スポンサーリンク
個人店のカフェ・レストラン

小樽【喫茶一番庫】のチーズケーキ|シンプルだけど個性が光るレアチーズケーキ

小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (6)個人店のカフェ・レストラン

小樽駅から10分ほどの場所に、古い倉庫を再利用した「小樽運河プラザ」という場所があります。この場所には、小樽、及び北海道のお土産を扱うギフトショップや観光案内所、市民ホールがあるのですが、喫茶店もあります。

「喫茶一番庫」というお店です。

小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (2)
小樽運河プラザ
小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (2)
奥のスペースが喫茶店一番庫
小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (2)
小樽運河プラザの中にある喫茶店「喫茶一番庫」

お店は運河プラザの中にあります。観光案内所が設けている休憩スペースと喫茶店の飲食スペースがごっちゃになっています。

ちなみに喫茶店のテーブルのすぐそばには、小樽出身のアーティストであるサカナクションの山口一郎さんに関する資料があります。新聞のインタビュー記事や私物などが展示されています。こちらも見どころです。

スポンサーリンク

クリームソーダやぜんざいもある喫茶店

さて喫茶店一番庫ですが、観光案内所が手掛ける適当な感じのカフェなのかと思っていましたが、まったくそんなことはありませんでした。街の喫茶店がそのまま併設されています。

小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (4)
喫茶店一番庫のメニュー。2022年9月頃。※メニューは変わる場合があります。

メニューはシンプルですが、ドリンクメニュー以外にもぜんざいやクリームソーダがあります。カフェというよりは喫茶店です。

シンプルだが個性光るレアチーズケーキ

そしてチーズケーキがこちらです。

スクエアタイプのチーズケーキです。大手メーカーが販売している業務用ケーキではなくしっかり手作りしています。土台には別で作ったクッキーが添えられています。

タイプとしてはレアチーズケーキですが、ツルッとした見た目がやや独特です。

小樽「喫茶一番庫」のチーズケーキ (1)

味は個性的です。そのへんレシピ本にあるようなオーソドックスなチーズケーキではなく、他では食べたいことがない、食感、味です。

まず食感は、クリームチーズそのもののような、しっとりした質感ですが、よくあるような泡立てたふわふわの系のではありません。だからといってツルッとした感じでもありません。クリームチーズそのもののようなねっとりした質感なのです。

味は、すっきりしていて控えめです。レアチーズケーキによくありがちな、柑橘系果物の酸味やサワークリーム、ヨーグルトなどの乳製品の酸味はほとんどありません。ゼロではありませんがかなり弱めです。

ミルク感のような、クリーム感のような乳製品の風味やまろやかさが感じられます。かなり独特な味ですが、酸味がなく乳製品の柔らかさ、風味を感じられて率直に美味しいです。

店主に話を聞いてみたところ、こちらのチーズケーキは、渡欧経験があり現在洋菓子屋を手掛けている店主の兄弟から教えてもらったレシピを使っているそうです。もうかなり昔から使っているレシピだそうです。個性的かつ、美味しいわけです。

公式サイトなど

その他の小樽のチーズケーキ

※お店のメニューやマップ、営業時間などの情報は記事作成当時のものです。メニューがリニューアルし、紹介しているチーズケーキがなくなっている場合もあります。利用する際は公式サイトやお店のSNSで最新情報を確認することをおすすめします。

スポンサーリンク
フォロー
執筆・管理
かなざわ

おかげさまで900記事を超えました。洋菓子屋やカフェ、レストラン、コンビニのチーズケーキを食べ歩き、チーズケーキを記録していくとともに、チーズケーキの歴史や種類を調査しています。

お問い合わせは下記のページのお問い合わせフォームよりいただければと思います。
当サイトについて / 問い合わせ

その他SNSなど
https://linktr.ee/kanazawa.syoku

フォロー
チーズケーキを記録するブログ【Cheese Cakes】
タイトルとURLをコピーしました