、発送用では卵を使用し、口当たりをなめらかにしているとのこと。

一般的にレアチーズケーキはゼラチンを使って固めるので、卵は使用しない。一方、ヒキタはレアチーズケーキに卵を使用した非常に珍しいタイプだ。それだけでも食べる価値はあるだろう。

また牛乳も使用しているらしく、牛乳も一般的にレアチーズケーキには使用しないので、珍しい。

ムースのような柔らかさと口溶けの良さが印象的

チーズケーキショップ疋田(Hikita) レアチーズケーキ

しっとりとした口溶けのよさと、ムースのようなふわふわした舌触りを両方楽しめる。生クリームがほどよく泡立てているからだろうか。

ここまで柔らかい口当たり、舌触りのレアチーズケーキはなかなかめずらいもので、感動を覚える。

それでもしっかりコクがある。「濃厚」とまではいかないが、ストンと舌に乗り込む感覚で、食べごたえもあるのだ。

チーズケーキショップ疋田(Hikita) レアチーズケーキ

ベイクドチーズケーキ同様、クッキー生地の「ザクザク」と口内に響く音は、咀嚼を楽しませてくれる。

非常に完成度が高いチーズケーキであることは間違いないだろう。

ちなみにレアチーズケーキはワインの美味しさを引き立ててくれる味だそうだ。以下の記事で紹介されていた。僕はワインを飲まないのでわからないが、好きな方はぜひマリアージュを楽しんでみてほしい。

【東京vs大阪】大人を喜ばせる手土産の決定版!技ありチーズケーキ - ippin(イッピン)

▼公式サイトの商品説明

チーズのプロが厳選したミルキーなオーストラリア産のクリームチーズと風味豊かな北海道産の牛乳、コクのある生クリームを使用。濃厚なクリームチーズの風味を残しながら口当たりの軽い食感がポイント。土台はサクサクとしたクッキー生地。

公式サイトの商品説明より

お店の情報・購入情報(公式サイトなど)

チーズケーキショップ疋田(Hikita) (2)
公式サイトや各種リンク

▼ヒキタのチーズケーキの質感がわかる動画

【取り寄せ】チーズケーキショップ ヒキタ(Hikita)のベイクドチーズケーキとレアチーズケーキのセット「未知との遭遇」

類似のチーズケーキ、併せておすすめのチーズケーキ

大阪で感動したチーズケーキは以下のページでまとめている。

また取り寄せて美味しかったチーズケーキは以下のページに。

タイトルとURLをコピーしました