スポンサーリンク
カフェ/レストラン

池袋【LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)】を訪問、スペイン料理屋で食べるオシャレなバスクチーズケーキを実食

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)カフェ/レストラン

池袋のパルコ本館にあるスペイン料理レストラン「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」で食べたバスクチーズケーキを紹介します。

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (7)

スポンサーリンク

スペイン料理屋のオシャレなバスクチーズケーキ

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)
池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)

小ぶりのバスクチーズケーキに、紅茶のアイスクリームを添えてあります。またトロピカルソースとミントのトッピングがあります。大きいお皿にオシャレな装飾は、カフェや洋菓子屋ではみられないもので、まさにレストランのチーズケーキです。

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)

バスクチーズケーキは、スペインにあるバスク地方と呼ばれる場所でみられるチーズケーキであることから「バスクチーズケーキ」と呼ばれるようになりました(参考:バスクチーズケーキとは何か? 歴史、名前の由来、ブームになった理由などを解説)。

ゆにえスペイン料理屋の本店でもデザートとしてチーズケーキを置いているのでしょう。これまで

一昔前であれば、スペイン料理屋にチーズケーキがあるイメージはまったくなかったのですが、バスクチーズケーキブーム以降、すっかりスペイン料理屋にバスクチーズケーキがすっかり定着したように思います。

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)
池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)

食べた感想ですが、美味しいです。

表面はしっかり焦げており、中身はトロトロです。濃厚な味わいと焦げのほろ苦み、そして半熟のような口溶けを堪能できます。

バスクチーズケーキの特徴を的確に捉えています。

やはりレストランだからなのか、塩気が目立ちます。おそらくお酒にも合うよう調整しているのでしょう。

サイズは大きくはありませんが、これ1つでバスクチーズケーキの魅力を十分に堪能できるバスクチーズケーキです。

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (14)

スポンサーリンク

パエリアも美味しい

今回はせっかくなのでチーズケーキ以外のメニューも注文しました。

パエリアを看板メニューで実際注文しましたがめちゃくちゃ美味しいです。

炊いていない米の状態から作るので提供まで30分ほど時間がかかりますが、魚介の旨味を存分に堪能できます。

スポンサーリンク

公式サイトや各種検索

池袋「LA BODEGA PARRILLA(ラ ボデガ パリージャ)」 (7)

営業はランチタイムとディナーです。カフェはありません。

レストランなので夜はチャージ料が発生します。

公式サイトや食べログから席の予約もできるようです。

スポンサーリンク

その他、当ブログの関連記事

タイトルとURLをコピーしました