スポンサーリンク
個人店のカフェ・レストラン

【Namery|MOCHA】のプレーン、Koiほうじ茶を実食|チーズケーキ専門店で食べるレアチーズケーキとほうじ茶チーズケーキ

チーズケーキ専門店 namery (3)_R個人店のカフェ・レストラン

2020年12月に、東京の各地にオープンした「チーズケーキ専門店 Namery(ナメリー)」。

抹茶やほうじ茶、コーヒー、チョコなどさまざまフレーバーのチーズケーキがあって、しかもチーズケーキは凍ったまま提供され、その解凍過程を楽しめるという斬新な提供スタイルのお店です。

お店はタピオカドリンクも飲めるティースタンド「MOCHA」と併設しています。

今回は東中野店と西新宿店を訪問してきたので、そのお店の様子とチーズケーキについて紹介できればと思います。

※系列店のNamery Roastedとはメニューが大幅に違います

スポンサーリンク

チーズケーキ専門店 Namery(ナメリ)について|店内の様子、メニューなど

「チーズケーキ専門店 Namery(ナメリ)」はJAPAN TOBVIOUS株式会社という会社が運営しています。Nameryはその会社のブランドとなります。

現在は店舗は以下の5ヶ所に。

  • 東中野(東京中野区)
  • 西新宿(都庁前駅が近い)
  • 代々木上原(東京渋谷区)
  • 高知市帯屋町
  • 熊本市長嶺

筆者が訪問した東中野店と西新宿店は、店の看板が「Namery」ではなく「MOCHA」になっています。

チーズケーキ専門店 namery 東中野店_R
東中野店
チーズケーキ専門店 namery 西新宿店
西新宿店、こちらも外観は「Namery」ではなく「MOCHA」になっているので注意

「MOCHA」は同じ会社が運営するティースタンド(タピオカ屋)のブランドで、後述するが「Namery」の店内ではタピオカやお茶も飲めます。1つの建物に2つお店が入っているような感じです。

ただし外観に「Namery」の字がなく、最初は別のお店なのかと思って通りすぎてしまいました。

おそらく「MOCHA」が先にあったので、その店舗内で「Namery」のチーズケーキを販売することにしたのでしょう。訪問する際は通りすぎないように注意してほしいです。

6種類以上のチーズケーキがある|チーズケーキのラインナップについて

チーズケーキ専門店という名前なだけあってチーズケーキの種類はとても豊富です。プレーンを筆頭に、コーヒーやほうじ茶、抹茶、チョコレートなど色々な種類があります。また季節限定のフレーバーもあるので全制覇した場合でも、季節によって新しい味を楽しめます。
フレーバー一覧(公式サイト)

ちなみにチーズケーキはどれもレアタイプです。

チーズケーキは冷凍状態

提供スタイルがとても独特で、チーズケーキは、テイクアウトでもイートインでも凍った状態で提供されます。

イートインの場合は30分ほどで解凍できるチーズケーキをもらい、テイクアウトの場合は1時間ほど解凍できるチーズケーキをもらう(正確な情報は忘れてしまったがたしかそうだったと思う)。

イートインの場合は、すぐに食べるとカチカチに凍っており、そのまま食べればアイスチーズケーキを楽しめます。解凍していくと、普通のチーズケーキになるという感じです。

解凍の段階による質感、食感、風味の違いを楽しめるというわけです。

イートインのときにもらった食べ方のカード

イートインでも凍ったチーズケーキが出てくるのはとても斬新です。すべてのチーズケーキを凍らせておけば、廃棄がでにくいですし、またセントラルキッチンで製造したものを各店舗に配送すればいいので、店舗に調理場を持つ必要がなく、小さい物件でも店をはじめることができます。きわめて合理的な提供スタイルだといえます。

またチーズケーキの質が悪いわけでもありません。美味しいのはもちろんのこと、また解凍の段階を楽しめる斬新なチーズケーキです。なにかとても新しいものを見せられた気がしました。

