MENU
カテゴリー

【ローソンストア100(オイシス)】ひとりじめスフレチーズケーキについてと「ひとりじめ」という商品名の考察

当サイトの一部のリンクには広告が含まれます
ローソンストア100(オイシス)のひとりじめスフレチーズケーキ (2)

ローソンストア100で見つけた「ひとりじめスフレチーズケーキ」を紹介します。

2022年12月7日に発売された商品です。ローソンストア100ですが値段は198円(税込み214円)です。物価高騰などの影響でコンビニ・スーパーのスイーツの値段が上がっている昨今、100円でスイーツを販売するのはやはり厳しいのでしょう。とはいえ300円を超えるコンビニスイーツも最近は普通になってきています。200円程度で購入できるのはお手頃にも思えます。

さて商品名は「ひとりじめスフレチーズケーキ」です。中身はスフレチーズケーキで、紙のカップに入っています。

表面にはクリームとカットした薄い板チョコのトッピングがあります。ただし申し訳程度といった分量です。

ローソンストア100(オイシス)のひとりじめスフレチーズケーキ (4)
目次

「ひとりじめ」という商品名について

商品名に「ひとりじめ」という言葉がついています。商品名としては珍しい言葉です。

この言葉が連想させるのは、本来複数人で分けることば想定されるボリュームの食べ物を1人で食べることです。たとえばホールサイズのケーキを1人で食べる場合やファミリーサイズの袋のポテトチップスを1人で食べる場合などは、「ひとりじめ」している感があります。簡単にいえば、「ひとりじめ」という言葉はボリューミーであることを連想させます。

従来のローソン100のチーズケーキよりもサイズは大きいが「ひとりじめ」感はない

今回の「ひとりじめスフレチーズケーキ」はどうでしょうか。「ひとりじめ」感があるのでしょうか。正直、「ひとりじめ」というほど分量が多いわけではありません。従来のローソンストア100のチーズケーキに比べるとサイズは大きいのですが、「ひとりじめ」というほどかというと微妙です。大きいことには間違いありませんが、ひとりじめというほどの満腹感、満足感はありません。

※下記の写真はこれまでローソンストア100で販売されてきたチーズケーキ

美味しいが、もう少しガッツリ感が欲しい

味・食感についての感想ですが、すっきりした甘みのシンプルなスフレチーズケーキといった印象です。「ひとりじめ」という商品名なので、濃厚で、ガッツリで、どっしり感があるのかと思っていましたがそうではありませんでした。

正直、「ひとりじめ」とつけるなら胃がもたれるくらいの、背徳感のあるくらいのボリュームと重量感にしてほしかったと思う部分もあります。

その商品名と実際の商品とのギャップがあり、やや肩透かしを食らった感はありましたが、普通に美味しいチーズスフレではあります。

紹介したチーズケーキの詳細

その他、関連記事

以下のページで過去に紹介したローソンストア100のチーズケーキを紹介しています。

チーズケーキマニアのチーズケーキ...
ローソンストア100のチーズケーキ一覧まとめ ローソンストア100で購入できる・過去で購入したチーズケーキを一覧でまとめています。新商品から過去に販売された懐かしのチーズケーキまで紹介しています。

またコンビニ・スーパーのチーズケーキは以下のページでまとめています。

チーズケーキマニアのチーズケーキ...
コンビニのチーズケーキ、チーズスイーツ一覧まとめ コンビニで購入したチーズケーキ、チーズスイーツ、ティラミスをまとめています。

個人的におすすめのスフレチーズケーキはクリオロとトシ・ヨロイヅカが販売しているスフレチーズケーキです。どちらもそのふわふわの口当たりに感動します。

あわせて読みたい
【CRIOLLO(クリオロ)】幻のチーズケーキ|スフレチーズケーキ部門で1位にもなった幻のように儚いチー... 今回紹介するのは「クリオロ」というお店の「幻のチーズケーキ」です。 クリオロは中目黒や小竹向原に店舗があるのですが取り寄せもできます。というより取り寄せで人気...
あわせて読みたい
【トシ・ヨロイヅカ】の絶品お取り寄せスフレチーズケーキ「親父のチーズケーキと呼ばせて下さい」実食レポ 今回紹介するのは「親父のチーズケーキと呼ばせて下さい」という名前のチーズケーキです。名店「トシヨロイヅカ」がオンラインショップで販売している商品です。 お店の...
目次