チーズケーキ通信|チーズケーキ、チーズスイーツの専門ブログ

チーズケーキ、チーズスイーツをほぼ毎日紹介中!

【かっぱ寿司】2024年6月20日から期間限定でクレーム・アンジュの2種類のチーズスイーツが登場、実食レポ

※ 当ブログのリンクの一部には広告が含まれます

全国チェーンの寿司屋である「かっぱ寿司」は、2024年6月20日から9月4日の期間限定で2種類のチーズスイーツを提供開始しました。今回は発売されたのはこちらの2つです。

  • クレーム・アンジュ
  • クレーム・アンジュバニラパフェ

両方とも食べてみたので、食べた感想を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回発売された2つのスイーツは麹町にある洋菓子屋の「パティシエ・シマ」が監修しています。「パティシエ・シマ」はピエールエルメの元で修行した経験を持つ島田徹さんがオーナーを務めるパティスリーです。そのケーキは以前このブログでも紹介しました。

cheese-cake.net

そんな有名店のシェフが監修した今回の新商品は「クレーム・アンジュ」というチーズを使ったスイーツがモチーフになっています。クレーム・アンジュは前述のパティシエ・シマのシェフであり、創業者の島田進さんが、パリで修行中にまかないで食べたフロマージュ・ブランというチーズを日本で広めるために開発したスイーツです。パティシエ・シマでも販売されています。

パティシエ・シマで発売されている「クレーム・アンジュ」は、フロマージュブランとメレンゲを合わせて作ったクリームの中に、フランボワーズを染みこませたスポンジケーキを入れています。全体をガーゼで覆って水切りするのも特徴の1つです。

▼パティシエ・シマのクレーム・アンジュ

 

 

 

 

cheese-cake.net

今回かっぱ寿司で発売された2つのスイーツは上記のクレーム・アンジュをモチーフにしています。

▼公式サイトのキャンペーンページ

www.kappasushi.jp

ちなみに「クレーム・ダンジュ」という似たような名前の似たようなスイーツは、コンビニやスーパー、ケーキ屋で時々販売されることがあります。クレームダンジュとクレームアンジュは、もともとは別のスイーツだったはずなのですが、現在ではほぼ同じスイーツを指すようになりました。

▼クレームダンジュについては以下のページで解説しています

cheese-cake.net

さて、それではかっぱ寿司の「クレーム・アンジュ」を食べた感想を紹介します。

クレーム・アンジュを食べた感想

まずこちらは「クレーム・アンジュ」です。提供の時点ではガーゼに包まれています。ガーゼを開くと、ベリーソースとクレーム・アンジュが入っています。

 

 

 

 

かっぱ寿司のクレーム・アンジュは中には何も入っておらず、表面にラズベリーソースをトッピングしています。

パティシエ・シマのクレーム・アンジュにはフロマージュブランが使われますが、かっぱ寿司にもそれが使われているかはわかりません。

かっぱ寿司では過去に似たスイーツが販売されている

ちなみにかっぱ寿司で、このタイプのスイーツが発売されるのは初めてではありません。2018年5月にも発売されていました。

全体はガーゼに包まれており、またカップに入っています。カップに入ったままで食べることが可能ですが、ガーゼを外す必要があるので、若干手にべとつきが残ります。

食べやすい味のレアチーズスイーツ

 

 

実際に食べみて、チーズの味わい、コク、酸味をしっかり感じることができます。また表面のベリーソースの甘酸っぱい味がいいアクセントになっています。

「クレーム・アンジュ」という小難しい名前ではありますが、とても食べやすいレアチーズスイーツです。チーズスイーツを普段から食べる方であれば、美味しくいただけると思います。

 

 

クレームダンジュはふわふわでしっとりした質感です。ホイップクリームとまではいきませんが、それくらいのふわふわした質感を楽しむことができます。

クリームとベリーソースだけのシンプルなスイーツなので、これで満足できるのか不安になりますが、ほどよくコク、濃厚感があり、それなりに食べ応えのある味で、「ちょっと甘いもの食べたい」という欲求はしっかり満たしてくれるはずです。

【値段とカロリー】

  • 374円
  • 188kcal

 

 

 

クレーム・アンジュバニラパフェを食べた感想

続いてはこちらは「クレーム・アンジュ」を使ったパフェです。

 

 

 

 

 

 

 

 

バニラアイス、グラノーラの豪華なパフェ

寿司屋のデザートとは思えないとても豪華なパフェです。中身は次のようになっています。

  • 表面1:バニラアイス
  • 表面2:ラズベリーソース
  • 表面3:コンデンスミルクをトッピングしたクックダッセチョコ(ラングドシャのようなクッキー)
  • その下:ホイップクリーム
  • その下:グラノーラ、ストロベリーソース
  • 一番下:クレーム・アンジュ

クレーム・アンジュ以外にもバニラアイスやホイップクリーム、グラノーラなどを様々なお菓子を楽しめます。

 

 

クレーム・アンジュの存在感は弱いが、いろいろな味を楽しめる美味しいパフェ

これだけいろいろなものが入っているのでクレーム・アンジュの存在感は弱くなりますが、美味しいことには間違いありません。

トップのバニラアイスとふわふわでミルキーなホイップクリーム。ざくざくでほどよく甘味があるグラノーラにはドライフルーツも入っています。寿司屋のパフェなので「コーンフレークが多めかな」と予想していたのですが、そんなことはなくグラノーラの美味しさを楽しめました。

 

クレームアンジュは一番下で、最後にフレッシュチーズのコクを楽しむ感じでしょうか。すっきりした甘味はパフェの締めくくりにふさわしいです。

 

 

 

 

ただし繰り返しになりますが、クレーム・アンジュの存在感は弱くなります。クレーム・アンジュの味や食感をしっかり味わってみたいという方は、先に紹介した「クレーム・アンジュ」を注文することをおすすめします。

【値段やカロリー】

  • 値段:495円
  • カロリー:324kcal

 

紹介した2つのチーズスイーツは2024年9月4日の期間限定で提供されています。どちらも他ではなかなか味わえない珍しいスイーツです。ぜひこの機会に試してみてください。

またかっぱ寿司にはベイクドチーズケーキもあります。

cheese-cake.net

 

プライバシーポリシーお問い合わせ