チーズケーキ専門店 namery ほうじ茶チーズケーキ (2)_R
テイクアウトしたときの箱

近所に店舗があるなら絶対に一度は訪問してもらいたいです。

ティースタンド「MOCHA」が併設

前述したとおりNameryには、タピオカ屋のMOCHAを併設しています。

チーズケーキ専門店 namery 東中野店_R

緑茶や抹茶、ほうじ茶といったお茶をベースにしたドリンクの他、レモネードやブルーベリーヨーグルトもあって、甘さを調整できたり、タピオカをトッピングできたりします。

タピオカドリンクも飲めるティースタンドという感じでしょうか。

店内にはイートインスペースも

筆者が訪問した東中野店と西新宿店にはイートインスペースもありました。

ネットの情報をみた感じだと代々木上原店や高知店などの店舗にもイートインスペースがあるようです。どの店舗もあまり広くはないようなので、休日は店内を使えないかもしれません。

スポンサーリンク

【食べた感想】プレーン(チーズケーキ 500円)

ここからは食べた感想を紹介します。まずはプレーンから。

チーズケーキ専門店 namery プレーン (5)_R

レアチーズケーキであり、前述のとおり凍ったまま提供となります。値段は500円で、カフェのチーズケーキとしては相場程度です。

「クリームチーズとマスカルポーネをベースに使用、バニラビーンズの香りが特徴」とのこと。土台にはクッキー生地があります。

ちなみに凍ったままのチーズケーキといえば、鷺ノ宮(中野区)にある「Lander blue cafe(ランダーブルーカフェ) 」というお店のチーズケーキもそうでした。

こちらもレアチーズケーキで、凍った状態。しかもヨーグルトソースのトッピングという、かなり珍しいタイプのチーズケーキです。

Nameryのチーズケーキとはまたちょっと違うのですが、こちらも非常に印象的でした。こういったチーズケーキは効率的でもありますので、これから増えていくのではないかと思います。

10分解凍状態と全解凍状態を楽しんでほしい

チーズケーキ専門店 namery プレーン (8)_R

さてチーズケーキですが、10分くらい解凍したちょっとシャーベットの状態でも十分に美味しいです。まろやかな風味とコクを感じられますし、また表面は溶けている一方で、中はシャリッとしており、2つの質感を一度に口のなかで楽しめます。なんだかとても新しいです。

30分たつと完全に解凍されます。解凍させるとクリームチーズやマスカルポーネがもつ、乳製品的なまろやかな風味を楽しめるようになります。食感もしっとりしていてクリーミーであり、ビスケット生地との相性もいい感じです。

値段、日持ち、購入方法など

チーズケーキ専門店 namery 東中野店_R
値段500円
日持ち購入日から冷凍保存で3週間、冷蔵庫保存で2日間
購入方法店舗
スポンサーリンク

【食べた感想】koiほうじ茶(ほうじ茶チーズケーキ 500円)

続いては「koiほうじ茶」というメニュー。こちらはテイクアウトしました。

こちらはほうじ茶のチーズケーキです。さすがティースタンドというだけあり、ほうじ茶のチーズケーキも、抹茶のチーズケーキもあります。しかも表面には芋チップのトッピンがあって、華やかな感じになっています。

ちなみにこちらはテイクアウトしたもので、食べるときは1時間ほど解凍させてくだいとのことでした。こちらも先のプレーンのように徐々に解凍していって、解凍段階による食感の違いを楽しめます。

厳選された抹茶を使用しており、風味がとてもいいです。

これまでいくつかほうじ茶のチーズケーキを食べてきましたが、他店にまったく負けない、リッチな風味がある美味しいほうじ茶のチーズケーキです。
抹茶・ほうじ茶チーズケーキまとめはこちら

またこちらもクッキー生地があって、そのバターの風味ととても相性がいいです。

値段、日持ちなど

値段500円
日持ち購入日から冷凍保存で3週間、冷蔵庫保存で2日間
購入方法店舗
スポンサーリンク

各種リンク(公式サイトやお店のSNSなど)

チーズケーキ専門店 namery 西新宿5丁目店_R
西新宿店

お店の公式サイトやSNS、各店舗も地図など

その他、当ブログの関連記事

東京には他にも様々なチーズケーキ専門店があります。以下のページでまとめているのでぜひご覧いただければと思います。

また以下のページでは一度は食べて欲しい東京の美味しいチーズケーキをまとめました。

抹茶・ほうじ茶チーズケーキまとめ
抹茶チーズケーキやほうじ茶のチーズケーキをまとめています。 カフェやケーキ屋のほうじ茶チーズケーキは以下のページでまとめています。 【ほうじ茶のチーズケーキ】が買える・食べられるお店まとめ(主に東京)ここ最近、ほうじ茶をつかったスイーツが話…
タイトルとURLをコピーしました